衝撃修羅場体験まとめ


タグ:その神経がわからん

同僚から聞いたネットオークションの話。
私はネットオークションあまりやったことなくて詳しいことは分からないので間違ったこと書いてたらすみません。

同僚がネットで2100円の物を購入して、販売者とやりとりしてから販売者の口座に振り込みしたんだけど、
入金額が100円足りなかったみたいで販売者から足りませんよーって連絡が来たらしい。

【普通100円くらいまけてくれても良くない?】の続きを読む


飲みの席でも昼一緒の時でも、しょっちゅう「私は仕事と酒に生きるから結婚しない、
子供とか大嫌いだし、夫だ子供だのために生きる自由の無い人生なんか絶対に嫌」と言ってる、
同じ部署のアラサーの女の先輩がいて、


【私は仕事と酒に生きるから結婚しない】の続きを読む

家を新規分譲地に建てたとき、周り10軒は全部オール電化
我が家もオール電化を進められたけど拒否した
電気使えなくなったときに困るのが目に見えてたから

なんか太陽光発電で非常時もーとかメチャクチャうるさかったけど、全部押しのけてガスも入れた
ガス会社から最新のコンロプレゼントされた
周りの家からは「ここ都市ガスじゃなくてプロパンだから高いのに情弱w」と散々笑われた


【家を新規分譲地に建てたとき、周り10軒は全部オール電化】の続きを読む

家を買って2ヵ月後に旦那の上司(主任)が我が家の真隣に越してきたこと。

買って2週間の我が家を旦那の直属の上司に見せたら、1ヵ月後に購入を本気で検討し始め2ヵ月後には購入した。
自分は仕事とプライベートをはっきり分けたいタイプで、生活圏から離れた場所で仕事を探すくらいなので本当に驚いた。

【旦那の上司(主任)が我が家の真隣に越してきた】の続きを読む

弟が神経分からん
調理中の鍋を覗かずにいられないみたいで何度も蓋を取って覗く
料理も出来ないししない、ただ覗くだけ
圧力と温度が下がるから止めろと言っても覗く

親父もまったく同じなんだけどこっちは帰宅時間の関係で被害はあまりない
鍋をするときがひどくて二人で交互に蓋を開けるから煮えない
そして「全然煮えないなぁ」とか言う
「お前らが蓋を開けるからじゃ」と言っても
「そんなことで変わるわけないだろ」とか言っくる

【調理中の鍋を覗かずにいられないみたいで何度も蓋を取って覗く弟】の続きを読む

親の神経がわからん。

昔から酷い喘息持ちだったけれど親はどちらもタバコを止めず
そのせいで治らなかったのではとちょっと思ってしまう(逆恨みかもしれないけど)

小さい頃に夜中に発作が起きて薬を飲んでも吸っても効かず、
頼むから病院に連れていってくれってお願いしたら
「今行ったっていつもの先生いないでしょ。言っても無駄」
って冷たい目で拒否されたのを今でも恨んでる。


【タバコ吸うなよ、今までの治療費が無駄になるから】の続きを読む

無人駅のホームで電車を待ってるとき、金網越しに後ろの歩道を見ていたら、
歩きスマホしてる男が、人が二人すれ違える道をフラフラ歩いてた

男の向かいからランニングしてる女性が近づいてきたんだけど、
普通なら問題なくすれ違えるのに男が歩きスマホしてるせいで行き交えない
女性は男の手前で小走りになり、軽くステップ踏んでで男を避けて通ろうとしたところ
歩きスマホしてた男が女性に気づき、一瞬体がビッグっとしたあと、
あろうことか横をすり抜けようとしてた女性の顔面をいきなり殴りつけた

【歩きスマホしてる男が、人が二人すれ違える道をフラフラ歩いてた】の続きを読む


元友人Aは昔から結婚願望が強かったが、理想が高くご縁がなかった。
そのまま40代に入ってしまったが、ついに理想の男性と出会った。

友人以上恋人未満のような関係になった。
こんなことあるんだねえと、友人一同喜んでいたが、Aはお花畑に。
もう彼しか見えない、彼まっしぐら、話す内容は全部彼。
ようやく訪れた春、しかも理想的な春に心踊りまくってるようだった。

【お疲れ様!スピーチかっこよかったよ!ついに三代目就任だね、頑張って若旦那っ^^】の続きを読む

母にしか相談できないけど母インフルエンザなのでここで吐き捨てさせてください。
私は今高校生なのですが、小学校高学年の頃からJ系のアイドルが好きです。

高校生になり、バイトもはじめました。
自分で稼いだ自分だけのお金なので、少し家に渡して後は自分で貯めています。
そのお金で、ファンクラブに入ろうと思い母に伝えると、母は快承してくれたのですが父が反対してきます。

【父がJ系のアイドルが嫌いなようです】の続きを読む

身バレ覚悟。
息子が発達障害。激しい行動が出てきたのでついに投薬開始した。
息子とも遊んでもらっている何人かの友人に伝えたけど、だいたい同じ反応でガッカリした。

挨拶もできるいい子なのに落ち着かないだけで薬っておおげさよ。
うちの子なんで全然挨拶もしないのよ~。
精神科の薬って、副作用が怖いじゃない?薬なんか必要ないでしょ。


【息子が発達障害。激しい行動が出てきたのでついに投薬開始した。】の続きを読む


私が専業主婦になった理由が
夫の家事能力があまりにも低いためというものだった

能力が低いと言っても下手方面で低いのではなく
アイロンかけさせると火事を起こしそうになるし
料理しながら洗剤使うから洗剤が交じるし
ガスコンロ使うと周りのものを燃やすし溶かすし

換気扇止めるの忘れて掃除を素手でやろうとして指落としかけるし
二階の窓の掃除をしようとして運動神経悪すぎてバランス取れずに落ちそうになるし
灯油の入れ替えで何度も灯油ぶちまけるし
とまぁいつか大事故に繋がりそうなことばかりだった

【夫の家事能力があまりにも低い】の続きを読む

約束を平気で破る友達と縁が切れつつある
その人は多忙であればあるほど充実感を感じるみたいな人で、
休日は朝から晩まで人と会う約束を複数件入れて
当日になって「最近忙しすぎて疲れちゃったから会えない」とドタキャンしたり
「夜まで遊ぶ約束だったけど午後から別の約束入れちゃったから午後でバイバイね」と
自分の都合で人を振りまわして何の罪悪感も持たないような人だった
「忙しいんだから仕方ないじゃん」と。

【多忙であればあるほど充実感を感じるみたいな人】の続きを読む

無能なのに自己評価では超有能な人ってどう扱えばいいのか
仕事場(仮にケーキ屋とする)の同僚がかなり重症

お客さんが来たら他の人の接客をさえぎってまで自分が接客しようとする
お客さんがまだ選んでるのに、空回りして「今日のオススメはコレ、私が一番お気に入りなのはコレ」と
接客マニュアルにもない謎のオリジナル接客をし始める

【無能なのに自己評価では超有能な人】の続きを読む

義姉たちが神経分からない話。
義姉→双方30代の既婚者子持ち、義実家から近距離別居
義両親→現在60代、定年後に義祖父母の土地を引き継いで自営(農家的な)
夫→現在26歳会社員、長男であり私が義両親の自営を手伝えることから同居

田舎にありがちなんだけど、ここら辺は一番レベルが高い人気校が工業・商業高校で、
夫の世代でも高卒で就職は一般的だった。
大学に行くためには下宿しないといけないので大変みたい。


【義姉たちが神経分からない】の続きを読む

職場で同い年で仲良くなった人と海外旅行に行くことにした
私が予約したけど一向に金を払わない
それどころかなぜかかなり偉そうになって突っかかってくるようになった

【職場で同い年で仲良くなった人と海外旅行に行くことにした】の続きを読む


会社の先輩に説教された。内容は、私が先輩に対して
・メールの返信が遅い、文が短い
・誘いを断る、誘ってくれない
・昼食や休憩の時間を合わせない
・プライベートな話をしたがらない
・愛想笑いばっかり
・他の人と話してる時は楽しそうなのに
・先輩だけのお土産を買ってこない
・踏み込もうとすると逃げる
こんなに心を開けないようでは今後孤立するばかり
もっと仲良くしようとしないと社会人失格だよ

【会社の先輩に説教された】の続きを読む

兄貴夫婦とお袋、実家で同居してんだ。
親父がタヒんで不安になったお袋が初めに同居を言い出したんだけど、
うちの実家を「レトロ可愛い!素敵!」って気に入ってた兄嫁もその話にノリノリでさ。
それで同居する事になったんだわ。

でも俺は止めたわけよ。
周囲で同居が上手くいってる例を見た事無いし、兄嫁とお袋のタイプが似過ぎてて絶対にモメるのが目に見えてたしさ。
(どちらも私が一番!私がお姫様!私だけを大事にして!な性格)

【兄貴夫婦とお袋、実家で同居】の続きを読む

彼と食事に出かけたら隣のテーブル席の客の態度が悪くてウンザリした
こちらが席に案内された時、あちらは食事を終わらせて雑談モードになっていて、
静かな店内で声高にベラベラと喋って雰囲気台無し

少し嫌な気分になりながらもメニューを選んで注文しようとしたら、
隣のテーブル席の男性がグラスをカトラリーで叩き出した
キン!キン!キンキンキキン!と連打、連打
グラスが壊れるのでは?と心配するくらい

【彼と食事に出かけたら隣のテーブル席の客の態度が悪くてウンザリした】の続きを読む

なんか疲れた。
夫と結婚して義実家とは近距離別居。
義実家には義兄と義弟がいる。

恥ずかしながら、私は病気で薬を飲まないと生きて行けず、疲れやすい。
結婚するとき、義実家の方から
「寄生虫になるなら結婚は絶対に許さない。女と言えども男と同等に稼ぐのが今の若者のあり方だ。男の足を引っ張る女は要らない」
と言われた。

【寄生虫になるなら結婚は絶対に許さない。女と言えども男と同等に稼ぐのが今の若者のあり方だ。男の足を引っ張る女は要らない】の続きを読む

このページのトップヘ