衝撃修羅場体験まとめ


タグ:その神経がわからん

3連休に祖父の一周忌があって、ぶっちゃけ親とはソリが合わないけど
祖父は好きだったから出席した。

今回神経わからんかったのは、親じゃなくて兄。
私の母はいわゆるオトコスキーだ。男好きじゃなくてオトコスキー。
男が何がなんでも偉くて正しい!男が至上、女はカス!の人。
自分を名誉男性とでも思ってるのか常に男の立場で物を考え男の味方をする人。

【嫌いな方の祖母の顔を見せられ悲しみが決壊】の続きを読む

叔父(母の弟)の神経がわからない。
母は色白で華奢な感じだけど私は色黒沖縄顔の父にそっくりで、幼稚園生になった頃叔父に
「ほんとお前は姉さんに似てないな、ブスだしデブだし〇〇(子供アニメに出てくるバケモノ)にそっくり」
って言われたんだ。

【ほんとお前は姉さんに似てないな、ブスだしデブだし〇〇(子供アニメに出てくるバケモノ)にそっくり】の続きを読む

知人奥にモヤる
知人は専門学校時代からの付き合い
東日本の被災者の1人で、知人奥は天涯孤独になった知人を連れ帰って居候させて、
大学は無理だからと専門学校に通ってると言ってた

大学は無理と言いながら知人奥は翌年大学受験して四大行ってた
そこにもモヤるんだけど、一番モヤるのは知人奥の人助け
知人奥は専門学校の終わりに毎回知人を迎えに来てて、一緒に帰ってた

【困ってる内容は聞き出してその後は知人任せばかり】の続きを読む

前の夫は釣りが趣味で、交際時期にはよく魚を持ってうちに遊びに来てた
一人暮らしの狭いキッチンとやっすい包丁で魚をさばくのは骨が折れたけど
「俺の嫁になるならどうか覚えて!」と頼まれたのでついその気になった

小料理屋をやってる叔母に頼んで料理をひととおり習った(←両親が他界してから親代わりだった人)
魚のさばき方は、叔母の知人の料理人にわざわざ教えてもらった
道具もそろえたから大物のブリだって鯛だってさばけるし、魚料理に限って言えば
結婚する頃には「うちで出してもOK」と叔母のお墨付きもらえるくらい上達した

【俺、魚料理嫌いなんだよね】の続きを読む

高校時代の友人は奥さんと阪神競馬場で知り合って結婚した。

デートは阪神、京都が中心。
毎年夏には二人で小倉や新潟にも足を延ばし、
四年目の夏の札幌で中央は全部制覇して、その札幌でプロポーズしたそう。

賭けるのはGIの中でも重要なレースだけと言っていたので、
女性の競馬ファンを捕まえるなんてすごいなぁ、
よかったなぁと思っていた。

【みんなの意見を無視してつけたい名前を付けて後悔している友人】の続きを読む

このページのトップヘ