衝撃修羅場体験まとめ


カテゴリ: 修羅場


高校時代から付き合ってた彼氏に浮気され別れた。

浮気相手は私の友人。

二人を責め立てすぎてしまい

「泣きわめく姿がみっともない。愛情冷めた」

「責め立て方に思いやりがない。友情が失せた」

長年の友人と婚約者を失った。

婚約者と言っても、指輪も無いし友人知人両親に「もうすぐ婚約するよ」と予告してた程度なんで慰謝料とか無し。 【浮気相手は私の友人】の続きを読む

中学1年のとき、母子寮に入っている子をからかってた同じクラスのボス格みたいな男(以下ボス男)に「お前だって母子家庭じゃん」と言ったら自分もいじめられるようになった。

そんなある日、クラスでそのボス男とその取り巻きの財布が盗まれる事件が何度か発生した。

盗まれた当日にさっさと帰宅した自分が盗んだという話になったらしく、ボス男とその取り巻き10人くらいが「お前がやったんだろう」と、私の家に訪ねてきた。 【いじめられていた】の続きを読む

前の世紀のある年の正月に、本家で親戚の集まりがあった。

当時は本家の一人息子Aが絶賛不良化してる最中で、暴走族の頭だか幹部だかでかなり知られた存在らしく、親戚も行くのためらってたんだが

本家が「普段からあの子家に寄りつかないから」と言うので一同が集まったところ、タイミング悪くちょうどその日に限ってこのDQNが仲間連れで家にいた。

最初は離れで騒いでたのが、いつの間にかみんな揃って母屋の方にちょっかいようになって、こっちの料理や酒を勝手につまみながら、当時新婚の従姉を標的にしだした。 【本家で親戚の集まり】の続きを読む

現在私の家は、私達夫婦と上二人娘の少し離れた息子の五人家族。

うちの旦那の家庭は絵に描いたような膿家(非農家系)の次男。

まともに育ったことが奇跡。

案の定膿家お得意の長男教で育てられた。

跡取り息子の義理の兄は40手前で独身だった。 【旦那の家族は長男教】の続きを読む

東京に住んでた頃、激務でほとんど家に帰れない日が3ヶ月ぐらい続いてた。

時々帰ってこれても、終電で帰ってきて始発で出るとかだし、休日も半休がほとんど。

死ぬかもと思っていたら、その半休すらとれなくなるほど忙しくなり、さらにマンションのドアがボコボコにされる嫌がらせまで受けだした。

日に日にドアの傷は増えて行くんだけれど、疲れすぎて不動産屋に電話とか考えられず、「自分は世界中から嫌われている」とか鬱になって終わらせてた。 【ドアがボコボコ】の続きを読む

買い物したものをカートに乗せて、自分のバッグは肩からかけて買い物したものはかごに入れてカートの下。

親から財布買ってくるように言われてたので、カートの上部分はカゴだけ状態で、電話で話しながら希望の色とか聞いて、決まった財布をカゴに入れたあと他にもいろいろ見てみようとその付近をウロウロしてたら、突然後ろから体当たりされて倒れたところに子供をスリングで抱いた人がカートのカゴに入ってる財布を持って走り去った。

近くにいた高校生男子数名のうちの1人が倒れた私に手を貸してくれて、他の男の子たちは近くにいた従業員に「財布盗んだ人がいる」と伝えに言ったり、泥ママを追いかけていったり。 【未清算の財布】の続きを読む

秋口に「詐欺師に銀行口座を売った」容疑で事情聴取を受けました。

今年銀行に就職した従妹に頼まれて開設して1000円入れただけで、そのままになっていた子供名義の通帳を詐欺師が所持していたと。

まったく身に覚えなく困っていたのですが、その後の捜査で詐欺師Aが通帳を入手した経路が判明。 【銀行口座を売った】の続きを読む

田舎で庭が広いからとちょっと気合の入った家庭菜園をやってたんだが、息子の同級生の母親が収穫物をかっぱらおうとした。

曰く私が収穫したんだから私のものでしょ、いえそこは家の敷地内なんで不法侵入+窃盗行為です。

助け合いだの家計が苦しいだの言い訳してるのを無視して警察呼んで引き取ってもらった。

そしたら夜中に放火された、畑にガソリン撒いて火を点けられたんだが当然畑に隣接する家の壁も焦げた。 【野菜泥に放火】の続きを読む

うちの兄はトラブルメーカーだった。

小さい頃、近所の子たちで遊んでたんだけど、兄が加わると絶対に2派に分かれて喧嘩が始まる。

ずっとそれが兄のせいだとは思ってなかった。

家でも、母と私二人の時は喧嘩なんてしなかったんだけど、兄が一緒の部屋にいるときに限って母娘喧嘩になる。

父と母も普段は仲がいいのに家族団らんで揃うといつの間にか喧嘩になる。

ある時、兄が部活の合宿で数日間家をあけた。

家族の誰も喧嘩しなかった。 【トラブルメーカー】の続きを読む

サムかった同性愛者の結婚式といえば5年ほど前の話。

社内でも広告モデルにしようかと話題になるほどの美男美女が結婚することに。

新郎が私の部下だった。

当然会社の人間も大勢式に呼ばれたんだが、直前くらいから新郎が親戚の会社に移籍するつもりだとかきな臭い噂が流れてた。

まあイケメンと美人だからやっかんでる若いのが多いんだろうなくらいに考えてたが、これは事実だった。 【同性愛者の結婚式】の続きを読む

ウチは夫婦共に「和」の暮らしにちょっとこだわりがあり、家も古い平屋(古民家と言うほどではないが)を借りてちょいちょい手を入れながら住んでて、食もやっぱり和食中心なわけで味噌や漬物も自分達で作ってる。

(そもそも知り合ったきっかけも和の暮らし系コミュニティ)

味噌だけでも用途と好みに合わせて3種類の味噌を毎年冬の入りっ端に一年分仕込むので、北側の小さな裏庭に作った物置兼味噌蔵には漬物石兼用の重石が大量に積んである。 【重石を盗もうとした】の続きを読む

俺29歳(リーマン)

嫁26歳(専業主婦)

娘(2歳)


話は今年の2月初旬に友からの目撃電話から始まった。

昼過ぎに嫁が男と歩いてるという内容だった。

自分はまさかそれはないと言って電話切ったら、1時間後ぐらいに友からホテルに入る嫁の写メが送られてきた。

最初は似ているだけだと思ったけど、家に電話したら留守で嫁の携帯に電話したら電源が切れてた。 【嫁が浮気してた】の続きを読む

我が家は義実家までは車で40分ほどの距離。

コトメ(40代)はバツイチで義実家に住んでいる。
中学生の娘あり。

コトメの離婚の理由はよく知らないが(私の夫もあまりちゃんと聞いていない)干支一回り以上下の私に「女」の部分をはりあってくるコトメは、前から苦手だった。 【コトメに内容証明】の続きを読む

今年に入ってから、念願のカーナビをマイカーに装備した。

旦那と共用の車で、旦那はカーナビなんていらんだろjk。と言っていたが、実際に使ってみると、予想以上に便利だと分かったみたい。

会社の同僚とかにカーナビつけたんだ!と嬉しそうに話しているという話を旦那同僚の奥さんから聞いた。

そして今年の4月1日にカーナビが盗まれた。 【カーナビが盗まれた】の続きを読む

去年の話だけど、高校時代のグループの子から結婚式の出席の打診があり、私だけ大学以降地元に居なかったので、今は疎遠だけどその当時はグループの中で一番の仲良しだったし、ついでに実家に帰省しようかと承諾して招待状も貰い、期限内にちゃんと返信はがきも出席で出した。

その後高校時代のグループの子がみんな都合でこれないけど一人でも大丈夫かと電話があったので、実家に帰省するついでなので構わないよと返事もしたら、20代独身女性が少ないので手間で悪いけど、振袖で来てくれる?と頼まれてそれも了承した。 【友人の結婚式】の続きを読む

今日、というかついさっき多分セコに絡まれた…

当方女子大学生で、一人暮らし午後の授業が休講になったので、近所のスーパーで友人と買い物をしていました。

ポイント二倍とかそんな感じのお得な日なので、二人で行くと約束していたんですがレジに並んでいる途中で友人がお財布を家に忘れてきたことが発覚。


友人の家は遠いのでお財布を取りに行かせるのもちょっと可哀そうだし、信用のおける友人なのでその場は私が一緒に払って後日きっちり返してもらうように約束しました。 【セコに絡まれた】の続きを読む

結婚式に出席するため上京して来た友達A、当時シングルで二歳の子も連れてきた。

到着してすぐ、何故かウチに荷物を置かせてくれと訪ねてきて『バッグとワンピースかドレス貸してくれない?』と始まった。

私も当時子どもが6ヶ月、しばらく使わないからとフォーマルドレスは実家の妹にあげた、と言うと『いい年してんだから常に持ってないとダメじゃーん』

…だから次いる時はまた買うんだってば。
てか、お前どの口でモノを言ってる?

結局、超有名ホテル式場なのに着てきたワンピースで出席するとふてくされてた。 【シングルマザーの友達】の続きを読む

学生の頃の話。

バイトを終え、自宅まで数分の所で蹲っている女性を発見。

「大丈夫ですか?」と声をかけたところ、ボソボソと聞き取れない。

もう一度「大丈夫ですか?救急車呼びます?」と声をかけたら

突然「う゛あんたなんかぁぁぁぁぁーーーー!!!!」と襲いかかってきた!

驚いて金縛り状態の私へ向かって、奴の包丁が!! 【蹲っている女性】の続きを読む

満員の電車に乗ってると、隣の子がずっともじもじてるから痴漢か?とちらっとみたら男が女に痴漢されてた。

痴女?そういうプレイ!?とヒヤヒヤしたのが第一の修羅場。

でも男の方の表情がなんかおかしく、目が合うと涙目でこっちを見るので痴漢だと確信。

女に出来るだけ近寄って、さわさわしている手の甲を思いっきりつねってやった。 【男が女に痴漢されてた】の続きを読む

私が小学生の頃の修羅場。

姉は当時大学生。

父親が私に家族旅行の話をしてくれた。

何月何日に新幹線でどこそこへ行って何を食べる予定というのを話してくれた。

小学生の私は楽しみで楽しみで仕方なかった。

前日、母と「楽しみだねー」と話してた。

【家族旅行】の続きを読む

このページのトップヘ