衝撃修羅場体験まとめ


カテゴリ: 修羅場


ちょっとびっくりしたので書きます 

夕飯の買い出しにレジに並んだら、後ろのおばさんにカゴを覗かれ 
「まぁ~、今日はやきそばね。あっら、いいお肉買って」 
焼きそば用肉が何かは知りません。私は作る兄の指示通りの豚バラを買いました 

【レジ前で知らないおばさんに】の続きを読む


その出産のとき、私は初めてではなくて、予定帝王切開で手術日が決まってた。 
横のベッドの人(Aさん)は私よりも年上で初産、優しそうな旦那さんが毎日見舞いに来てくれてて 
何くれとなく奥さんの世話を焼き私たち同室の人に愛想もよく 
待ちに待ったお子さんの話を嬉しそうにしてて、いいご夫婦で羨ましかった。

【看 護 師 空 気 読め】の続きを読む


パン屋でパンを買ったらおつりが100円ほど多く返されたのですが気づいたので、すぐにレジの人に申し出た。 
その後、パン屋を出てiPodを聞きながら駅に向かい改札口前まで来たのでiPodを一旦カバンにしまい込んで財布から定期を出したときにカバンを誰かにグイッと引っ張られ引きずられた。 

【私に財布のお金全部渡しなさい】の続きを読む


自分が修羅場だと思うのは中学生の時。 
夕方、塾の帰り道で金髪のケバい母親らしき女と大人しそうな女の子が、信号近くにも関わらず信号がない所で道を渡ろうとしてて 
それを危ないと思いながら見ていたらそれなりにスピードがあるトラックが黄色信号でやってきた。

【治療費よこせとたかられた】の続きを読む


東京に住んでた頃、激務でほとんど家に帰れない日が3ヶ月ぐらい続いてた。 
時々帰ってこれても、終電で帰ってきて始発で出るとかだし、休日も半休がほとんど。 
死ぬかもと思っていたら、その半休すらとれなくなるほど忙しくなり、 
さらにマンションのドアがボコボコにされる嫌がらせまで受けだした。 

【ドアがボコボコ】の続きを読む


私は20代半ば女で1人暮らしをしている 
部屋はマンションの3階 
最近寝るときは、下着+ヒートテック上下 
(そうすれば出勤するときに着る服を着るだけでよい、というずぼらで怠惰な理由) 
いつもはカーテンを閉めて寝ているんだが、昨夜はカーテンを開けておけば朝日で起きられるかな、とカーテンを開けたままベランダに続く窓の前に布団を敷いて寝た 

【怠惰な格好で寝てたら】の続きを読む


数年前、旦那が仕事のトラブルから取引先の社長宅に3日間軟禁された。 

旦那の仕事は、別に胡散臭いとかそういうものではなく、ごく普通の会社で 
売っているのも非常に普通で、ある業種の人たちには欠かせない製品。 
取引先によってはオプションをつけたりということもしている。 

【3日間軟禁された】の続きを読む

このページのトップヘ