衝撃修羅場体験まとめ


カテゴリ: 修羅場

食事の仕方が汚いのは冷めるね 
前に付き合ってた彼と初めてファーストフードに行った時に 
彼がむしゃぶりつくという表現がピッタリな感じで 
ハンバーガーにかじり付いていた。 
なぜか「ムシャブシュブシャー!!!」というありえない音がしていて、 
2週間ぐらい食事を与えなかった人間が初めて食べ物にありつけたような 
もの凄い勢いで食べていた。


【彼氏がハンバーガーを食べたら】の続きを読む

会社の先輩だった元彼。 
中学時代苛められっ子だったという話を何回か聞かされた。 
いじめは結構ひどくて、「毎日死ぬ事を考えてた」と言ってた。 

そのいじめグループの一人だった人が、うちの会社の零細下請けの社長になってた。 
彼は会議でそこを下請けから外すように仕向けた。 
(もともと、うちも業務縮小で外注先を減らしている途中だったけど) 

【中学時代にいじめてきた奴が】の続きを読む

彼のご両親に挨拶にいったら、家が物凄かった。 
貧乏だとは聞いてたけど、貧乏だからじゃないだろこれってぐらいの惨状で、 
襖も障子も畳も破れ放題で、生ゴミやもはや何か分からないゴミは散乱しているし、長い間ほったらかしにしたかんじの汚れ方。 
あちこちから嫌なにおいしてるし、歩くたびにストッキングごしにザリッ・・ねちょ・・・ 
と嫌な感触のゴミ踏んだ。 
貧乏人とは結婚したくないとか、金持ちじゃなきゃいやだとかそういうのは全くないが、 
こんな家の人と関わりたくないと強く思った。
【貧乏だと噂の彼氏】の続きを読む

昔付き合ってた人から、 
誕生日プレゼントにスーパーのデザートコーナーで売っている賞味期限切れのケーキを渡された事があった。 
確かに「賞味」期限だけどその賞味期限から2日経ってるんですけど…。 
しかも生クリーム使用のケーキ。 
最初は嫌がらせか?って思ったけど本人は全く悪びれてない様子で、 
「賞味期限だから大丈夫かなーってさ。お前胃腸強いって言ってた事あっただろ。 
もしそれ食べてお腹壊したらごめんな!無理そうだったら食うなよー。 
でもお前イチゴのショート好きだからどうしてもイチゴショートをあげたくてさー」 
と笑顔で言われた。 
イチゴショートならそこらへんのケーキ屋にもコンビニにも売ってるんじゃないですかね…。
近場にお店がないならともかくそうじゃないのに…。

【賞味期限切れのケーキ】の続きを読む

彼の家族への態度に冷めた。 

彼の自宅に招待された時のこと。彼の両親に対しての暴言が酷かった。 
「客来てんだぞ!さっさと茶ぐらい出せよクズ!」 
「何やってんだ馬鹿!そんなもん食うか!」 
「いらねーっつてんだろ!死ね!!」 
延々こんな感じ。私に接する時も時々口が悪くなることはあったけど、 
こんなに酷くなかったから怖くて固まってしまった。 


【さっさと茶ぐらい出せよクズ!】の続きを読む

大学時代、付き合う直前だった人と初めて2人でご飯を食べに行ったとき 
お会計が1人1980円くらいだったので2000円を渡した 
すると最初は「いらないよ!」と断ってきたんだけど、 
奢ってもらうのはどうしても嫌だと伝えたら 
「俺、多くもらって得しちゃった・・・♪」とニタァとしながら2000円を受け取った 
得といっても20円くらいなのに、それで心の底から嬉しそうなニヤニヤ笑いをするところに引いた 

【服屋のセールPOP】の続きを読む

凄い好きで、でも片思いだった人と 
付き合うことになった。そりゃ有頂天。 

初デートで 
「俺さぁ、母子家庭だけど、 
この先、もし母子家庭をばかにするような事言ったら絶対、許さないから」 
と言われて 
「しないよ。お母さんは、頑張ってあなたを育ててくれたんでしょ」 

次のデートで、彼の母親と合わされた。 
普通に喋って、普通に接した。 
その時に、お母さんがスナックのママだと聞かされて 
別に何も感じなかったので 
「へぇ、そうなんだー」程度で流した。


【お前のは冷たい!】の続きを読む

同棲していた彼氏と一緒に通っていたショットバーでバイトしていた 
芸大の女の子が、大学卒業と就職で店を辞めることになった。 
その最終日に、彼氏を誘って店に行く途中…。 

「なにかプレゼントしたいから、お花を買っていかない?」と提案。 
彼は「えー、金かかるし大げさすぎ。いらねーよそんなの」とものすごく 
嫌そうな顔をした。 


【お前は世話しない!ひどい!】の続きを読む

飲み会で知り合った彼。 
好みじゃないし、年下だし、微妙だなーって思っていたけど一年かけて口説かれて 
好みじゃない→見慣れた 会社に通いながら資格を取る→まじめかもと付き合い始めた。 

付き合ってすぐに「ねぇ僕のどこが好き?」ってメールが来て「あれ?」ってなった。 
でも付き合ってすぐで舞い上がってるのも判ってたのでスルーした。 

【ねぇ僕のどこが好き?】の続きを読む

彼は仕事が忙しくてなかなか会えない。 
普段から、会うといつも仕事の愚痴ばかり聞いていた。 
で今日、私の誕生日なんだけど、日付が変わる直前の11:57にメールが来た 
『まだ起きてる?』私『起きてるよ。何?』 
(まぁおたおめ言ってくれるのかなと期待ぐらいしますよね) 
したら次に来たのは『何かもう全て嫌になっちゃった(ToT)』 

【誕生日の日に彼氏から電話】の続きを読む

当時元彼(実家住)は28歳、私24歳 

元彼は結婚する気満々で私をちょくちょく家に連れていった 
ある日夕食にお呼ばれしたので、母の実家から送られてきた太刀魚を持って伺った 
メンバーはご両親、彼のお姉さん夫婦、彼、そして私 
食事中、ご両親は彼を「○っくん、○っくん」と呼び、お姉さんを「○○ちゃん」 
お姉さんの旦那さんと私は呼び捨てなのが、すご~く気になった 


【お母さん魚の骨とって】の続きを読む

高校生のときの話。元バンドマン(当時全く売れない)の男と付き合っていた 
私が好きだった音楽をわざわざ批判してくるウザいやつだった。 
私のiPodを勝手に覗いた挙句、 
「こんなの聴いてると耳が腐るよw」とか「センス疑う、素人の感覚は俺にはわからない」などとネチネチのたまうのである日キレてしまった。


【あんたプロなの?】の続きを読む

震災の次の日、共通の友人から回ってきた節電チェンメを嬉しそうに回していた。(送電できない地域です) 
私「それはよくないことだよ」 
彼「信頼している友人からのメールだから間違いであっても回す! 
今まで騙されたりしたけど(この辺よく分からん)、ツレが困ってたら助けるのが俺!(キリッ」 
私「そもそもあのメール自体間違いだから。友人にもやんわり指摘したよ」 
彼「ツレが必死なのにそれを踏みにじるのか!冷たい!」 
なぜいけないことなのか、何回説明しても 
「俺はツレのためならなんでもする(キリッ」で、 
それによって困る人がたくさんいるかも、というのが理解してもらえなかった。 
あーもう無理と思って即別れた。 

【DQN風味だった彼氏】の続きを読む

私の誕生日、彼の家で過ごしてたら、彼の家族が「この後出かける予定とかないなら寿司パーティしよう」って事で、近所のスーパーへ 
米とか刺身とか惣菜のジュースの他にも、普段の買い物もここで済ましちゃおうって事で、食料品や、生活雑貨、お菓子(大量)等で、カゴは3個に 

で、並んだレジが、初心者マークつけた、高校生っぽい女の子の所だった 
レジ打ち中、重い物、潰れやすい物、小さい物が入り乱れてたので、アタフタしながらかなり苦戦してる様子だった 

【おい、レジ打ち!ブスのくせに】の続きを読む

なんでもかんでも食べ尽くしてしまう彼 
折角買っておいたお菓子も私が帰宅したら「ごめん食べちゃった」 
残しておいた物も全部食べる 
封が開いたら必ずボリボリ食べ尽くす 
仲直りのために一緒に食べようとした物も、私がトイレに行った瞬間「バリッ」と音がして勝手に開けて食べていた 

そんな彼氏が唯一食べないのは 

調理しないと食べられない物 
(レンジで温めるものは除く) 

【彼氏が食料を食い尽くしていた】の続きを読む

飲み会で一目惚れしたモデルの女の子と初めてデートで緊張していた。 
待ち合わせたソニプラに一緒に入ったら、彼女は店に入るなり急に消えて、彼女を探したら 
化粧品売り場で真剣に商品を見ている様子だから、僕は僕で買い替えようと思ってた 
歯ブラシを見に行った(同じソニプラ内で)。彼女が時間がかかりそうな様子だったから、 
僕は適当にマッサージ用品など見て時間を過ごしていて、そうしているうちに 
結構いい時間過ぎたし先に会計済ましておこうと思って手に持っていた歯ブラシをレジに持って行ったら 
慌てた様子で彼女がやってきて、カゴいっぱいの商品をドンってレジにおいてレジ店員に 
「これも一緒にお願いね」と言ったのでビックリした。合計金額が48000円ちょっとだった(端数忘れた)。 

【飲み会で知り合った女の子と】の続きを読む

趣味サークルで知り合った彼女は3歳上で当時28 
実家(アパートから車で一時間)は好きじゃないから最低限しか行かないと聞いてたし 
帰省したら嫌な目に会ったと泣いて帰ってきたこともあったから 
最初は可哀想と思ってたけど、よくよく聞いてると 
彼女の方に問題があるよう見えてきた 

【実家は好きじゃないから】の続きを読む

私は自転車に乗るのが好き、彼は車に乗るのが好き、 
付き合って始めての正月にはどうしよっかと聞かれて、 
毎年やってる元旦初乗りツアーに行くと答えたらすごい不機嫌 
納得できたのは「正月は一緒にいたいと思ったんだ」だけで、他が納得いかなくて冷めた。 

【自転車なんか乗らずに】の続きを読む

このページのトップヘ