衝撃修羅場体験まとめ


カテゴリ: その神経がわからん

今思うと、日本人だったのかな?と思うんだけど
凄まじいDVで別れた元彼がかの国の慰安婦問題と全く同じ事やってた。

いくら話し合っても約束しても直前で翻すのは当たり前。
代わりにそれで納得するよ。と私の物を取り上げておいて、自分の物になると
途端にニヤニヤして「どーしよっかなー?あーでもなー、うん!やっぱやめるわ!」
と言って一方的に約束を反故にする。
もちろん物は返さない。

【約束?知らないねえ!】の続きを読む


最近、某大御所のお笑い芸人がやる「いじり」なんて
やられる側にはただの「いじめ」だと言う話を読んで思い出した。

昔、その芸人のファンのA子が周りをよくからかっていた。
誰かが好きなものを熱く語ったり、腹が立ったことを愚痴ったりすると、
相手が言われて嬉しくない事を言って会話を止める。


【「いじり」なんてやられる側にはただの「いじめ」】の続きを読む

夫は4人兄弟の末っ子で、長男、次男、義姉、夫という並び
長男はずいぶん前に離婚して長らく独身だったけど、去年再婚した

うちの夫が転勤族なので、長男夫婦には結婚前の顔合わせと結婚式当日しか
会ったことがなく、正月に義実家で会ったのが3回目(長男夫婦は義実家同居)
その3回目で、長男嫁からお年玉をせびられた
断ったらきょとーんとしてからわあわあ泣かれて引いた


【長男嫁からお年玉をせびられた】の続きを読む

社用で銀行に向かっていたら
銀行の前の歩道で女の子が寝そべって泣き叫んでいた

傍らにいた母親が叱りつけても余計に泣き叫ぶばかりなので
キレた様子の母親は「お母さんもう知らないからね!」と吐き捨てて
その先にあるコンビニに入っていった


【社用で銀行に向かっていたら銀行の前の歩道で女の子が寝そべって泣き叫んでいた】の続きを読む


普段仕事でオルファの黒刃のカッターを使ってるんだけど、
最後の刃が折れちゃって新しい替刃をおろしたら金色だった(チタンコートの奴)

なんだかテンションが上がったので丁度居合わせた後輩に「エクスカリバー!」って見せびらかしたら失笑された
流石に大人気なかったか…と反省しつつ「変な絡み方してゴメン」と謝ったら、
後輩がニヤニヤしながら「私さんって腐女子だったんだw」と謎発言


【私さんって腐女子だったんだw】の続きを読む


去年結婚したんだけど、もう後悔してる
結婚前から身嗜みとして香水使ってるんだけど、
そろそろ無くなるから補充しようとしたら小遣いから出せとか言い出した

1年に1回買う程度で1つ13000円ぐらいなのに、家計から出すのはどうしても嫌らしい
身嗜みの費用を小遣いから出せと言うなら、お前の化粧品も自分の小遣いから出すのかと聞いたら、それは当然家計からだと


【去年結婚したんだけど、もう後悔してる】の続きを読む

20代半ばの頃、のっぴきならない理由で避けられないお見合いをすることになった。
相手は絵に描いたような30代オタク。
写真の時点でウヘァとなり、その時点からどうやって断ってやろうかしらとしか考えてなかった。
幸いにも会ってみて断るのは自由と言われていたし。

いざ当日。実物は写真よりもアクが強く、よりウヘァ。
挨拶もそこそこに「あとは若い者同士で…」と引っ込んでいく大人たち。
身の危険を感じながらも何か話題でも作って断る理由を探そうかと思案していると、
相手の口が先に開いた。


【のっぴきならない理由で避けられないお見合いをすることになった】の続きを読む

俺が通っている高校への通学路上には特別支援学校がある

半年ほど前
登校途中に小学生くらいの女の子が往来で
ノーガードで殴りあっていた

巻き込まれないように通り過ぎたら
なぜか殴りあいながら俺のほうに近づいてきた
慌てた俺は走って逃げ、途上の交番に
「おまわりさん、女の子が殴りあってます!」と駆け込んだ


【登校途中に小学生くらいの女の子が往来でノーガードで殴りあっていた】の続きを読む

26歳、会社員。
クリスマスイブに休日出勤してたら、同じく休日出勤していた同僚のA(同い年の男性)から
「クリスマスプレゼントだよ」って薄くて四角いブツを渡された。

Aとは同期なのでそこそこ話すこともあったけど、それだけの関係のつもりだったので
「え、いいよ。私だって用意してないし」って返そうとしたら「いいのいいの、俺の気持ちだから」って謎の微笑み。
なんだ気味が悪いと思いつつ、とにかく忙しかったので受け取って仕事に戻った。


【“君だけのHIRO”なんて繰り返し言われてコロッといかない女はいない】の続きを読む

同居しているウトメは毎年1月2日から旅行をする。
2日は大学ラグビーの準決勝を観戦、3日は箱根の復路を鶴見で観戦、
4日は社会人ラグビーを観戦して、5日は普通の東京観光。

ウトの父親がJRAで働いていたのもあって6日は中山競馬場で金杯を見て、
今日はバスケの天皇杯を観戦して帰って来た。


【この子ももう二十歳なのよ~。明日成人式だからおじさんおばさんにお会いしようと思って~】の続きを読む

人の薬盗んだうえに飲む奴ってほんと何なんだろうね。
市販の薬ならともかく、病院の薬は個人個人の症状に合わせて出てるもんだってのにさ。

この正月に嫁の実家に帰省してたんだが、ちょっと席外して薬飲んでたら義弟嫁に声かけられて、
「何の薬ですか?」と聞いてきたから「頭痛薬です。片頭痛もちで」とだけ返しておいたんだが、
家に帰ったら薬がまるごとなくなっていた。2ch脳で真っ先にまさか義弟嫁?とも思ったが、
単に置き忘れた可能性もあるしなぁ…と嫁実家に電話したが、それらしい忘れ物はないと。


【人の薬盗んだうえに飲む奴】の続きを読む

たまたま見た記事で、店側の過失で成人式(今年)にに間に合わなかったというのがあった。
店側が指定した時間に行ったのに着付けが終了したのが昼過ぎで成人式が終わってしまったってやつ。

そんな記事でも女叩きが湧いているのにドン引きした。

【女叩きが湧いているのにドン引き】の続きを読む

高校の英語の授業で英文を訳せって問題を当てられた。
どんな文だったかはっきりとは覚えてないけどsmellって単語が入ってて
ハンバーガーの匂いがなんとかって文を訳して答えたら、教師が爆笑しだした。


【授業の間ずっと爆笑してて本当神経わからん】の続きを読む

実家に元義実家から元旦那の減刑嘆願書を書いて欲しいという手紙があったらしい。
どうも私と間違えて見ず知らずの女性を殴って捕まった、とのこと。

DVと嫁いびりで離婚した元妻の実家によくそんな手紙が出せるな、
と思ったが、私にも連絡して書いておくように、とも書いてあったそうな。
離婚の際DVで私が刑事告訴したの忘れたのかね?執行猶予ついたのは残念だったけど。


【元義実家から元旦那の減刑嘆願書を書いて欲しいという手紙があった】の続きを読む

30越えて彼氏いない歴=年齢の友人A
普段から高い店で飲み、旅行、ブランド大好き、移動はタクシーだったりで金遣いがかなり荒い

周りが結婚や出産であまり遊んでくれなくなって婚活を始めたけど、
「専業希望だから金銭的に余裕がない男は無理!」
「飲み放題頼むケチな男は無理!」
「トーク力がない男は無理!」
「身長が低い男は無理!」
等々理想が高くてなかなか上手くいっていない模様


【こんなの他人に払ってもらえません!!急いであの人達呼び戻してください!!】の続きを読む

こんなこと書くと自分もおっさんになったもんだと嫌になるが、若手の言動が理解できない
うちの職場は平均年齢高めで20代は去年配属された一人だけ(A君とする)、あとは若くてもアラフォーで50代もいる

飲み会の店探しや出欠確認などいわゆる幹事の仕事は一番若い奴がやらされるのが慣習で、
昨年の忘年会はA君にやってもらった
んで今月末で退職する人がいたので月末あたりに送別会を開くことに


【幹事は平等に全員で回すべきだと思います。僕はもうやりました】の続きを読む

実母の話です。
幼い頃から三人兄妹の二番目長女の私にだけ何かと当たりが強い母。

例えば、
詰め替えたばかりのシャンプーが零れた→私のせい
停電で洗濯機食洗機が止まった→私のせい
自分で食べると決めた賞味期限切れの食品を食べ腹痛→買ってきた私のせい
行きたいと言っていたイルミネーションを見に行ったら寒くて楽しめなかった→一緒に行かなかった私のせい
といった具合。


【幼い頃から三人兄妹の二番目長女の私にだけ何かと当たりが強い母】の続きを読む

うちの親の話。
約半年ぶりに帰省した。
その時に、新しくはいてたスカートを見て合わせるようのセーターを買ってくれると母が言った。

昨日、うちの親が初売りセールに行くのに同行し、
安売り対象なら買うと言っていたので1980円→980円(税込みだと千円超え)まで値下げされていたセーターをかごに入れた。
会計後、「あんたのセーターだけ高かった」
「数百円の必要なものだけ買おうと思ってたのに。」
その値段設定もあなたの計画も全く聞いてませんが???


【あんたのセーターだけ高かった】の続きを読む


私は独身実家暮らしで、実家から車で30~1時間くらいの距離に既婚の兄姉が住んでいる。
うちの親の方針でお年玉は高校卒業まで。
現在それに該当するのは兄家族の下の子だけで、姉家族の子供は対象外。

正月の来訪はどちらも日帰りで、姉家族は当日の朝に「今日行く」と一報入れて夫婦だけ。
兄家族は事前に打ち合わせして義姉と子供2人が昼過ぎに来て、
仕事終わりの兄がやってきてみんなで夕飯食べて帰っていく。


【うちの親の方針でお年玉は高校卒業まで】の続きを読む

このページのトップヘ