数年前の修羅場で解決したわけじゃないけどまあ投下。

親父が不倫。

仲の良い夫婦だと思ってただけにお袋を裏切った親父に怒り心頭だった。

親父「お前は俺と来い。」

俺「嫌だ。こんな奴と暮らせない。血が繋がってるのだって嫌だ」

親父「血は繋がってる。母さんとは繋がってないけどな。だから俺と来い」

なんと俺は昔親父が浮気して出来た子供だった。

時系列としては、

親父、上司の娘であるお袋と結婚

その後浮気

浮気相手が俺を産んで逃げた

お袋は俺を我が子として育てる

戸籍上も全部夫婦の子供として俺は育つ。


不倫相手と再会同時期に親父元上司の母方祖父が死んで、親父のタガがハズれる

お袋は引き留めてくれたが、血が繋がってないのが申し訳なくて渋々親父と不倫女と三人暮らし。

この時中学生。

何かにつけ育てた人間の躾が悪いと不倫女に言われるのが嫌で無駄に優等生やってた。


親父はかなり年下の不倫女と籍入れた。

俺を産んだ時、不倫女は15か6だったが当時は年齢ごまかして水商売してたらしい。

親父は不倫女が若いかわいい前の妻は年とってると言うのを聞いて、今日こそはこいつらを刺そうと毎日思ってた。

お袋に迷惑がかかると考えて止めて、また親父の戯言聞いて刺そうと思ったりグラグラしてた。

ある日酔っ払った不倫女が俺が実は親父の子じゃないとゲロッた。

泥酔しててゲロッたことを不倫女は忘れてた。

お袋とは血が繋がって無かったが親父とも繋がって無かった。

なんでか狂ったみたいに笑った。

なんで笑ったんか今でも分からない。

遺伝子上の父親はバンドデビューを目指しながらホストやってた男らしい。

子供いらんと言われたから親父に押し付けてそのホストのとこに行ったらしい。

ホストが暴力ヒモになったから親父のとこに来たらしい。

もう一人で抱えきれなくなり真夜中にお袋のとこに行った。

会わす顔がないと思ってたがお袋は迎え入れてくれた。

一年くらいモメてたがお袋に親権とってもらった。

実は俺が親父と血が繋がってないのは誰にも言ってない。

当時はそれを言えば今度はあの不倫女と二人暮らししなきゃならなくなると思って言えんかった。

無駄に意地張って優等生やってたからか、親父はそれが自慢で養育費は出し惜しみしなかった。

自分の種じゃないのに、一浪も許して大学も卒業させたのにもし事実知ったらどうするんだろうと考える。

お袋に知られるのが怖くて何も言えてない。

俺が就職した途端不倫女がやたら連絡してくる。

不倫女は俺が知ってるとは気付いてない。

あの女はバラすんかな。

なんかもうどうすべきかどうしたいのかも分からんが、育ててくれた恩返しだけは絶対する。

こんな感じ。