もうかなり前だけどクリスマスには彼氏には手編みのマフラーもプレゼントにあげるというのが流行っていた。
私も当時の彼氏のために大学受験前にも関わらずせっせと編んだ。


クリスマス当日にプレゼントで渡したんだけど、こんなのもらっても恥ずかしいからつけれないとかいらないとか言われた。
あと受験前なのにこんなの作ってアホなんじゃないのとかものすごく貶された。

確かにそんなことをやってる場合でもないし独りよがりだったかも知れないけど、一生懸命編んだものを蔑ろにされて号泣してその場で別れた。

その後悔しいから死ぬほど勉強して志望校に合格した。

今の流れで封印してた青春を思い出したよ。
まっ男も女も関係ないと思うよ。相手のことを考える気持ちがないんでしょうね。
ありがとうの一言で救われるのにね。