浮気勘違い凸されたことある。
院試が終わって合格発表まで何してすごすかなあーって思っていたら
ふぁびょりまくって何言ってるんだかわからない女(以下、Y)に殴り
かかられた。石(ブロック?)で。



肩甲骨のあたりに一撃が命中して倒れそうになった。痛みと驚愕で振り
返るとわけわからないことを叫びながらYが石を振りかぶる。だから咄嗟
に殴ってしまったよ。もっとも、殺されると思って必死だから手加減なん
て考えてなくて、気づいたらYの特に顔下半分が血だらけ(後々わかったこ
とだが、私はYの顎の骨を折ったらしい。こっちも手の骨が折れていたが)。
その頃にようやく異変に気付いた近所の住民が助けにきてくれて、警察やら
救急車やらもきた。

のちのち事情を聴くと、Yは私の部屋の前住民(以下、X男)の彼女だった
らしく、X男はYに一方的に別れを告げ連絡を絶ったそうだ。
それで、X男宅に行けば知らない女がさも自宅かのように暮らしている。
浮気相手だと思って逆上して襲った、というのが動機だそうだ。
そんなん知ったこっちゃねーよ、というのが当時の心境でした。

刑事は傷害罪にしかならんかった。石で殴ったとはいえ計画性もないし、
致命傷を狙えれば狙えられたのに、あえて肩甲骨あたりを狙ったから、だとか
で殺人の故意は認定しにくいから傷害、というのが理由だって。

民亊は裁判までいかなかったけど、治療費相当額&引っ越し代の賠償をもらった
よ。ま、こっちも相手の顎を粉砕しているからね。

個人的には裁判沙汰よりも、Yの凶行がYの会社にばれたのと、顎を骨折したため
に顎が治るまで整形もできず外を歩けなくなったことの方が個人的にスカっとした。