定年後ウトメは生まれ育った田舎に引っ越した。

免許のないウトメは近所や親戚の世話になっているのもあり
また、何かあったときに動いてくれるのも近所や親戚になるので
義実家に行ったら必ず挨拶に回っている。

お盆も、夫と上の子、私と下の子で近所と親戚を手分けして回った。


義実家に戻ったらトメが
「孫ちゃん、ちゃんと挨拶回りできた?この子ぼーっとしているし心配だわ」と言った。
お前らが勝手に引っ越して周囲に世話になっているのに
私たちに挨拶させやがっているくせに、と頭に来て

「大丈夫ですよ。それより、親戚の方がコウトくんは来ていないの?と
心配していましたよ」と言った。

トメは「あの子は、ほら挨拶とか好きじゃないしね」と小声で言ったら
旦那が「3歳の子の挨拶より、43歳の挨拶の心配をしたほうがいいな」と言った。