料理屋の跡取り候補の1人だった私は、数えの6歳から板場に混じって料理を教わって育った
私が夕食の支度を始めると、別世帯のメシマズクソトメがやってきて
「味見してやる」
「食ってやってもいいけど?」
と上から目線且つ卑しさ丸出しで台所をチョロチョロするのが常



だし巻きを「味見してやる」と言うんで、端っこの片方を与えた

「……ふん!まあ、こんなもんね。そっちの反対の端っこも味見してやってもいいけど?」

トメが食ってる最中に、


「実家(料理屋)では端っこが沢山できるから、犬にやってたんですよ~。調理してると匂いで騒ぐから~」

と言ってやったらファビョッて帰った