私もやっと決着した話を投下。

これ勘助として処理していいのかどうか疑問だけど…

私:25歳未婚
友人:私の同級生♂
勘助:28歳未婚無職

1年半程前、私が働いている店に何の面識もない勘助が来店。


普通に「いらっしゃいませ」と言ったところ、突然勘助がワー!と歓声みたいな声を上げながら突進してきた。

私は完全に頭がおかしい人だと認識し、恐怖のあまり店長の後ろに隠れた。

店長もたじろぎつつ勘助に「どうされました?」と声を掛けたんだけど、勘助はいきなり平常に戻り「は?何が?あんた何なの」とか言って店を出て行った。


それから毎日勘助は店に来るようになった。

何も買わないし、何も喋らないんだけど、とにかく1日中ずっと店にいる。

最初はみんな気味悪がってて、店長も女性社員はレジカウンターからあまり出ないようにと言ってくれてた。

結局私もレジカウンターから「いらっしゃいませ」とだけ言ってた。

ある日、仕事が終わって数人で一緒に店を出たら、裏口で勘助が立ってた。

もうマジで社員全員凍りついた。

そしたら勘助がこっちに近付いてきて私に

「今日はどこに食べに行く?」と聞いてきた。

みんな

「え?私さんの知り合いだったの?」

って言い出したから私はもう全身全霊で

「違う!知り合いじゃない!違う!違う!」

と否定した。

なのに勘助は笑いながら私に

「照れんなよ」

とか言い出して、みんなに

「僕、実は私さんと付き合ってるんです。心配だからここ(裏口)で待ってたんですよ」

と謎の説明をしはじめた。

さすがにヤバいと判断した店長が私に1週間休みをくれ、私が休んでる間に話をつけると言ってくれた。

休みが終わりビクビクしながら出勤したら、店長が

「もう大丈夫だから。あいつはもう来ないから安心して」と。

詳しくは教えてくれなかったけど、相当脅したっぽい。

本当にその日から勘助は店に来なくなり、マジで助かったと安心した。

他のみんなにも良かったねと声を掛けてもらった。

勘助が去り2ヶ月、平和な日々を送っていたんだけど、ある日事件が起こった。

新宿のハンズで買い物をしてたら、友人にバッタリ会った。

その場で数分立ち話してたら、友人の後ろから勘助がのっそりと登場した。

なんと友人は勘助の知り合いだった。

もうパニックになり友人の静止を振り切ってその場から逃げたんだけど、もう遅かった。

友人がその日、勘助に私の携帯番号もアドレスも教えてしまったらしい。

友人は勘助の説明(勘助と私が付き合ってて、突然勘助と遭遇したから照れて逃げた)を信じて疑わなかったらしく、夜に電話してきて私が逃げた後の勘助がした話を報告してきた。

更に友人は

「聞いたぞー!結婚するんだって?おめでとう!」

とか言ってきて、戦慄した。

友人に私が勘助から被害にあっていた事を全て説明したら、友人は信じられないようでしばらく黙ってた。

何でも勘助は友人の大学の先輩でとてもお世話になり、今でも良き相談相手でたまに飲みに行く仲だそうだ。

動揺しつつも番号とアドレス教えた事を平謝りする友人に、勘助の名前や年齢、住んでる場所、家族構成などを聞き出した。

予想通り毎日勘助から電話やらメールが来るようになった。

電話には一切出ず、メールでこれ以上関わらないで欲しい事、私達は付き合ってもいないし結婚もしない事、そもそも友人から聞いた私の番号やアドレスに電話掛けるなメールすんなっていう旨を伝えた。

それでも毎日20回くらい勘助から着信があって、メールは毎日100件くらい来ていた。全部無視してたけど。

1ヶ月程無視し続け、勘助からの履歴やメールを全て保存した。

というか、溜めた。

着信やメールの証拠品と、店長(証言者)と友人連れて警察に相談しに行った。

そこからはあれよあれよという間に話が進み、友人が勘助と勘助の母を警察に連れてきてくれて、勘助は警察から厳重注意を受けた。

勘助の携帯から私の番号とアドレス消去させて、もう二度と私に付きまとわない・電話もしないという誓約書を書かせた。

次に同じ事したら逮捕だそうで、勘助母は詐欺女に捕まった息子可哀想と始終泣いていた。

勘助母にも警察から注意が行き(加害者はあんたの息子だ勘違いすんなと)、それを見た勘助なぜか号泣。

もうね、本当ザマミロだったわ!!

あれからはもう勘助からの接触も無く、平和に暮らしてます。

携帯変えてから番号は友人にも教えずそのまま隣県に転勤したので勘助と遭遇する危険もなくなりました。