俺男 29歳 底辺栄養士
父 地方公務員
母 国家公務員
姉 旧帝卒
兄 旧帝卒
弟 旧帝
何故か自分だけ出来が悪く親、兄弟に冷ややかな目で見られて育ったが特に気にせず生きてきた。小学校の時点で勉学面は見捨てられてたのは分かってた。



けど普通に大学まで出して貰ったし特に恨みとかはなかった。自分自身、親、兄弟に対する学歴コンプはあったから大学、就職は他県にして必要以上の連絡はしてなかった。

仕事柄長期休みが取れないし帰るのも面倒な距離だったからここ3年ぐらい帰ってなかった。けどそれが今回の修羅場の始まりだった。職業栄養士って書いたけど俺は病院の栄養士。自分は週1ぐらいで患者さんに食事の感想などを聞くために病室を周るようにしていたんだけど

ある日、新規の患者さんの所に感想を聞きに言った。初対面なので自己紹介したらすっごくビックリされた。何がって自分の苗字に。自分の苗字は全国的に珍しくその患者の息子さんの奥さんの旧姓が同じだったから、。

ここまで書けば分かると思うけどそれが姉の旦那のお母さんだった。けどこの時点ではお互いに分からなかった。だって俺は姉の結婚知らなかったし、相手の家にはウチは3人姉弟って事になってたし

姉夫婦がお見舞いに来た時はビックリだったよ。調度、売店で息子夫婦+姑さんと会ったら実の姉がいるんだもん。姑さんから同じ苗字なんだよって紹介された時は姉なんて目が点になってるんだもん。コッチもだけど状況読めなくてテンパったけど『ねーちゃん久しぶり』って普通に言っちゃった。今度は義兄達の時が止まった。

出来の悪いけど弟の1人を家族ぐるみで抹消していた姉は、今まで良好だった夫婦、義実家との仲は急激に冷えて行った様です。自分自身も家族から抹消扱いされたのが精神的にキツく、軽く病んでしまい只今休職中。そんな修羅場でした。