十数年前、事故で入院した同部屋に、どこからどう見ても聞いても「クソトメ」な 
おばさんがいた。お見舞いというか、身の回りの世話に通うお嫁さんを 
人前にもかかわらず酷い言葉で詰るわ、手を上げるわ。 

それなのに同部屋の患者は見て見ぬふりだし、私がナースセンターに言いに行っても 
なんでだか煮え切らない態度と物言い。不思議に思っていたら 
そのクソトメは、そこの病院(大き目だけど個人医院)の元ナース長だ、と。 
現役時代からヒステリックで有名だったらしい。 


でもそんな事情なんざ知ったこっちゃない、というレベルでクソトメの行動は 
エスカレートして行った。真昼間6人部屋の病室の真ん中で自分の髪をジャキジャキ 
切って、ざんばら坊主にして、それを「嫁にやられた」とか言ったりとか。 
(当然お嫁さんはその場にはいなかったし、髪も自分で切ってた) 
そんなこんなで私の退院前夜というか早朝、単に体の全快というよりも、その病院の 
雰囲気から逃れられる事が嬉しくて早くに目が覚めた。 
まだ暗かったけど、ロビーまで降りて行こうとしたら、階段の踊り場にクソトメがいた。 
あれ?またかよ、と思ったけどなんだか様子が違う。苦しそうにしてる。 
いつもの演技っぽいのじゃなく、本当に苦しそうに見えた。 
ナースセンターに行かなきゃ、と思いながら…こっそりベッドに戻ってしまった。 
私はそのまま午前中に退院したので、詳細は不明だけど、少なくとも 
私が退院する時まで、クソトメは自分のベッドには戻って来なかった。