近所のA家。 

A母はA長男が大学に入ったあたりから(けっこういい大学) 
近所中に 
「いい娘さんいらしたら紹介してください〜」 
と言って回るようになった。 
年頃が釣り合う娘さんのいる家などにも粉かけて回っていた。 


ちなみに私はA母とうちの母が元同級生なこともあり 
気まずくなりたくなかったのか? 
それとも私は最初から眼中になかったのか? 
とにかく私はタゲられることはなかった。

A長男はその後いいとこに就職したんで条件良しってことで 
いろいろ紹介が回ってきたようだ。 
しかしお互い気に入って話がいいとこまで進むと 
必ずA母が難癖つけてぶち壊してしまう。 

学歴が不十分だとか躾がなってないとか 
家柄がどうとか兄弟の仕事が気に入らないとか 
とにかくネチネチ言ってつぶしてしまう。 

それが何度か続いたんで近所の人は誰もA家にお嬢さんを紹介しなくなった。


でもあいかわらずA母は 
「いい娘さんいらしたら紹介してください〜」 
と言ってまわるのをやめない。 
A長男も母親になにか言えばいいのに母親の言いなり。 

そんな中ひさびさにA長男に縁談が舞い込んだ。 
いつものとおり、いいとこまで進んだらネチネチ文句つけだすA母。 
しかし今回の相手はそれで逃げるようなお嬢さんではなかった。

お嬢さんは隣町の人だったんだが、そっちじゃ有名なメンヘラさんだったらしい。 
美人で学歴もあり一見申し分ないんだが重度のメンヘラで 
自傷じゃなく他害の症状を出す人の方だった。 
どうやら向こうでも厄介ばらいしたくて 
A家にわざと紹介したらしい。 

A母に攻撃されたお嬢さんはすぐさまA母を敵とみなし 
朝から晩までA家に粘着した。 
主に監視とつきまといと暴言、騒音を毎日20時間ほどぶっ続けで。

A母は外に出られなくなり 
自慢の庭もみるみる荒れ果て 
メンヘラお嬢さんのターゲットが他に移って来なくなっても 
A母はその後回復しなかった。 

その後A母は長女(もう嫁いだ人)に引き取られていった。 
A長男だけは今ももとの家に住み続けているが 
道で会っても誰にも挨拶しないし、ゴミも溜め込んでるみたいだし 
彼も病んでいるんじゃないかともっぱらの噂だ。