金八先生 First Seasonがやってた時代の話 

中3の時、父親の転勤で転校することになった 
それまでの中学は穏やかな学校で(校則は厳しかったが)のんびりした毎日だったが 
転校した学校はスクールウォーズの様に荒れた学校だった 
超普通の俺は逆に浮く様な状態で、どうすりゃいいんだ?と・・・ 


犬も怖くて触れないほどのヘタレだから、不良デビューなんて無理 
転校初日に、先生から「ここの学校に染まっちゃダメだから!」とか言われるし・・・ 
前の学校では友達多かったから、ぼっちになるのも嫌だし・・・ 

悩みつつも、無駄にコミュ力だけはある俺は(転校が多いとコミュ力はつく) 
初日の午前中はもらったクラス名簿(当時は住所電話番号あり)を見つつ観察 
家が近くてとっつきやすそうな不良に適当に話しかけた 
そいつは気さくに話してくれて、家が近い事やなんかでその日は一緒に帰ることに 
隣じゃないけど距離にして20メートルくらいの家で、いきなり家に誘われ仲良くなった 

しかし、翌日に分かった事だが、そいつは2大勢力のグループのトップだった 
下手に家が近いが故に、登下校は一緒、必然的に俺はそのグループの一員という事に 
また、俺はくせ毛で、何もしなくても前髪が持ち上がる「天然リーゼント」の持ち主 
サイドの毛にポマードを塗れば立派なリーゼントの出来上がりというお手軽不良スタイル 
無駄なコミュ力と脊髄反射でしゃべってしまう口の回り具合で、 
瞬く間にサブリーダー的立場に祭り上げられて行く・・・喧嘩なんてできないのに


他校と街で遭遇し、喧嘩になるときは、俺が口で煽り、向こうが切れて飛び掛ってくると 
俺は最後尾に逃げて、周りが守ってくれるという、何とも言えない立場を確立 
リーダー、Yはとてつもなく強くて、他校の弱いグループなんかは、出会うだけで 
「チーッス、Y君 チーッス」って感じで、道を空ける始末、でいつも一緒にいる俺も 
その内顔を覚えられて、一人で歩いてても「チーッス、俺君 チーッス」って・・・ 
慣れない俺は「あぁ、どうも、こんにちは」とか返すんだけど、それが逆効果で 
普段は優しいけど、一度切れると鬼より怖いとか噂が流れる始末・・・

いくつかの喧嘩を潜り抜け(俺は口だけ)夏休みになり 
母親と弟と3人でSCに買い物に行ったとき 
俺は自販機でジュース買おうとしてたんだけど 
母親と弟はちょっと離れたベンチで座ってたんだ 

そしたら他校の、見た目もそれそれは怖い人たちが俺を囲んだんだ、俺ガクブル 
「チーッス、俺君 チーッス」「ジュースですか? 奢らせて下さい チーッス!」 
「Y君は元気っすか! よろしく言っといてください チーッス!」 
あっというまに手に余るほどのジュースが俺の手に乗せられる・・・ 

嵐のように去っていった他校の不良グループだが、ゆっくり振り向くと 
さっきの不良達より怖い顔をした母君の顔があるわけよ・・・ 
「家に帰ったら、しっかり説明してもらうからね・・・」ってマジ不良より怖いです 

ほぼ半日、事情聴取を受け、 
それでも俺が不良ではないという事には納得しない母君 
まぁ、そりゃそうだ、あんなに怖い見かけの人たちがあんな挨拶するんだもんね

夏休みと言うことで 
そのグループの一人一人を家に呼んで、母親の潜入尋問が始まった 
友人1の場合 
母「ねぇ、1君、俺君って学校でどんな感じ?」 
1「そうっすね、Y君の親友だし、度胸はあるし(彼は勘違いしてます)凄いっす」 
友人2の場合 
母「ねぇ、普段何して遊んでるの?」 
2「そうっすね、他のグループと喧嘩したり(そんな事言わんでよし)」 
などなど、全て勘違いも甚だしい供述がそろえられ、外出禁止となった夏でした