まだ私が小さかった頃。 
当時、私は母と二人で狭いアパート暮らしで、 
母は日中も深夜も関係なく働いていて、 
私は保育園等行ってなかったのでお留守番ばかりしていた。 

朝起きたら母が居ないとかは当たり前で、 
1人で惣菜を買って、ご飯を炊いて食べたりしてた。 
母は私を放置してた訳じゃなくて、時間のある時は 
ご飯を作ってくれていたし、休みのときは常に一緒に居てくれた。 
で、一緒に居る時に必ずある事を練習させられた。 
普段優しい母が、それだけはどんなに嫌がっても聞いてくれなかった。 
此処までが前提。 

修羅場があった日の昼、母はいつも通り仕事で 
その日は外に惣菜を買いに行った。 
で、家に帰ると知らない男が居て、母を殴っていた。 


私は怖くて、泣くどころじゃなかった。 
私に気づいた男は、母を蹴り飛ばすと私に近付いてきた。 
母は私の名前を叫びながら、男に体当たりして 
運良く、男は玄関の外によろけて出る形に。 
その隙に、ドアをしめ鍵をかけるも、男は怒鳴りながらドアを殴る蹴る。 
私はパニックで、わんわん泣いてたんだけど、そんな私を母は一回ビンタした。 
そして淡々と、練習したように外に行って 
お巡りさんを呼んできなさい。って言って、私をトイレに放り込んだ。 
私は、母に言われた通り練習してたように 
トイレの窓から隣のアパートの壁の梯子から 
ブロック塀に降りて、そこからアパート前の 
道に降りて、とにかく交番に走った。 
正直、ここらへんの記憶はなくて気がついたら 
病院で母に抱っこされていました。 

此処からは母から聞いた話になるんだけど、 
母を殴っていた男は、内縁の夫だった人。 
私の父はその男じゃなくて、既に他界している。 
母は男から逃げる為に、私を連れて引っ越しを繰り返していた。 
との事でした。 

先週、約7年間優しいおじちゃんだった人が 
優しいお父さんになったので記念眞紀子。