そもそも、同年代の子育て世代が多いからと言われて、
不動産屋に薦められた土地を購入したことが、間違いでした。
私も最初は、密な付き合いをするママ友たちが楽しそうに見えました。

でも、住み始めて2週間で「ここに土地買ったの失敗した!」と絶望。
近所の子供たちが我が家の庭に無断侵入することに悩まされました。
慌てて外構工事をやっても時すでに遅しで、子供たちはフェンスを越えて、
我が家の庭で、野球やサッカー、駐車場では、スケボーとやりたい放題。


「ここは、おばちゃん家の庭だから、そういうのは公園でやってね。」と、
何度か子供たちに注意すると、なんと子供たちの親まで無断侵入を始めました。
「ここは、あなたたちが引っ越してくる前から子供の遊び場だったのよ!」と、
ボスのキチママに怒鳴られて、唖然とする私。
キチママの後ろには、「そうそう」と無言で頷く目つきの悪い他のママたち。
みんな自分の庭でやられると困るから、私の家を犠牲にしておきたいみたい。
我慢も限界に達したので「全員出てゆけ!」と怒鳴り、一切の縁を切りました。

でも、最近、キチママがハブられて、引っ越したことをきっかけに、
他のママたちが「あの時はごめんね」と私に再接近。
今では、庭では勝手なことはされなくなったけど、どうしても馴染めません。
シカトされていた頃のほうが気が楽だったので、あの頃に戻りたいです。
波風立てないためには、どんなふうにして、距離を置いたらよいのか。

キチママが引っ越したのは、ラッキーでした。
でも残りのママ達も、その場にいないママの悪口・私生活の暴露大会をしています。
我が家に来る時も、冷蔵庫を勝手に開けて、風呂場、寝室まで平気で入ります。
私がいない時の陰口のネタを探しているのかも知れません。


後日、そのママとも一切の縁を切りました。
不動産屋には過去にあった事を洗いざらい話、あの土地を購入して何一つ良い事がなかったと言っておいた。
青ざめていた。