俺が中学2年の頃、大好きだったパイロットの叔父が、交通事故で死んだ。 

俺もパイロット目指してて、すごいショックだったけど形見のものにと、機長が着てるYシャツ?みたいな肩に金の四本線が入ったものとA○Aの苗字が書かれてるバッチをもらって、何とか立ち直ろうとしていた。 


そして先生に許可をもらってきたので、学校に制服の下にYシャツとして機長服をきて、名札としてバッチをつけて学校にきてた、矢先のことだった。 

2年の半分もすぎた頃、今の先生が首の骨を骨折して、先生として復帰できなくなったので他の代理の先生がくることになった。 

そして休み時間に友達と話をしていたところ、暑かったので休み時間だしいいやと思い、上着を脱いだ。 


先生をA教師として話し進めて行きます。 
また、そいつは40歳くらいでした。 

Aはその機長服を見た瞬間、俺の肩についてる四本線のあれを肩から奪い(あれ外せる。)、ポケットにいれた。 

頭にきて殴ろうと思ったが、怒られるの嫌なんで、先生に、 
「前の先生(若い)に良いって言われましたよ!返してください!」 
って言ったら、 
「前の先生は若いから信用できますか!!!」 
みたいなこと言われて終わった。 

幸いバッチは取られてなかった。 

そしてそのうち返ってくるだろう。 と思い、 
1週間くらいがすぎた。 

すると、隣のクラスの友達から連絡が。 

「Aが機長服の四本線のやつを見せびらかしているんだが、あれお前のだよな?」 

それを知った瞬間、俺はAのところに行った。 
するとAは3階の音楽室でピアノを引いてた。 

そして俺は「いい加減あれ返してください!」 
と言うとAは、 
「お前が使うには早すぎるから私がありがたく使ってやってる。」 
とかゆう恩着せがましいことを言ってきたので 
「どーでもいいから返せよ!」 

って言ったら近くにあったハサミでボロボロに切られ、渡された。

ショックで俺は何もしゃべらず、そのまま教室に帰った。 

それからは、Aを復讐することしか考えてなかったと思う。 

しかし今復習すると、絶対に大変なことになるので、高校生になるまで待った。

そして高校生になって、復讐計画を練り始めた。それでちょうど2年生の頃だった。 

その頃の俺はパイロットになるためと、めちゃくちゃ勉強していたので、そこそこ言い訳が通じるくらいの優等生になってた。 

そしてAがまだおんなじ中学校で働いていることを弟から知った俺は、部活を3日くらい休み、 
そいつをストーキングした。 

そして、 
・Aは帰るルートがいつも一緒 
・Aは結婚しており、ダイヤの指輪があるが、夫は死んでいること 
がわかった。 

ダイヤの指輪が夫の形見みたいなので、それを狙うことにした。

そして3日後くらいに、先生達が会議で帰るのが11時頃になるとゆうのを聞き、その日に実行することにした。 

俺はサングラスとマスクをし、ばれないように服を変え、香水をつけてAの背後に襲いかかった。 

そして指輪を奪い取りそのまま走って逃げた。 

弟から、次の日に朝一で緊急の会議をしていると連絡があった。 

まだ指輪には手を出してなかったんで、 
ニッパーやラジオペンチでダイヤを取って指輪本体をハンマーでプレスし、ヤスリで傷をつけて塩水に漬けてサビさせ、 
みるも無残な指輪にした。 

そしてその指輪を、ゴム手袋をしながら、指紋をつけないようにしんちょうに郵送した。 

投函する時は、冬だったこともあり手袋を付けたまま出すことができた 

次の日にAの元に届いたらしく、Aは明らかに挙動不審になっていたとゆう。 

そのあとAは発狂し、綺麗だった庭も今は荒れ果て、現在精神病院に入院中とのことだ。 

そして去年パイロットになったので、見舞いに行ったら、もういなかった。 

病室で自殺したと。 

やり過ぎだったと思うが、大切な形見をなくなった心境はそれくらいのものだと自分の身で分かっただろうと思う事にしている。