私子 私
友子 私子の友達
酒子 酒好きで私子と友子の友達
彼喪 友子の初彼氏
イケメン 私子の友達

友子は綺麗なのに奥手なせいで彼氏が居なかった。
「私なんかが告白しても無理だよね」と自分の可愛さに気付いてなかった。
「いやいや友子美人だよ?」「絶対大丈夫だって!」と周りが言っても「皆優しー」と信じてなかった。

実際に友子はモテてたが、奥手なため男性が話し掛けてきても、
緊張して表情を固くし口数が少なくなる。
事情を知らない男性からすれば顔の綺麗さもあいまってただ無愛想で感じ悪いだけじゃなく、
冷たくて男を見下してる高飛車なタイプに見えていたらしい。
一部の男性には「ムカつく」と嫌われて嫌な態度とられてた。
友子は女子には普通の態度。
モテていても一切嫉妬されずに友子は女子に好かれていた。

そんな友子に初の彼氏ができました。

それが彼喪。
典型的な喪男で2ちゃんでよく見る「※」と自分は中身があると思いこんで女叩きしてるタイプ。
友子が嬉しそうに話してるが、みんな微妙な反応。
幸せそうな友子には言いづらいが、彼喪は不細工だがいい人とはお世辞でも言えないタイプ。
悪人ではないけど別に中身があるタイプではない。
そして友子との付き合い方も「え…」と眉をひそめたくなるような微妙なものだった。
友子は彼喪が初彼氏で恋愛を知らないからわからないようだったが、
デート後に夜道を毎回友子一人で帰らせるとか、
彼喪のほうが多く食べてるのに割り勘だとか、
友子がお弁当作っても「いただきます」や「美味しい」と言わないとか…

彼喪が女慣れしてないからといってもあんまりじゃないのと思っていたが、
初彼氏に浮かれて気付かないでいる友子に言っていいものか迷っていた。


ある日友子が相談してきた。
彼喪に無理矢理ラブ ホに連れ込まれそうになったと。


友子は「まだ怖いから」と断っていたそうだが、
彼喪は友子が未経験だと知ると興奮しはじめたそうな。
それで会うのが怖くなったらしい。

酒子と二人で「実は前から思っていたんだけどさ」と彼喪の駄目なところを言ってみた。


本当に彼女が大事なら夜道毎回歩かせないよ
せめて駅まで送るとか車あるんだし車で送るとかするよ
沢山飲み食いしといて半分ことかおかしいでしょ、同性の私達だってやらない
いただきますも言えない男なんてろくでもない

他にも色々あったが一つ一つ言ってくと、友子はうなだれた。
「ほんとはねちょっとおかしいなと思ったの、でもね付き合ったことないからこれが普通なのかなって」
友子は彼喪に同棲話を持ち掛けられていて、
「家賃は友子で生活費は俺ね」と言われたんだと…
家賃のが高いよねと聞くと彼喪はモゴモゴごまかしたらしい。

あげく、「花嫁修業だから」と家事全部友子がやれだとさ。

ろくでもねー男だ!!別れろ!!
酒子と私で友子を説得(説教?)
「酒子と私子はモテるからいいよ、彼喪と別れたら私を好きになってくれる人居ない…」と友子涙目。
「だから友子は美人なんだってば!!」と口を揃える酒子と私子。
だが友子は(友達を慰める為のお世辞にちがいない)と思って信じてくれない。
「イケメンが友子のこと好みだって言ってたよ」と言うとぴくりと反応する友子。
友子と彼喪が付き合ってるのをどうしても許せなかった私子はイケメンに愚痴ったことがあったのだ。
流れで友子にイケメンを紹介することにした。
私子と友子とイケメンの3人で遊ぶことになった。
最初イケメン相手に緊張しまくってた友子だが、
女慣れしてるイケメン(姉妹が3人いる)がスマートに対応していると慣れて笑顔を見せるように。


「イメージ違うねーあんな子だったんだ。…俺本気でいってもいい?」
と友子が居ないときにイケメンが聞いてきた。
ノリは軽いが目はまじ。
「友子がちゃんと彼喪と縁を切ってからにしてね、悪い噂たったら嫌だし」
「俺も二股とか嫌だよw」
その後二人にさせたりと丸一日楽しく遊びました。

次の日、友子に相談されました。
友「イケメン君が二人で遊びたいって!どうしよう!」
私「友子のこと好きって言ってたよ」
友「で、でも彼喪が…」
私「別れたらいーじゃないの」
友「!そっか!!そうだよね!!ありがとう!!」
一応別れ話はファミレスにしときなとアドバイスしました。

また次の日、震えた声の友子に電話で呼び出されました。
「ふざけんなよブスが!!」と彼喪の怒鳴る声が聞こえてきて超怖い。
酒子とイケメンにも連絡。
イケメンはバイト中につき不在。
酒子と二人でファミレスに。


そこには怒りで赤黒く変色してる彼喪と泣いて目が真っ赤の友子が。
「イタッイタッやめてよ」と小さな声を出す友子。
テーブルの下で彼喪が友子の足を踏んだり蹴ったりしてる。
友子を席から立たせる酒子。
酒子を見て、「一人じゃ来られねーのかこれだから女は」と私子に毒づく彼喪。
「無抵抗の女に暴力振るうなんて最悪」と彼喪の目をまっすぐに見て言うと彼喪は目をそらした。
彼喪「友子が浮気するから」
酒子「浮気?してないでしょ」
彼喪「イケメンが好きだって…」
私子「好きになっただけで浮気?〇〇タン(彼喪の好きな二次キャラ)は浮気じゃないの?」
酒子「お前が酷いからまともな男好きになっただけじゃん」
彼喪「でもデートしたんだろ?」
私子「私と三人でいたのにデート?」
彼喪「お前のせいだろがあああ!」
と彼喪テーブルの上に立ち上がって絶叫。
彼喪を冷静にテーブルから引きずり降ろす酒子。
酒子「店に迷惑だから」
彼喪「はい」

話し合い再開
私「友子はどうしたいの」
友「別れたい」
彼「何で!」
酒「静かにしろよ」
彼「ビクッ」
友「この前のこととか色々私子達に相談したの、ホテルに引きずられて怖くなったこととかも…全部」
友「彼喪が怖くなった、それにイケメン君と喋って男の人って優しいんだなって初めて思ったの」
友「イケメン君が好き。彼喪ごめんなさい。
イケメン君と付き合えなくてもいいから、彼喪とは別れたい」
彼喪号泣。
友子も号泣。
代金だけ払って店を出た。
友子のせいじゃないよと友子を慰めた。

次の日通学路に彼喪が


とおりすがろうとしたら「待て!」と言ってきた。
空耳だねいい天気だねとすたすた歩くと、走ってきて通せん坊してきた。
彼喪「俺に言うことはねーのか…この嫉妬ブス女!」
私「嫉妬って誰が?誰に?」
彼喪「お前が友子にだ」
私「なんで友子に?」
彼喪「お前が友子に嫉妬して俺達を別れさせたんだろ!」
私「嫉妬であんたの百倍レベル高いイケメン紹介するの?私も嫉妬されたーい」
彼喪きょどる。
私「私の嫉妬で友子は幸せだねーよかったよかったブスの嫉妬最高!」
彼喪「ち、ちがう!俺に…」
シカトして横切った。

その後彼喪は「処女だけでもいいから俺にくれ」
と友子にストーキングし、イケメンに叱られて地元に帰ったそうな。


彼喪は背丈が私とあんまり変わらなくて猫背で動きが変、
小太りなのに手足は細いという筋肉皆無なキモヲタ体型なので、強気に出れましたw
これにこりて現実の女と関わらず、
〇〇タンの声に似てるという理由で女に近づかずに二次にのみ生きて欲しい。


友子とイケメンはラブラブです。
なんかもじもじしながら付き合っていてかわいらしい。
結婚を前提の真面目なお付き合いをしていてお互いの両親に紹介済みだそうです。
何年先だけど「スピーチは絶対私子にしてもらうから!」と言われましたw