自分で言うのもあれだけど、蝶よ花よと育てられた私は世間知らずな娘だった。
その世間知らずが進学のために地元を離れて一人暮らしを始め、初めての彼氏もできた。

彼男は8歳年上のヴァイオリニストという、当時の私には素晴らしすぎる物件だった。



しかし、付き合い始めると「?」と思う部分が増えた。
詳しくは省くけど、二股・浮気の発覚。カード借金・私にも借金・親にも嘘ついて仕送りさせる。仕事が続かない。交通ルールを守らない違反者などなど。
でも世間知らずでアホだった私は、こういうものなんだと思い込んでいた。今思えば、依存・洗脳されてたのかな。

ある日、喧嘩して別れ話をしたら殴られた。
親にもぶたれたことないアムロな私は一気にガクブル…急に目が覚めた。これはまじで別れないとやばいと思った。

でも、また殴られるのは怖いし、合鍵も返してくれない。どうしよう…と泣きながら幼馴染のA太に相談した。
ちなみにこの時私はあまりに周りが見えておらず、大学の友達に見放されてたからA太くらいしか頼れる人がいなかった。
穏やかで優しいA太は快く相談にのってくれ、馬鹿な私を慰めたり叱ったりしてくれた。


まず彼男と距離を置くように言われ、「大学が忙しい」とかなんとか理由をつけてだんだん距離を置いていった。
その間に我が家にある彼男の荷物と貰ったストール(1年付き合ってプレゼントこれだけwしかも1980円ww)をまとめ、家の鍵を交換。
念のためA太が家に来てくれて、彼男に「今とてもしんどいから別れたい。一人になりたい」とメールした。あなたのせいじゃないの、私が悪いの…と彼男のプライドを刺激しないように細心の注意を払った。

すると彼男からあっさり「わかった」とメールがきて、なんだか拍子抜け。
それなら、とさっさと荷物を送り、A太にお礼の晩ご飯を作って二人で祝杯をあげた。その日は遅かったので、昔話をしながら仲良く眠った(もちろん男女の仲にはなってない)。


一週間後、私は大学の友達B子と散歩していた。
B子は一旦私を見放したものの、彼男と別れたことと今までの謝罪をすると「良かった、安心した」と戻ってくれた友達のひとり。

二人で色んな話をしながら歩いていると、突然後ろから飛び蹴りされた。B子が。
驚いていると、知らない女C美がすごい形相で立っていた。

C美「あんたが私子ね! 彼男をdfくせwぁqふじこふじこ…」


ぽかーんとしながらも叫ぶC美の言葉を要約すると、
・彼男と昔から付き合っていたのはC美。
・彼男の携帯を見たら私子へのロミオメール(君は僕の太陽だ的なメールです。確かにメールはきてたけど、全部シカトしてたっていうか開いてすらなかった。)が。
・私子の家の旧合鍵を彼男が大事に持ってた。
・彼男は私子と復縁する気だ。
・彼男を返しなさいよこのメス豚

何これ…と固まる私たち。
…と、そこに警官が来てくれた。
警官「この通り魔!」
どうやら偶然現場を見ていた別の友達が、「私子とB子が通り魔に襲われてる!」と110してくれたらしい。

ふじこるC美は逮捕され、私たちも警察に。
C美はB子への傷害容疑で事件になった。

B子へは平謝りだったが、「私子のせいじゃないし」と許してくれた。
思いっきり余談だが、お詫びとして旅費全額私持ちで沖縄に連れて行きました。今でも仲良しの友達です。頭が上がらない。

C美は詳しくはわからないけど、事件にされて罰を受けたらしい。
彼男からの接触はロミオメールしかなく、あの後私がすぐに引っ越して携帯変えてからは消息不明です。