私子・・・当時21歳
焼子・・・19歳、同じサークル
焼男その1・・・焼子の彼氏、大学生年齢?もこみちを10%スペックダウンした感じ
焼男その2・・・焼子の彼氏、社会人30代半ば清水圭似
K男・・・ちょっと天然系KY櫻井翔35%OFF

とある趣味のサークルで焼子と知り合った。
皆気さくで仲の良いサークルで、サークル内での色恋沙汰というのは無かった。

サークル内でやましいことがないということもあって、それぞれの恋人同伴でサークルに顔を出すのも珍しくは無かった。
ある日、焼子が彼氏焼男その1を連れてきた。
そして後日また、彼氏焼男その2を連れてきた。
焼子は可愛かったし、前の彼と別れて新しい彼氏を連れてきたのかな?と皆思ってた。
それにしてもサイクル早いなーくらいは思ったけど、そんなに問題視模してなかった。
すると後日、彼氏その1をまた連れてきた。

より戻したの?両方単なる知り合い?でも恋人って紹介してたよね?とサークル内は水面下で騒然。
焼男その1にどう接して良いか分からず、話しかけられてもぎこちなくなってしまった。
それを焼子が、この頃みんな変よね?特に女子。とりわけ私子。焼男その1を意識し過ぎなんじゃない?狙ってるの?
と言いがかりをつけてきた。
そんなことないと言っても聞かなかった。
彼氏がいながら私の彼に色目使うな尻がる女!みたいなことを言われたので、
「え?あなたがそういうこと言う?」と少し良い愛になった。
さすがに他のサークルの女子も気づいて、ちょっとした騒ぎになった。
そしてその騒ぎを聞きつけた焼男その1に、焼男その2の存在がばれた。
焼男その1と焼子は言い争いながら帰った。

もう焼子は来ないだろうけどサークル費どうするんだろうと思ってたら、焼男その2と一緒にサークルに来た。
来た理由は、「焼子ちゃんがサークル女子に苛められてるから話をつけに来た」
前日の騒ぎを知ってるのは、サークルの女子と焼子と私だけで、男子の方は知らなかったので「え?なに?」って話になった。
焼男その2の言い分は、
「焼子ちゃんがサークル内で苛め真れてる。可愛いから妬まれて彼氏が出来るたびに嫌がらせで別れさせられてる」
「前彼もここのサークル女子のせいで別れさせられた」
「俺にはそんな手は通じないぞ。何があっても焼子ちゃんとは別れないからな!これは宣戦布告だ!」
最初は淡々と言ってたけど、最後にはテンションが上がったのか、こちらを指差して「宣戦布告!」とか言い出しました。
最初サークル男子達は意味が分からなかったみたいだけど、焼子が焼男その1その2を交互に連れてきてたのを知ってたので、
サークル内で女子のいじめが無かったことを分かってくれました。


すると、空気は読めないけど憎めないキャラのK男が「昨日の焼男その1君とはもう別れちゃったの?それは可哀そうだね」
と焼子を変な慰め方をした。
「うちのサークルは男女仲良いけど変な関係じゃないから焼き餅焼かなくても大丈夫だよ焼子ちゃん。焼男その1君も話せばわかってくれるよ」
と見当はずれにどんどん慰めた。
ここで焼子の二股が焼男その2にもばれた。
どういうことだよと怒鳴る焼男その2と泣きじゃくる焼子を囲んで皆どうしていいか分からなくなった。
するとK男がまた「大丈夫、何があっても別れないって焼男その2君もさっき言ってたじゃないか。だから落ち着いて」と慰めた。
戦布告とかでサークル女子も私子もちょっとムカついてたので
「そうよね、絶対別れない、宣戦布告って言ってたもんね、その2君頑張ってね」と励ました。


「そうよね、絶対別れない、宣戦布告って言ってたもんね、その2君頑張ってね」と励ました。

しばらくいろいろ焼子は言いわけしてたがいきなり
「全部私子のせいなの!いつも私に彼氏が出来ると横取りしようとするからフェイクで焼男その1君に彼氏のふりをしてもらってたの!」
と言いだした。
そんな言いわけでだまされるやついるか?と思ったら
「悪いけど私子さん。君は僕の好みじゃないから」と焼男その2が言いだした。
そして「男はね、より若い子の方がいいんだよ。焼子ちゃんの方が君より若い。張り合おうなんてバカなことはやめるんだ」と説教もどきをされた。
いや、私も三十路半ばのおっさん要らないしと言ったら、「負け惜しみだね」と言って焼子の肩を抱いて帰って行った。

その後サークルのリーダーあてに、焼子がサークルに復帰するための条件のメールが来た。
条件というのは、私子をやめさせることと、今後サークルメンバーの異性関係に口出しをしないこと、他にもいろいろありましたが、
今回のことを考慮して焼子をいろいろ優遇することみたいな内容だったようです。
馬鹿馬鹿しいけどと前置きして、本人が復帰しないと言ってるんだからそのまま放置しますとリーダーが言いました。
しばらくしてから焼子はその1でもその2でもない彼氏を連れて現れましたが、私子を見つけると
「まだ止めさせてないみたいだからまだ戻らないわよ」と帰って行きました。
私子が院試のためサークルを一時休んでる時にまた復帰したようですが、またその3だかその4だかとまたサークルでもめて出て行ったようです。


どういうわけかその焼子から結婚式の招待状が来たので欠席に○をして返しました。
焼男その2と結婚するそうです。
「二度と私の彼氏(夫になるけどw)に手を出さないなら来てもいいYO!」と添え書きがありました。

もこみちがどうとかというのは、サークルOB会で女子ばかりで飲んだ時、誰かが芸能人に例えると~と言いだしたものです。
清水圭は微妙ですが、もこみちの例えは言われてみればそうそう!って感じです。