高校時代の同級生から今度クラス数人の男のみで飲むからこないかと誘いの連絡がきた。

うちの高校は進学校と言われてるけど進学先見たら地元宮廷ちょろちょろみたいなところだが、
学校自体がギスギスしていた。

とんねるずやめちゃイケの影響で他人をいじることが一番ウケると思っている奴らばかりで
中心グループはそんなイジりを誰彼かまわずにしていた。



その中の一人はあまりにも調子に乗っていたためクラスの奴らから休み時間に何度も靴を隠されていた。

何度も隠されていたため、学年集会で誰がやったのかこんなことをする奴らは許されないなんて
先生達が騒いでいるだけだった。在学中は犯人不明だった。

だいたい想像はつくけど自分は目立たないし学年のギスギスした雰囲気がたまらなく嫌だったため
周りと距離をとりふさぎ込んでいて仲良しもほとんどいなかった。
結果靴を隠しているのはアイツではと陰で言われてしまった。

靴がなくなったときには私は教室にいて下駄箱にも行ってないことは知っていても靴を隠された本人は、
私に聞こえるようにアイツではないかなんて言うのだから今考えても笑うに笑えない。

実際の犯人はクラスの中心グループの靴を隠された彼以外の奴らだったと本人と先生を除いたクラス全体が
知っているのもまたなんともいえない気分の原因だろう。

私が男のため無視など気にしなかったし、暴力はなかったがいろいろな嫌がらせはされたからいまだにイヤな覚えしかない。

10年以上たつが、私にとって高校生活がいやな思い出だと知ってるはずなのに神経わからない。
こんなことなら偶然会って体の関係を持ってしまっても連絡先なんて教えるのではなかったとあのときの自分自身にも神経わからない。