遺産相続って、絶対余計な事言わずに黙ってた方が良いよね。
決定権が有る本人っていうんでもなきゃ、決して口を挟まない方が良い。
って実感した事が数年前にあったよ。 


私の同い年の従姉妹で、30代にしてまとまったお金を持った人がいた。
仕事でも大成功していたし、他に諸々のラッキーもあって。
んで、その人(仮にAちゃん)は40になっても未婚小梨だった。
私は結婚して子持ちになっていたけど、Aちゃんとは家族で仲が良かった。
うちの親戚はごく庶民だし、重病人も要介護者も借金持ちもいなかった。
だからお金や相続の話題なんて全く出なかった。
Aちゃんも派手でも何でも無く、地道に普通に暮らしていた。

ある正月の親戚で集まりで、Aちゃんの弟嫁が「お話が有ります」って
小学校の先生が生徒に言い聞かすみたいな感じで話しだした。
内容は、Aちゃんの遺産が全部姪っ子ちゃん(A弟夫婦の子)にいくよう
公正証書かなんかにして欲しいと言う事。
突然のことで皆ポカン。
いや、まだ元気だし、そんな事考えてないから…とAちゃんがいうと、
A弟嫁は「だからこそ、今のうちにしっかりしておかないと」とか
溜め息まじりに、出来の悪い子に言いきかすみたいに滔々と語る語る。
将来介護するのはうちの子だと墓がどうとかまあそんな感じの事。
そこでようやく我に返った周りが、
「いやAだってこれから結婚出産するかもだし、ねえ」(当時40)
なんて言うとA弟嫁すかさず
「結婚はともかく出産はもう無いですよ?それはないです。」とピシャリ
全員どん引き。なにこの人?どんだけ失礼?なんで上から目線?
「だとしても、子持ちの人と結婚したり養子とったりとかさ」と言うと
「だからこそ、しっかり文書にして欲しいんです。赤の他人に
何が出来ますか?きっちりしておかないと後々面倒でしょう。」と。
「他所のお財布に首突っ込むような事するな」「あなたのお金じゃない」
と親戚一同口々に言ったけど、 

仕方が無いですねえ…、と、呆れたようにこちらを見ながら、
最初からもう一度お話ししますよ、よぅく聞いてくださいね?と
微笑んで話すA弟嫁。その間ずっとA弟は子供をだいてゆらゆら揺れてた。
A弟の家はお金に困ってない。なのになんでこんな焦ってるの?と思ったら
どうやらAちゃんがうちの子に財産を残すんじゃないかと疑ったらしいよ。
「従姉妹の子は所詮他人。血の濃い姪っ子でしょう」
「お義姉さんにはもう出産する力は無い」「将来の面倒はうちの子が」
発言が4巡目に入ったあたりでAちゃんが切れた
「今決めた。弟の家には一切何もいかないように文書を作る。
理由は、考え方が合わないから。早速弁護士に当たりをつける」


弟嫁はまだ偉そうに笑って、もう一度最初から説明しますよぉ、とか
言ってたけど、周りから帰れコールがおきて、A弟が促して帰っていった。
帰り際も「良く分からないようならいつでもご説明しますから、
遠慮なく、なんでもどうぞ」とにこやかに帰っていった。
しばらくしてAちゃんが本気だと解って発狂してた。でもAちゃんに
「私のお金をあてにするのは止めて」
「あなたの考えが好きではない。受け入れる気はない。
従ってあなたの子供にも一切世話になる気はないし関わる気もない」
とハッキリ言われて、今度はうちに文句を言ってきた。知らんがな

もともと関係が悪かった訳ではないし(A弟嫁はしっかり者)
なんにもしなければ普通に姪っ子ちゃんが相続したと思うんだよね。
Aちゃんがこのまま子供を持たなかったらさ。
なのに、お金に困ってた訳でもないのに、勝手にうちや周りを疑って
「出し抜かなければ!!」みたいな感じで欲をかくから
貰える物も貰えず、家族の縁も危うくなり、ひとつも良い事無かった。
無用な争いだと思ったよ。
よくある相続の修羅場にしてはヌルいんだろうけど、こんなんでも
凄い神経消耗した。お金のあるお家は大変なんだろうな…。 

弟は終止知らん顔してました。帰るときは気不味そうにそそくさと。
だから自分達が非常識なのはわかってたんじゃないかなあ。勿論同罪だけど。
A子供ちゃんは挨拶とか出来ないお子さんなんで誰にも懐いてないかな…。

A弟嫁がうちに言ってきた文句は、まとめると「どうしてこうなった」って事ですw
自分は間違った事は言っていない、なんで誰も解ってくれないのか!と。
いきなりあなたの財産下さいとか失礼過ぎるでしょ、しかも出産不可能だの孤独死だの
そんな事言われて喜ぶ人がどこにいるの?正しかろうがなんだろうが
不愉快な事ばかり言う人は疎遠にされても仕方ないんじゃないの、
と、優しくお伝えした。すると今度はうちが財産を貰うのかどうか聞いてきた。
そんな訳無いでしょ!と答えると、
じゃあ今まで何をして貰った?いくら分買ってもらった?としつこいしつこい。
その分くらいは貰わないと、A子が可哀想でしょう、虐待にすらなり得るわ、だって。
過ぎたお金は身を滅ぼすと言いますし、主婦である私が管理してあげますよ…
と言ったとこでひいじいちゃんが電話を奪って(スピーカーにしてた)
「あんた嫌われてんだぁ!!わかれやぁ!!」って言って切っちゃったw