私だけが非常にサムかった披露宴。 
友人の式に参列しようと、チャペルで席を探していた時、 
一人の男性に「失礼ですが、新婦さんのご友人の方?」と声をかけられた。 
私が、はいと答えると、その男性は「ちょっと、お聞きしたいのですが、新婦さん、 
妊娠してらっしゃいます?」と聞いてきた。 

一瞬、驚きはしたが、披露宴で新婦に酒を勧めたいが、妊娠していたら困るので 
聞いてきたのかもと考え、「してないですよ。ただ、彼女はお酒が飲めないので、 
注ぎに行くのならジュースにして下さいね。」と答えた。 
で、式も無事済み、披露宴へ。 
私の席は、他の新婦友人二人と、何故か新郎友人女性三人の六人テーブルだった。 
で、そこでも、「ねぇ、ねぇ、新婦さんって妊娠してるの?」と聞かれた。 
再び、驚きはしたが、先程と同じ理由で聞いているのかもと思い、同じように答えておいた。 
この質問の真の意味が分かったのは、二次会でだった。 
二次会は新郎新婦の勤務先の同僚が8割を占めており、披露宴から流れたメンバーは 
一つテーブルにまとめられてしまった。ラフな雰囲気で、新郎のご友人の方々 
(さっきの男性と女性3名を含む)と一緒にお酒なんか飲みながら、話していたら。 
 新郎友人女性A「私たち3人ってどういう関係だと思う?」 
 私「新郎さんのご友人なんですよね、確か大学時代の。」 
 新郎友人女性B「実は私たち全員、新郎の元カノなんだな~。」 
 新郎友人女性C「しかも微妙に時期がかぶり合ってたりするし。」 
 新郎友人女性A「私なんて、堕ろさせられたし。」 
 私(ひ~!)←言葉にならない。 
 新郎友人男性「出来ちゃった婚でもないのに、よく結婚に踏み切ったもんだ。」 
お酒が入って、口が軽くなっているのは分かるが、どうしてそんな話を私に! 
しかし、親身になって聞いていないと、そこらの人(新郎新婦の同僚)をつかまえて 
話しそうな勢いだったので、その後も延々と新郎の暴露話(マルチにひっかかったとか、 
万引きしてつかまったとか)を、おとなしく聞いておりました。 
もちろん、新婦には何一つこぼしておりません。デモ、サムカッタ…。