863 :
兄の結婚式のとき。 
司会者が途中で突然涙ぐみ、いきなり走り去ってしまった。 
場内騒然、新郎新婦ぽかーん。 
しばらくして、式場スタッフが 
「司会者が急に体調を崩してしまい、申し訳ありません」 
と言って、代理で司会。 

一応無難にこなしてくれたが、披露宴終了後 
「司会者何があったんだ?」 
「まさか、新郎の元カノ!?」 
と、憶測がとびまくってた。 

後日、式場のエライ人が謝罪の品を持って謝罪に来た。 
式場が、司会者を問いただしたところ 
「実は、この披露宴の直前に、自分の婚約者から婚約破棄されてた。 
プロなんだから…と、当日司会業をこなしていたが、幸せそうな新郎新婦を 
見ていて、悲しさと悔しさがこみ上げてきた」 
ということだったという。 
いい迷惑だ。 

864 :
>>863 
うわあ、そりゃお兄さんが気の毒だ。 
プロなんだから最後まで責任持ってやれよって感じだな。 

865 :
>>863 
それはサムイというより不幸だね。 
新郎新婦が気の毒だ。