682 :
寒い繋がりで、未遂で終わった話。 
遠距離デキ婚で入籍&写真だけという予定だったのが、花嫁ドリームが炸裂して 
周囲の反対を押し切り新郎の地元で挙式を強行。 

一応安定期に入る時期に挙式との話だったが 
(今から思えば、挙式の打ち合わせで新郎の地元に来ている時は安定期じゃなかった) 
デキ婚するのに子供の事をあまり考えていなさそうな新婦の態度にモヤモヤしつつ、 
共通の友人として出席。 
会場は海沿いのオープンテラスの付いた場所。 
時期も秋で肌寒く、披露宴は夕方~夜に掛けての時間で開催。しかも雨天で風も強め。 
一応ガラスで仕切られる様にはなっていたので、当日は室内でつつがなく終了。 
しかし、実は雨が降らなければ、客は窓全開どころか全員テラスでの着席の予定だったらしい・・・ 
(新郎新婦は当然室内) 
しかも客席は屋外と言う事を新郎新婦からは直接知らされず、 
直前に出席者の1人が知り合い経由で聞いて判明→出席者に根回しと言った状態。 
幸い新婦の体調も変化無く、幸か不幸か雨が降ったおかげで出席者も寒い思いをせずに済んだし 
結果オーライではあったけど、正直モヤモヤの残る披露宴でした。 

683 :
>>682 
冒頭の「未遂で終わった話」を読んで、破談になったのか? と思ってしまった。 

684 :
>>683 
分かり辛くてすみません、「サムい披露宴」になるのが未遂で終わったって話です。 
因みに3年程前の話で、今日みたいに肌寒くなると思い出します。 
披露宴半ばには外も真っ暗で、途中雨が止んだのでちょっと外に出てみたら、 
波の音と風が凄くて・・外にいたら、海風で体中ベタベタになりそうな天候でした。 
雨が降ってくれて、心底良かったと思いましたよ。 

685 :
>>684 
いやいや、最後まで読んだらちゃんとわかったよ。 
昔の話とはいえお疲れさまでした。