638 :
日曜日参加してきた式が異様なほどサムかった。 

挙式は普通だったんだけど、披露宴で新郎新婦二人が部屋に入ってくるとき 
司会が「本日はお客様のために新郎新婦自らが体を張っております」とかいうので、何かと思っていたら 
扉が開いた瞬間、ラグビーやってる新郎がドレス、小柄な新婦がタキシードという状態だった。 


それが恐ろしいほど笑えなかった。 
多分、割と親族が多目で友人は数人だけという内輪に近い式だったからだと思う。 
むしろ親族側からはヒソヒソと批判的な声も聞こえてきたから。 
新郎新婦は大爆笑を想定してたんだろうけど… 

サムい雰囲気が伝わったのか司会者は盛り上げようと必死。 
でも、一度凍りついた気持ちはなかなかほぐれず、私たちも俯いて拍手するしかなかった。 
その雰囲気を敏感に察知した新郎は、ムカついたのか表情から笑顔が消え、 
その後友人が喋りにいってもつっけんどんな返事で、友人からの写真も拒否。 
それをみていたら私たちも高砂にいきにくくなって、どんどん新郎新婦との距離が開いていった。 

衣装変えで一旦退出して戻ってきたときはそれぞれの衣装(新郎がタキシード、新婦がCW)だったけど 
それでも新郎は不機嫌そうだし、新婦は必死で新郎の機嫌取ろうとはなしかけてるし 
なんか段々新婦がかわいそうになってきた。 

月曜日に新婦から謝罪メールがきたけど、新郎用のドレスは流石に在庫がなくて 
わざわざ二人分(新郎と新婦が同じドレスのサイズ違い)を発注してつくったらしく 
新郎は帰るなり、そのドレスをビリビリに破いてしまって、部屋に引っ込んで新婚旅行もいきたくないと拗ねてるとか… 

639 :
なぜそんな真似をする気になった… 

640 :
二次会で客に酒が回った頃にやればよかったのに。 

641 :
ラグビーやってんなら明朗な体育会系かと思ったら、 
粘着質な野郎だな…中学生かよ。