552 :
個人的にサムかった披露宴。 

旦那の従弟さんの結婚式に夫婦で参列。 
地元から離れて就職した義従弟さんだったので、実はその結婚式が初対面。 
当然新婦さんの事も全然知らない。 
当時、私の周りで式・披露宴をした人がいなかったので、衣装にはものすごく迷った。 

迷いに迷った結果、黒の膝丈のワンピースにベーズのボレロ、白いビーズのバレッタ 
みたいな髪飾りを用意した。 
さて、当日…旦那側のおばさま方が私の格好をえらい褒める。 
モデルさんみたいだとか清楚な感じだとか、すごい褒められた。 
披露宴がはじまり新郎新婦入場。 
一通りの挨拶が終わり、お料理と歓談のお時間。 
ビール瓶を持って義親族さん達にお酌にまわっていると、先ほど私を褒めてくれた 
おばさま達が険しい顔でお話している。 
作り笑顔がお上手だ事 
三十も超えてるのにあんなヒラヒラな・・・ 
躾けのなってない子供が……ほら、また(幼稚園以下くらいの姉弟が式場内を走ってた) 
あれ、もしかして新婦さんの話・・・だよね。 
そしてお色直し。 
お色直しの入場時、写真撮影のためにおばさま方が私がいる席の近くに来た。 
するとまた、 
あんな真っ赤な品のないドレス… 
年齢を考えたらどうなのかしら 

あぁ、この人たちは新婦さんが気に入らないんだ。 
しかも年齢(新郎より5年ほど年上)が原因ですか… 
私も新婦さんと同様、このおばさま達から見たら嫁の立場。 
何かのはずみで彼女らの琴線に触れたら明日は我が身なんだ。 
その後のお料理、何が出たとかどんな味だったとか、覚えてない。 
義叔父さんがすべてのメニューを写真撮影してたので、それを見て 
ボンヤリ思い出す程度・・・ 
恐かったです。 

553 :
>>552 
((;゚Д゚)ガクガクブルブル