寒かった…というか寒くしてしまった披露宴の話。 

学生時代のゼミ仲間(♂)の披露宴。 
新郎友人として他のゼミ仲間数人で呼ばれて参加したのだけど、女性が少ないゼミだったこともあり、女性は私一人。 
披露宴は、400人ぐらいいるか?という盛大なもの。 

新郎の実家が地方で会社を経営しており、新郎はそこを継ぐことになっていたので 
会社関係、取引先などの方々を招くためその規模だったらしい。 
披露宴の内容も白無垢→色打ち掛け→白ドレス→色ドレスと3回のお色直しに 
各種出し物、ケーキカット、キャンドルサービス、カラオケ大会など、4時間フルコース。 
でも新郎友人である私たちは特に役割もなかったので、まったりと「披露宴だね~」と食事とお酒を楽しみ終了。 

披露宴終了後。 

事前に新郎から「披露宴の後はパーティーで会費制なんだけど参加してくれる?」と話があり 
「え?ああ、2次会だよね?もちろん参加するよ」という返事をしてあった。 
2次会は披露宴と同じホテルであるということだったので、いったん自分の部屋に戻り、 
ドレスでは大げさだろうと着替えて参加することに。時間となり会場へ向かってみると…。 

さっきの披露宴と同じ部屋(そのホテルで最大の部屋)。 

え?え?2次会でしょ?戸惑いながら会場に入ると 

参加者数もさっきと同じ規模(400人ぐらい…) 
料理もしっかりコース料理(さっきとは内容違うけど…)で着席式。 
お色直しもさっきと同じ白無垢→色打ち掛け→白ドレス→色ドレスで3回。 
余興もケーキカットもありの4時間コース。 

つまり2次会というより、披露宴を2回やるというものだった…。 

どうやら、会社関係の招待客が多すぎて、1回では招待しきれなかったので、2回に 
わけたらしい。 

2回目のほうが、1回目よりはややカジュアルではあったけど、披露宴としては「平服で 
お越し下さい」なレベル。友達だけの2次会と思い、完全普段着の私たち、気まずい…。 
「あいつ『2次会だ』としか言わなかったよな、これ披露宴2回じゃん!」 
「それならそうと説明してくれれば、ちゃんとした格好でいたのに!」 
と、こそこそと相談するものの、もうどうしようもない。 
せめて悪目立ちしないよう、静かにしていよう…と思ったら。 

「それではここで、新郎の友人である○○さん(私)からサプライズスピーチを頂戴します!」 

はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ?!?!?! 

何それ?何それ?聞いてないよ?な、なんで私に、なんでよりによって私に?! 
パニックになるも「どうぞステージへ!」と前方ステージに押し出される。 

ステージにあげられ、ライトに照らされる、とっくりセーターにスカートの完全普段着な私。 
同じようにサプライズスピーチで押し出された新婦友人の女の子が隣でおたおたしている。 
でもその子はちゃんと披露宴スタイル。私みたいな身なりじゃない。 

しかもスピーチは新郎友人からってことで最初にマイクが… 
まさかスピーチがあるなんて思ってなかったから、何も用意してないし、 
1次会で結構お酒を飲んでしまっているので頭も回らない。 

パニックになってたっぷり20秒ぐらい言葉が出てこず、焦って 
「何か話さなきゃ!何か話さなきゃ!」と口からでた言葉は… 

「………どうして私がここにだされるのか、よくわかりません…!」 

あああああ!ごめん!変な事言った!ごめん!フォローしなきゃと続けるも 
「新郎君は…とても、いい人で…、飲み会で(みんなが)つぶれた時に 
介抱してくれたり…」ああ!これもいかん!まるで私だけを介抱したみたいだ! 
「えっと、とてもみんな、新郎君のことは好きで…えーと、えーと…」 

変な事を口走り、しかもとぎれとぎれで泣きそうに話す私。 
…まるで、新郎と過去に何かあった女のよう…。 
会場が微妙な空気に包まれるのがわかる。空気がいたい。 
話せば話すほどドツボにはまる。その後何を話したか覚えてない。 

パーティーの終り、お見送りの時に新郎新婦に「すいません」と 
謝ったけど、新婦の目が笑ってなかった。 

それ以来新郎にも会ってない。