小学校からの親友が先日結婚した 
友人こと新郎はお世辞にも良家とは言えないが、肝っ玉母ちゃんに育てられた人気者 
新婦は良家のお嬢様。新郎が婿入りする形 
控え室の時点でいやな予感がした。まさに土地の名士が新郎の陰口で盛り上がってる 
そのすみっこでちっちゃくなってる新郎の母ちゃん 


式もそのままの雰囲気 
さすがに来賓はそこまで酷いこと言わなかったけど 
席次を見ればわかる。新郎側の出席者は1/4もいない 
一緒に出席していた友人たちもイライラしているのがわかる 
余興がはじまるまでは 

新婦のお祖父ちゃん、つまりおそらくこの場で最高位のじーさまが高らかに宣言 
「新郎。○○君に捧げます!!!」 
そして朗々と歌いだす十八番 

これで、文句垂れてた親族は一気に祝賀ムードに 
俺たちはスカっとしつつもサムい雰囲気に 
これからこの二人、大丈夫なんだろうか 

一番サムかったのは、最後、来場者を見送るところで感極まった俺と新郎がうおーん泣き 
周囲をドン引きさせたこと 
2次会で新婦から二人そろって説教されました