当時の年齢 
私22 
彼30 
A女27 

私が一人で部屋にいると知らない女性が訪ねてきた 
綺麗で優しそうな人だったので部屋を間違えたのかな?って最初は思ってた 
そしたら私の彼は二股してますとか言われた…意味がわからなかった 


「えっ…彼の名前は〇〇ですけどお間違えでは…?」って言ったら 
「間違いではないです!この間、お前にあきたんだよ、年下の可愛い彼女いるしいらないって言われて…あぁ貴女も知らないんだって思ったら彼が憎くなって…」 
この辺でA女さん涙声、突然見知らぬ女性が来て怖かったけど泣かれると焦った

あと私もなにその最低な男…あれ?でも私の彼氏なんだっけ…とか馬鹿というか状況整理が下手なのでわけわからなくなってた 
でもよくある浮気相手の女性が話し合えなくてやばい感じ、では無かったので詳しく聞こうとファミレスに行かないですか?って提案した 

で、ファミレスで話したんだけど彼氏が最低すぎて腹が立つ 
料理作ったらまずい言って捨てたり暴言吐いたりA女さんの物に八つ当たりしたり 
しまいには俺は年下からかなりモテるんだ、だからお前は頑張らないと捨てられるぞとかその他色々 
それ聞いてはぁあ?ってなった 

正直、彼はモテる人からは程遠いです、全体的に 


「…二股してるあの人も最低、しかも私さんは知らない…言うか言わないか迷ったけど私より年下ならまだ良い人がたくさんいる、あんな屑に騙されるなんて許さない」 

「…良い人とかそれはわからないけど…まぁ彼は屑ですね~、A女さん、これからどうしますか?」 
「私は少し彼に痛い目をみてもらいたい」 
「私も同じです……じゃぁ彼に電話しますか、んー…A女さん隠れてほしいんですが」 
「?」 
「彼が逃げられないように」 
「わかりました」 

私が彼に会おうよって電話してから、後ちょっとで着くよとメールが来たのでトイレに隠れてもらった 

しばらくして彼が来た 

なんかお義父さんから今度いつ来る?ってメール来ててさー、いつにする?とか言いながら 
そのいつは来ないのに 

基本的に遠回しに言えないので直球に聞いた。 

「来てくれたところにいきなりで悪いけど…、浮気してるよね?」 
「おい私!もうちょっとしたら結婚する約束してるのに二股なんかするわけないだろ!」 
「そうなの?まぁ確実にしてるってわかるから聞いたんだけど…」 
「は?何言ってんだよ…」 
「だってA女さんに聞いたから」 
「え…A女って」 
「浮気相手らしいね~?それで私が本命だって?笑わせるわ、お前うぜぇ」 
「違う、違うって!」 
とかなんか言い訳いっぱい言うのでA女さんに来てもらった 

そしたらA女さんに暴言吐きまくり、馬鹿じゃないのかと思った 
A女さんはまた泣いちゃうし、彼がギャーギャー喚くから人が殆ど居なかったとはいえ見られるし 


「お前の主張なんてどうでも良い、別れるから、拒否権は無いですよ」 
「私!こんな女の言う事を真に受けるのかよ!」 
「…真に受けるとかより暴言吐くとか信じられない、無理…ていうかお前30なのにA女さんが年増?」 
「27はもう終わってるんだよ!」 
「あっ、ごめん言うの忘れてたけどさっきからお父さんと電話繋がってるんだ」 
と言い残してA女さんとぼーぜんとした彼を置いて家に帰った 

後はしばらく電話やメールがうざかったのと 
父に土下座したりとか別れたくない嫌だと言いながら涙と鼻水垂らしてた彼が父に殴られたりとかそれくらいです 

A女さんが素敵な男性とめぐり合い結婚すると連絡を入れてくれたので思いだした。