元義姉(私の実兄の妻)とその一家がクソ。 

もう結構前に終結した話なのに先月思い出したように現れたので 
実兄たちに許可をもらいイライラ解消&厄落としのためにフェイク入れつつ投下。 


書いてたらものすごく長文になってしまったので 
嫌いな方はスルーしてください。 


私は兄2人の3人兄妹で、幼い頃から兄妹全員ある同じスポーツを続けてきた。 
長兄と私は学生時代までで、その後就職して会社員になったけど、 
次兄は社会人になった後も続けてプロテストに合格、そのスポーツで生計を立てている。 

長兄と私がそれぞれ結婚した後、次兄は2年ほど付き合っていた女性(義姉)と結婚した。 
先述のとおり次兄は一応プロ選手なので、合宿や遠征などで飛び回る。 
独身時代から1年の半分は家に帰ってこない生活をしており、それは結婚しても当然変わらない。 
結婚前「こんな生活だから嫁さん淋しがらないか心配だ」「でも嫁はその辺理解してくれてるから嬉しい」と 
惚気ていた次兄を家族でワイワイとからかった事を今でも忘れられない。 
私も義姉には付き合っている当時から何度か会った事があるけど、当時は人当たりが良く清楚な感じの女性と思った。 

次兄は家に居る時は大半の料理と掃除を担い、 
本人の意向と兄の勧めで結婚後も仕事を続けていた義姉の疲れと日頃の淋しさを 
少しでも労おうという生活だったそうだ。 

次兄が結婚して1年ほど経ったころ、 
私と私夫で実家に届け物に行った際、偶然次兄がやってきた。 
遠征先の土産を持ってきたよと笑顔だったが、どう見ても影がある。 
私夫もそれに気づいたようで、「話を聞いてみるよ」と夜に飲みに誘い出してくれた。 
男2人で飲んで聞き出してくれた話を後日聞いて驚いた。 


(人物や関係性は兄目線です) 

・結婚して3ヶ月目くらいから、家に帰ると嫁があからさまに自分を避けるようになった。 
・自分が帰宅して玄関を開ける音を聞くと途端に風呂に入り、顔も見ずに寝室にもどる。 
・嫁が後に帰ってきても似たような感じ。 
・自分の至らない所があるなら言ってくれ、と話し合いを持とうとしても 
 「あなたが家に居る生活にちょっと驚いてるだけ」と抑揚のない声で言われる。 
・半年ほどしたら、自分が居ない間自宅で明らかに誰かと生活している雰囲気がある。 
・問い詰めると「淋しいから実家の両親に来てもらってる」と。 
・嫁実家に行ってウトメに確認すると本当で、「悪いと思ったんだけど娘が淋しがるから」と高笑い。 
 その後ろには自宅にあった調度品がなぜか飾られてる。 
・嫁に無断で家の中のものを持ち出さないでくれと言うと 
 「うるせえ!家に居ないくせに偉そうに!フジコフジコ」と般若の顔で逆ギレ。 
・その直後、自分が契約してるメーカーに商品よこせとたかるようになる。 
・嫁に辞めるように怒ると「うるせえ!家に居ない(ry」 
・同じ頃、自分の定期預金の1つが解約されている事に気付く。 
・嫁に問い詰めると「うるせえ!家に(ry」 


結構な額のお金が絡んでる事やもう夫婦生活が破綻してる事もあり、 
後日、両家の両親を交えて話し合いが持たれた。 
その席には長兄夫婦と私夫婦も同席。 
また兄の友人という立場ながら弁護士も同席。 

まずは義姉の意見を聞こうとするも 
ふて腐れて「家に居ないくせに」を繰り返すばかりで話にならない。 
嫁両親(以下ウトメ)もヘラヘラと娘が可哀想というばかり。 
もうどうしようかという雰囲気になった時、次兄が静かに問いかけた。 
「○○(義姉)は俺が家に居ないことに不満なんだよな? 
俺が毎日家に帰ってくる生活になればいいと思ってるって事だよね? 
だったらきれいさっぱり引退して、サラリーマンになるよ。 
手取り10万の生活になるかもしれないけど、がんば・・」と言ったところで 
般若義姉がもうこれでもかってくらい喚きはじめた。 

「ちょっと冗談じゃないわよ!引退?はぁ?? 
プロ選手じゃないあんたに何の価値があんの?貧乏なんか許さないわよ!!!!くぁwせdrftgyふじこ」 

ウトメも青い顔しておろおろしながら喚く。 

「い・・いや、それは困るよ△△(次兄)くん。娘に不自由はさせられないし、家も・・・」 

となった所で、その場に居た義姉ウトメ以外が「家?」となった。 
義姉、実家建て直しのために兄の定期預金差し出してた。 
義姉実家、地方都市の没落寸前の中途半端な成金のようで、 
「プロ選手の嫁」と「義理の息子はプロ選手」という肩書きで伯をつけたかっただけ。 
義姉が仕事を続けたのも、その嫁の地位&「自立した女性pgr」アピール目的。 
また義姉の脳内は、夫の金で豪遊できるし、私ってセレブじゃん。ww 
セレブは育ちも良くなきゃいけないから実家も見映え良く→夫の金で実家建て直しちゃえ 
娘からのプレゼント&世間的には「嫁も嫁実家も大事にする夫」って見えるから夫も荒立てないはず、私頭いいー 
って事だとその後の話し合いの中で分かった。 
他にもあることないこと喚かれ、仕舞いには異常な妹愛やら近親相姦の疑いまででっち上げられて 
私夫含めてみんなで('A`) 。 

ここまで聞いて次兄軽やかに 
「弁護士さん、俺、彼女と離婚します。(・∀・ )」とものすごく爽やかな笑顔で言い放った。 
「△△くん、僕もそうしたほうがいいと思うよ。(´∀` )」と弁護士さんも超笑顔。 
この二人の笑顔がものすごく恐ろしかった。 
後日次兄に聞いたら、プロ引退提案は相手のボロを出させる為の発言だったそうだ。 
その後双方弁護士を立て協議が行われ、 
奇跡的に手付かずだった兄の定期預金変換(家を建て直す矢先だったらしい) 
慰謝料なし・今後一切の接触や吹聴をしないなどの誓約が交わされ無事に離婚した。 


これで終わったと思ってたら・・・ 
今年に入ってから兄の弁護士の下にウトメから深刻そうpgrな声でどうしても会いたいと連絡が入った。 
「△△くんにとっても重大な出来事」という先方の申し入れだった為 
家族会議の結果、弁護士立会いのもとで会うことになり 
次兄はじめ両親・長兄夫婦・私夫婦など以前と同じメンバーが弁護士事務所でお出迎え。 

やってきたのはウトメ、元義姉、それに・・・赤子。 
席に着くや否や、ウト、赤子を指差し開口一番「△△くんの子供です」。 

こちら一族ポカーン。 
いやwちょww次兄と元義姉が別れたの3年前。赤子どうみても生後半年。計算違うだろ。w 

ウト続いておもむろに床にひれ伏し 
「別れても情は残っているだろう。離れ離れになっても妻は妻だ。娘を頼む!」と土下座。 
もうね、迫真の演技なんだけど全く心こもってない政治家の土下座でした。 
トメ、ハンカチ口元にあてて涙目。元義姉、ひたすら俯いて淋しげな女性演出。 
どれもが寒々しいポーズで、3年ぶりに一族&弁護士で('A`)。 

元義姉、離婚後も伯や「○○の妻」みたいな地位が欲しかったらしく 
相当遊びまくって、独身のそういう輩とやりまくったらしい。 
が、当然遊んで捨てられ結果として誰の子供だか分からない子妊娠。 
一番可能性のありそうな男に取り入って、 
子供を出産してしまえば閑念するだろうと思ってたら血液型違ったらしく逃げられ。 
で、次兄を再利用しようとやってきたという訳。 

ウト続いて「君の新しい人生だ!」と言ったところで 
次兄と父が同時に「ふざけんな~~~~!!!!!!!!!!」と怒号を発したところで一族我に返る。 
それ以上バカな事言うと出るとこ出ますよ?と全員が異口同音に説教を返すも、 
ウトメ泣き落としをしようと必死で聞きゃしない。元義姉、静かに泣き真似。 
すると一族の一人が、ウトの前に正座した。 
ニッコニコの顔で「はじめまして、△△くんの『新しい人生』です。」と挨拶。 
この方、次兄のお嫁さんで新義姉。 
ウトメ元義姉からの注目を一斉にあびる中 
「私でよかったら相談に乗りますが、場合によっては慰謝料請求しますよ?」と続けると 
ウトメ元義姉の誰も二の句がつげなくなった。 

何故稼ぎもそこそこある妙齢の男がいつまでも独身だと思うんだろう。 
弁護士からも「これは恐喝ですね。法的手段に訴えますよ?」という言葉をいただき 
すごすごと奴らは帰っていった。赤子のア~ウ~という声が物悲しかった。 

役所への婚姻関係書類の不受理届けの手配もし、 
念のため相手方へのこれ以上の接触拒否を印した内容証明の手配もした後、私たちも弁護士事務所を後にし 
帰宅する途中コンビニで塩を買って、御通夜のときみたいなお清めを全員でした。 
もうこれ以上元義姉たちにはかかわって欲しくないし 
何より次兄夫婦には彼らに煩わされずに幸せになって欲しいと思う。