俺とオヤジに血のつながりがない事を俺は知らないと両親が思ってた事。

結婚したい子が出来た、とオヤジに言ったら数日後「大事な話がある」と言われ家族会議になった。

今までにない、真剣な顔で

父「実は、俺と…俺と、お前は血のつながりがないんだ。。」


俺「…うん、知っ、、」

父「でもな!でも!父さんは、いつだってお前を本当のムスコと思ってきた!」

俺「いや、うん。だから、知っ、、」

父「お前は、俺のムスコだぁぁぁぁ!」

父、涙目。

母、号泣。

俺、呆然。


父「うん。わかるよ、いきなりこんな事言われたら。。混乱するよな…黙ってて悪かった。うん。父さんが悪かっ、、

俺「知ってるよね?俺」

父「うん、そうだよな、、、あ?」

俺「いや、だから俺。それ知ってるよ」

父「え?」

俺「え?」

嘘みたいだけど、本当の会話。

リアルで「え?」を言い合うとは思ってもみなかったw

オヤジは、母親と結婚する前うちの隣に住んでた。

3才くらいの時、母親に

「たーちゃん(オヤジ)が、パパになったらあっくん(俺)はどう?」

と聞かれたのを覚えてる。

俺は、確か「すごく嬉しい」みたいな事を言ったはず。

それを母親に言ったら、

「だって、、、あっくん小さかったし。絶対覚えてないと思って。。」

と泣かれた。

オヤジは、そっか。知ってたか。

知ってて一緒にいてくれたのか。

と泣いた。危うく俺も泣きそうになったw