私の友達と浮気した彼氏に7ヶ月かけて陰湿な仕返しをした話。

彼氏と浮気した友達(以下A子とする)は
中学の同級生で、私をずっと「不思議ちゃん」「天然」と言っていじっていた。
まあ遠まわしにバカにしてたってことなんだろうが
鈍い私は浮気の件が発覚するまでそのことすら気づいてなかった。


そういえば彼氏もやたら最近
「おまえは天然ww」「霊感あるってほんと?ww」とか言ってたなぁ…
あれはA子の影響だったか…
と色々納得がいったと同時に腹が立って
ねちねち地味に報復することにした。


ちょうど彼氏は引っ越したばかりだったんで
呼ばれても
「うん、ごめんね、今日はちょっと…」
「あなたの部屋かぁ…うーんごめん、外で会わない?」
と「あなたの部屋には入りたくない」ことを遠まわしにアピった。

10回の誘いに1回くらいの頻度で応じて
エッチに持ち込もうと彼が電気消すたびに
「ひっ!」とわざとらしい悲鳴をあげて
「ごめん、やっぱり無理、この部屋じゃ無理。ほんとごめんね」
と言ってそそくさと帰るようにした。
ほんとはもう彼氏に触られるのも嫌なだけだったんだけど。

もちろん私には霊感なんかない。


A子は「うさぎは私のラッキーアイテム」と周囲全員にアピって
うさぎアイテムで身を固めてた子だったので
夜道で彼とばったり会ったとき、目を細めて
「なんか、耳の長い…変な影が見えるよ?彼くん、へんな場所に行った?」
「それはたぶん、良くないものだと思うよ。そういえば彼くんの家で…あっ(顔をそむける)」
などという小芝居もした。

途中で、同じくかつてA子に彼を寝取られたB子と
A子に浮気された捨てられたC男も面白がって仲間にくわわり
三人で「最近、彼くん痩せたんじゃない?顔がげっそりしてる」
「あのアパートに引っ越したの?うわぁ…先に相談してくれればよかったのに」
「なんか女難の相が出てるよ」
と彼に会うたび心配するふりして、よってたかって色々言いまくった。
その頃には私は
「彼くんの部屋に行くと具合が悪くなる」
と匂わせて、呼び出されても行かないようになっていた。

彼は貯金もないし、そう簡単に再度引っ越しというわけにはいかないことはわかっていた。

6ヶ月目、彼がついに
「はっきり言ってくれよ!なにが見えるんだよ、おれん家にはなにがあるんだよ!」
と私のアパート前で騒いだので、警察を呼んだ。
彼は警察に「おれは彼氏だ」って主張していた。
私は知ってる人だとも知らない人だとも言わずただ「怖い」と言って震えていた。
警官さんが優しく
「あとでまた来ます。今晩はもういいですよ」
って言ってくれたから、お礼言って部屋に入って寝た。彼氏は連れていかれた。

翌月、ほんとに10キロ近く痩せてしまった(ように見えた)彼に
「ごめんなさい。もう別れたい…理由はわかるよね?」
って言った。
彼氏はぼろぼろ泣くだけで一言も反論しなかった。
私はA子のことを言ったつもりだったんだが、彼氏はそう受け止めてなかっただろうな。




A子は短大卒業後、玉の輿に乗りかけたらしい。
相手の親が素行調査だか身辺調査だかいうのをしたようだ。
私のとこにも来たけど、もちろん正直に答えた。
B子も包み隠さず調査に協力したと言っていた。
どうやら同性の友達からズタボロの証言しか集まらなくて、結局破談になったみたい。

でもこれはべつに意図した仕返しではないし
A子の自業自得ではないかと思う。