2か月前くらいの修羅場。見ただけなんですが。
私…大学4年、腐女子、フツーの人間
A子…大学4年、腐女子、150cmもない小柄な黒髪な子、A男の彼女
A男…大学4年、180㎝くらいの黒髪メガネ君、結構イケメンで評判がいい
B美…大学4年、腐女子、ちょっと身長高めで天然
C子…大学1年、身長はあるがちょっとぽっちゃりめのおとなしい子
みんなひとり暮らしです。

A子とA男は大学1年からずっと付き合っている。同じ学科内ではみんな知ってるくらい
A子はA男の実家にも遊びに行っていて、本当に仲がよかった。
A男は車もあって、私もたまに乗せてもらった。
A子の友達である私たちから見ても、うらやましい彼氏だった。


9月に私が某戦国ゲームを購入し、私、A子、B美でプレイしていた。
私の部屋にしかwiiがないので9月ごろは学校が終わってから2日に1回は私のアパートに集まっていた。
いつものように、お菓子と薄い本を広げ、腐女子トークをしたりしながら3人でダラダラ過ごしていた。
すると、アパート部屋のチャイムが鳴った。
私が出ると、立ってたのはA男。A男もちょっとビックリしたような顔をしてた。
私だって、部屋なんて教えてなかったし、急だったので凄くビックリした。

A男「あ、すいません…」
私「あ、A男君。A子?」
声で気づいたのか、A子が奥から顔を出した。
A子「うん?どーしたん?」
A男「あーごめん。」
A子「ごめんね。ちょっと話してくる。」
とA子はA男と話すために外に出ていった。
私とB美は「うはwwびびったwww」とか「どーしたんだろうね」と言いながら、またダラダラしていた。
しばらくすると、外からA子の鳴き声が。
始めは「2人のことだから口出さないでおこう。」と私たちは動かなかったが、A子の怒る声もしていたので外に出た。

外には困った顔をしたA男と泣きじゃくるA子が。
とりあえず、理由を聞こうとしたがなんか複雑そう。
急いで私の部屋を片づけ、2人を部屋にあげた。
A男は遠慮していたが、せめてA子が泣き止むまで一緒にいてやってくれと頼んで部屋に入ってもらった。
とりあえず話を聞くと、どうやらA男は最近A子が夜遅くまで出かけるので浮気を疑ったらしい。
で、突入したら私の部屋。
A男は安心したが、ちゃんと友達の部屋に行くと言ったのに信じなかったのかと怒ったA子。
そして、その後
「私はあなたみたいに3次元に浮気しないの!」
と発言。私もB美もポカーン。焦るA男。


話を聞くと、A男は浮気をしていたらしい。現在進行形で。
A子いわく、
・今まで同居状態だったのに、最近自分のアパートで過ごすように言われ、おかしいと思っていた。
・久しぶりに彼の部屋に行くと、コンタクトの使い捨てとか髪止めゴムが落ちている。
・聞いても○○(A男の親友)のだとしか言わない。
・ゴムが減っている。聞くと友達にあげたと言われる
・というか、浮気相手を知っている
ということだった。今までそんな話を聞いてなかったのでビックリした。
なんで浮気されてると気づいていて何も行動しなかったのかと聞いたら、
・2人で歩いているところを見たが100%浮気という確信がなかった。
・彼の部屋にあった女の子用品だって、C子の物とは限らなかったし。
・今まで3年以上も付き合ってたから、たまには他の子と遊びたいのかもと彼を信じ目をつむっていた
だそうだ。でも、自分も浮気をうたがわれて目覚めたそう。
確かに最近は夜遅くまで遊んでたからなぁ…と反省する私。
で、私が浮気相手って誰なの?と聞いたら、私のサークルの後輩C子だった。
あきれる私。B美は途中で寝た。
気まずそうなA男。泣くA子。


男に「まだA子のこと好きなの?」と聞いたら「もちろん」と発言。
私はC子のアドレスを知っていたので、聞いていいかと聞いたら焦るA男。
でも、C子が浮気相手って気づいていなかったら可哀そうだと思い、電話してみる。
C子「はい、もしもしー」
私「あ、私だけど今いい?」
C子「大丈夫ですよー」
私が今起こったことを話す。そして、
私「知ってた?」
C子「知ってましたよ」
と。もうビックリ。話を聞くと、
・C子には地元に彼氏がいる
・お互い、浮気相手として割り切っている
・週4は会っている
だそうだ。
なんかもうわけ分かんなくて、とりあえずまたかけ直すと電話を切り、A子とA男に話た内容を話す。
A子は「もう別れれる。帰って。」というが、「帰るけど、あとでちゃんと話し合おう。」というA男。
「もう連絡しないで。」「俺はまだA子が一番なんだよ!」の繰り返し。
でも、「私ちゃんのの部屋で失礼だから今日はもう帰る。また連絡する。」
と帰るA男。
その後、泣きじゃくるA子。やっと起きるB美。
B美が話が分かっていないので、ちゃんと話す。その頃にはA子も落ち着いていた。


A子は2人に迷惑かけたと帰ろうとしたが、今日は朝までいていいよと2人で慰めた。
ちゃんと話を聞いたら
・A男は外ではいい顔をするが、家の中では自分の趣味ばかりで片づけもしない
・お金を貸している
・A子の家がちょっと資産家だからって、自分のお金がなくなるとすぐA子に頼る
らしい。B美はA男の部屋に行ったことがあるので、話を聞くと高そうな家具がたくさんあるらしい。
それらはほとんどA子が出していた(お金を貸した)そうだ。
すごくいい人だったのに、A男のイメージがガタ落ちした。
そしてC子に電話する私。今あったことや話を説明する。
C子がA子と話したいと言い、A子も了承したので代わる。
どうやらC子が謝ったらしい。A子もごめんねと言っていた。
その後、A男からメールや着信があったらしいが、A子は
「あなたの部屋の私の私物は捨てていいからもう連絡しないでください。」
と連絡し、着信拒否。
その後、合い鍵で部屋に入られたり、学校で待ち伏せに合ったらしいが拒否しまくったA子。
でやっと最近になって縁を切れたらしい。お金は5万ほど貸していたが、人生の勉強代だと言っていた。
後日、サークル後にC子と話をしたんだが、「私とA男先輩が付き合っていることは秘密にしてください。」と言われた。
C子はA男先輩は車があるし、ごはんも奢ってくれるし、遊び相手にはいいそうだ。
まわりには地元に彼氏がいると言ってあるので二股してると思われたくないと。
その後、私とC子は普通の先輩後輩として接している。

今ではA子は落ち着いて、立派な腐女子になりました。
昨日も隣で「いえやすくぅぅぅん!!」と叫んでおりました。
自分自身、彼氏とかいなかったのですごく冷や冷やした修羅場でした。 



後日談ですが、A男は留年したらしい。単位が足りなかったそうだ。
やはりA子も3年半付き合ってたので少し未練があったいでしたが、来年A子は進学で地元に戻るのでそれで遠距離するより、別れてよかったと言っています。
3年半付き合ってスッパリ切れるA子はすごいと思いました。