大学3年の時、ゼミで勉強会があった時に私の発表前に祖父が危篤という連絡が携帯にあった 
地方なので間に合うはずもなく、祖父は昏睡状態になる前に 
「しっかり勉強しろ」 
と言っていたらしく、とにかく発表が終わったら急いで帰ることにした 
ところがその発表が同席していた院生の質問攻めに合い、それに答えつつも早く帰りたくて半分泣いていた 
やっと発表も終わり急いで帰ろうと思っていたら、院生が私が泣いているのは自分のせいだ、と思い謝り始めた 
こっちはそんなことどうでもよく、泣きながら 
「うるさい!!」 
とその場を後にした 



葬式には参加出来、何とか落ち着いたので大学に戻ると、とんでもない噂が立っていた 
私が妊娠し相手は勉強会で突っ込んだ院生 
認知してくれないことに私が涙し、院生が必死になって弁解 
それに私が反発して泣きながら走り去った 

もちろん嘘だが、問題はこの話が教授たちにまで広まったこと 
おかげで院生は教授会議にかけられ、遂には学部内の教授全員の取り調べを受けたらしい 

その院生のせいで、東京駅で1時間半、地元に止まる新幹線を待つ羽目に遭い、しかも後少し早ければ・・だった私は「もっとひどい目に遭わせたい!!」と怨みに思った 
だが、友人から院生が事情を知ってものすごく苦しんでいたことを聞き、その話は嘘だと証言し彼は無事お解き放ちとなった 

ちなみに後にその院生は自責の念から病気になり長期入院をすることとなった