N子とは中学時代からの親友でした。

彼女の娘さんが発達障害らしく、彼女も半分ノイローゼみたいになっていました。

私はいつも彼女の愚痴を聞き、励ましていました。

彼女のご主人は我が子の障害を認められないみたいで療育も行かず、学校も普通級にごり押しで彼女によると、娘さんは二次障害も引き起こしている様子でした。

そんなある日、私が思いがけず高齢妊娠→男児出産となりました。

お見舞いに来たN子は開口一番

「良かったー!これで娘の将来は安泰だわー。」

彼女の脳内では、息子はもう既に娘さんの婚約者になっています。

娘さんは現在10歳、息子は生後3ヶ月・・・・・・。

毎日電話してきては、近い将来一緒に住まないかとか娘を預かって欲しいとか・・・・、彼女が狂ったとしか思えない状況になった。

そして思いあまって

「息子の結婚は息子が決めるもの。親は一切干渉しない。娘ちゃんとの婚約なんて息子の意志が定まらない状況では有り得ないよ」

と告げると、電話の向こう側で凄い絶叫というか雄叫びを上げてた。

今日だけで30分おきの電話を一切無視していたけど長文メールが2時間おきに溜まっていく。

こっちは久しぶりの育児に目が回りそうなのにやってられない。