中学生だった頃家で英語の勉強をしていた。

当時の高校入試には、英語のヒアリングテストがあってそのためにヘッドフォンをつけて、テキストのカセットテープwを聞いていた。

結構集中して3時間ほど、勉強していたんだけど目の端に赤い光が入ってきて、窓の外を見るとパトカーが沢山と救急車が3台来ていた。

よくわからないが、

「自◯したいけど、自分では死ねないので人を頃して死刑になりたかった」

男が夜の住宅街の路上で

「誰か助けてくださーい!!」

と叫び助けようと、出てきた人を刺したらしかった。

理由は

「誰かを助けようとする優しい人たちなら、自分の気持ちを分かってくれるはず」

とか斜め上だった。

実際、世話好きで親切なお向かいの奥さんが背中を刺され奥さんの悲鳴を聞いて飛び出した家族も軽傷を負った。

死人は出なかったが、結構な怪我人が出た。

ヘッドフォンをして、ヒアリングに集中していたため男の狂言悲鳴も、騒ぎもパトカーのサイレンすら聞こえなかった。

当時両親は留守で、近所の住人から職場に電話を貰い騒ぎを知り自宅に電話するも、俺はその電話にも気がつかず、当然出ない涙でぐしょぐしょになって帰ってきた両親の心中が修羅場。

もし、悲鳴が聞こえていたら、俺も外に出ていたろうと思うと俺も修羅場。

特に小さい頃から

「困っている人がいたら助けなさい」

「見て見ぬ振りはするな」

と教えた父の心中は大修羅場だったらしい。

もう25年前の修羅場。

あれ以上の修羅場はまだないな 。