ある日、外出先の道端で、「もしかしたら○○じゃない?」と、旧姓で呼びかけられた。 
見ると、気持ちの悪い顔の太った女がニヤニヤ笑っていた。 

全く見覚えがなく呆然としていたら、「あたし、A子だよ。覚えてない?」と言われた。 
A子は高校の時の同級生で、当時はスタイル抜群の美少女だった。 
これがあのA子?と唖然としてたら、「懐かしいな、どこかでお茶していかない?」と言われた。 
A子とはあまり親しくなかったけど、まぁいいかと思って、近くにあったドトールに入った。 
最初はとりとめもない思い出話をしていたが、やがてA子は真顔になって 
「あんた、K子と仲良かったよね。あの人の連絡先知らない?」と聞いてきた。

K子も元同級生で、学生時代、A子はK子のことを執拗に馬鹿にして虐めていた。 
巧妙なイジメだったので学校で問題になることはなく、 
なぜか先生たちの間ではA子は人気者扱い、 
虐められてるK子の方に問題があるような扱いだった。 

A子は今、イジメを後悔して、K子に謝りたいのだという。 
でも、卒業後K子はすぐ引っ越してしまい、同窓会名簿でも転居先不明になってる。 
元同級生に聞いて回ったが、だれも行方を知らないと言う。 
「○○(私)にも聞きたいと思ってたんだよ~。でもあんたの電話番号も分らなくてさ。 
今日会えたのは天の助け。ね、K子のこと知ってるでしょ、教えて」と懇願された。 
ちなみに、私も結構虐められていたけど、私への謝罪は一切なかったw

私が、「あの頃のことを謝りたいという心掛けは立派だけど、なんでそんなに焦ってるの?」 
と聞くと、A子はなんだかぐちゃぐちゃ言い出した。 
よくわからなかったけど、まとめるとこんな話だった。 

卒業間近のころ、K子が変なお札みたいなの持ってきて 
「A子が一生幸せになれない呪いをかけてやった」って言った。 
A子は当然馬鹿にして、取り巻きたちと笑ったんだけど、K子は大マジで 
「私は命をかけて呪った。A子の運は吸い取られて、これから何もうまくいかない」と言っていたらしい。 
そんなことはすっかり忘れていたが、A子はここ数年いろいろなことがうまくいかず、 
病気にもなってしまった。今は本当に行き詰っているとのこと。 
先日、霊能者に視てもらったら「呪われている」と言われ、K子のことを思い出した。 
K子に謝って呪いを解いてもらいたいと思い、同級生に聞いてみたが、だれも連絡先を知らない。 
それどころか、K子が死んだという噂もあって、怖くなっている…

私は、「ごめん、K子の連絡先は、私も知らないんだ…」と答えるしかなかった。 
でも、ちょっと思い出して付け加えた。 
「そういえばK子の家って、どこかの有名な神社の神官の家系だったはず。 
あの子霊感も強かったし、本物の呪いを掛けることは、できたんじゃないかな。 
まして、もしK子が死んでて、言葉通り命がけで呪ってたとしたら… ちょっとヤバいかもね」 
A子は青ざめて、どうしよう、どうしようと言いながら帰って行った。 

ちなみに私は、K子の連絡先を知っている。 
その夜、さっそくK子に電話して、このことを教えてあげた。 
「あー そういえば高校の時、そんなこと言ったわぁ! 
あのお札? 「ムー」の特集見て書いたんだよ~。 
今で言うところの、厨二病ってやつ? うわ恥ずかし~」と悶絶していた。 
子育てと仕事に忙しいK子は、A子のことなどすっかり忘れていた。