高校の時の友達が勘違い男だった。
つい最近同窓会があるってお知らせがあって、
地元離れてた私も久々にみんなに会うため&彼男(同級生)との婚約報告のため2人で行きました。

当時仲よかった子達もたくさんいて、和やかムードで同窓会は進んでいき、いいタイミングで彼男との婚約報告。みんな「やっとかよwおせーよw」なんて言いつつ祝福してくれました。
そしたら突然勘違い男(勘助)がドラマみたいに机をバンッ!って叩いて立ち上がって
彼男の胸ぐら掴んだ。みんな驚きつつも勘助を引き離して勘助に話を聞いてみた。

以下私と勘助の会話。

勘:俺は高校の時から私子が好きだった!お前も俺を好きだったのは知ってる!
だから他の男と結婚なんて許さない!

私:勘助に許してもらわなくても結婚するから。てか、勘助好きだったことなんて全くないわ。

勘:うるさい!俺の純粋な気持ちを踏みにじる権利は誰にもない!とりあえず番号とアド教えろ!

私:あたしの気持ちは無視ですかwあんたには死んでも番号もアドも教えません。

勘:別に私子が教えなくても、勝手に調べてやる!俺には出来る!
みたいな会話が無限リピートで繰り返され、さすがに怖くなって私半泣き。

すると見た目喪っぽいけど、とにかく友達思いで優しいA子が
スッと勘助の前にやってきてこんな事を言ってくれた。
以下A子と勘助の会話。

A:勘くん、私高校の時からあなたが好きだったの。付き合って?

勘:は?なんでてめーみたいなのと付き合わなきゃなんないんだよw

A:あなたの意思なんて興味ないの。私があなたを好きなんだから。
あなたにこの思いを踏みにじる権利はないわ。そんな事よりあなたの番号教えてよ。

勘:何言ってんの?てめーみたいなキモ女に教えるやつなんているかバーカw

A:じゃあいいわ。いろんな手を使って調べるから。私そういうの得意なの。

勘:なんだよ!キモいんだよ!てめーみたいなのはストーカーで捕まれよ!タヒね!

A:はい、それ!キモいでしょ?!ウザいでしょ?!タヒねよって心から思うでしょ?!
それが今の私子ちゃんの気持ちです!わかりましたか?!

周りのみんながA子の言葉に思わず拍手。私はA子がかっこよすぎて号泣でした。
勘助は気まずくなったみたいでそそくさと帰って行きました。

その後同窓会は無事に終わり。私と彼男が、また改めてお礼をするねと言うと、
「私仕事で海外行っちゃうから2人の結婚式に出られそうにないの。だからお礼するぐらいなら
それで何か美味しいものでも食べて。お幸せにね。」と言ってくれました。

とても素敵な友人がいてホントに幸せです。