娘一人のうちもさんざん言われたなあ>産み分け

「悪気がなくてつい」男の子産むように頑張れと私にばかり繰り返すトメ。
夫が居ないときや電話で繰り返し夫経由で苦情を言っても「ごめんね、悪気(ry」と
自己弁護の謝罪をするだけなので悪気はアリアリだと勝手に認定してDQN返し決定 

正月に手ぶらで挨拶に来て夫が外出した時を狙って「男の子を~」と言い出したので
ものすっごい真顔で「え?何言ってるんですか?それは(夫)くんに言わないと」と返す。

反撃に出られると思ってなかったのか「え?な、何言ってるの?」みたいなトメを座らせて
「いいですか?男か女か決めるのは男性の遺伝子で~」と淡々と理屈を説明してやったら
「そういう事じゃなくて、私は嫁の心構えをね…」とか更にわけわからん事言い出したので
どうしようもなく馬鹿な人を見るような哀れみの視線で見ながら娘のつみきを並べて
「いいですか?お義母さん…これが男の遺伝子とするでしょ?」と懇切丁寧に説明。
何を言おうが立ち上がるのも阻止して同じ説明を優し~く繰り返す。

娘がお昼寝から起きて来たので娘を膝に乗せ、男女を積み木の柄に言い換えて(動物柄付だった)
「うさぎさんの積み木をねこさんの積み木に変えてってばぁばが言うの。
○○ちゃん、どうすればいいかなあ?」
「えーできるわけないよー!」
「そうよねぇ。ママもわかんないのよ。
ねこさんで遊びたかったらねこさんの積み木出して来れば良いのにねえ…」と
わざ~とらしく繰り返して「子供ですらわかるのに…」の哀れみ視線。

相当応えたみたいでそれ以来言わなくなりましたw 

優しいのは口調だけで半泣きになっても止めなったんですよw
視線はもう「ゴミ虫を見るかのような」視線を心がけましたし
自分が嫌だった事を思い切り繰り返してやったのと子供も使ったので
自分的にDQNな仕返しでした。

娘に「ばぁば馬鹿ね~」と言われ「お義母さん呆けてきてない?心配だわ」という
私の悪気ない忠告によってコトメ(同居)からも哀れみの目で見られるようになったトメ。
かわいそうだからまたやさしくしてやろうかなw