子供が産まれたとき、良トメとクソウトがお見舞いに来てくれたときのこと 

初産にもかかわらずだいぶ大きな男の子だったこともあり 
良トメは「お疲れ様、大変だったでしょう」と言ってくれたんだけど 
クソウトは偉そうにふんぞり返って 
「これで役目は果たしたな、でなきゃ結婚を許した意味がない」と 
ニヤニヤしながら言ってきた(注:できちゃった婚ではない) 

普段ならハイハイで流せるんだけど、 
出産でバタバタしてて疲れてたのと元々こういう古臭い発言を繰り返すウトの性根が嫌いだったのが一緒になって、 
つい(本当につい)「そうですね、ウトさんと旦那は流れてる血が違いますからね」と言ってしまった 

実はウトとトメさんは再婚、旦那はトメさんの連れ子で 
ウトとは全く血がつながってないのを 
旦那が結婚前に教えてくれてたんだよ…(ウトは知らないと思ってたようだけど) 
ウトとトメさんはまだ子供が作れる年齢で結婚したにも関わらず 
ずっと子供が出来なかったのも知ってるんだよ… 
トメさんが旦那を産んでる事実からトメさん側に何らかの問題が 
あったわけではないのも知ってるんだよ…

ハッとした時には既に遅くウトの顔は真っ赤で明らかに怒り顔 
トメさんは「そうよねえ」と頷いて納得顔 
ウトは真っ赤な顔でトメさんに「帰るぞ!」と叫ぶように言った…が、 
トメさんは「嫌ですよ、まだ○○(私)にありがとうって言ってないんですから」とピシャリ 
結構言いたいことははっきり言うんだよねトメさん…こんな時まで… 

それからトメさんは「これからあの人がうるさいと思うけど、 
危害を加えるような真似はさせないからね。 
あの子に家族を増やしてくれてありがとうね」と 
こっそり小声で言ってくれた 
早くに前夫を亡くされて、旦那を一人っ子な上実の父親はいないわ 
再婚しても夫婦で働き詰めだわで寂しい思いをさせてしまったと 
ずっと気に病んでたらしく結婚の報告をしたときも泣いて喜んでくれた 
そんなトメさんの言葉にホロリと来て泣いてしまってたら 
えらいタイミングで旦那が現れてトメさんが寄り添った状態で泣いてる私に気づくや否や 
「よ、嫁いびり!?母さん嫁泣かして何やってんの!?」と一人で慌てたのは 
今でも笑い話として語られている 
ウトはトメさんが監視してるから孫には遠巻きに眺めるしか許されてない 
旦那は最初から私とトメさんの味方なので 
ウトに背を向けてデレデレになって息子を可愛がっているw 
長くなっちゃったので読みにくかったらすみません