真夏のイベントとして夜にホラー映画を家族で見た 
その影響か、顔が半分無くなった妖怪に追いかけられる夢を見て 
走って逃げるんだけどついに追いつかれてその妖怪に腕を掴まれて 
噛みつかれるとリアルに両腕に痛みが… 

実際は両隣で寝ていた双子の妹たちが「ドーナッツ食べる夢を見た」と 
私のうでに思い切り噛みつきやがった 
何が修羅場って夏だから窓を開けて寝ていたんだけど 
夜中に私の叫び声と妹たちの「ごめんなさい」と 
泣きながら謝る声が近所の方数人に聞かれていたこと 
両親も顔を真っ青にして「どうした!?」と部屋にやってくるし 
(その時父は包丁を片手にやって来た) 
気を利かせてくれた近所の方が警察を呼んでくれていたらしく 
警察の方が来ると父を見て「ちょっといいですか?」と父を連れて行こうとするし、てんやわんやだった