義実家から、子供を実家に預けられたら預けて夫婦だけで来て欲しい、と連絡があった。 
深刻そうな雰囲気だし、ちょうど姉の子供達も実家に泊まる日だったので従兄弟同士で遊ぶのも良いかな、と実家に子供を預け、夫婦で義実家に行った。 

義弟夫婦と、いつもは実家に近寄らない独身の義妹も来ていて、予想以上に深刻な空気だった。 
義母から「この年だけど離婚しようと思う」と切り出された時は「やっぱり、そういう話か」と思った。 


義弟や夫は理由を問いつめたが、義母は言葉を濁し「もう決めたから」と言うだけ。 
ずっと黙っていた義妹が「お父さんと叔母さんの事が原因?」とポツリと言った。 
義父は「お前、知っていたのか」と驚いていた。

この後の事は驚きすぎて良く覚えて無いが
・義父と叔母(義父の実妹)はずっと肉体関係があった。
・シングルマザーの叔母の子(夫の従兄弟)は義父の子。だから本当は異母兄弟で従兄弟でもある。
・だから従兄弟の学費や、叔母親子の生活費は義父が出していた。
・可愛い我が子である従兄弟にだけ、義父の名前の漢字が入った名前を付けた。
・義父が本当に愛しているのは叔母。義母は叔母と容姿が似ていたから身代わりだった。
・義母との三人の子より、従兄弟の方が可愛い。
・義父と夫達兄妹とは血が半分しか繋がってないが、従兄弟はもっと血が濃い。
目玉どころか魂が飛び出そうな義父の発言で、義弟嫁は吐くし、義弟はひたすら唸るし
夫は何故か前後にゆっくり揺れ続けるし、義母は泣き崩れるし・・・・・
義妹だけが冷静でした。何故彼女だけ知っていたのか・・・・ 

「高校の時、叔母さんから勝ち誇ったように言われた。 
でもその時は(あんまりな内容に)叔母さんの妄想かも知れないと半信半疑だった。 
その後、お父さんと叔母さんのセ●クス現場を見て、一時期病んだ。 
あれは叔母さんがわざと見せたんだと思う。とにかくお兄ちゃん達やお母さんには秘密にしないといけないと思った。 
お父さんの顔も見るのも嫌になって、高校を出てすぐに実家を出た。」 
義妹は、はっきり言わなかったが結婚しないのも、その時のトラウマが原因みたい。 

義父が義妹に「お前、従兄弟と結婚するか?従兄弟はしても良いって言ってるぞ」 
と奇知発言して、義母が机をひっくり返すわ、夫が義父に殴りかかるわ、義弟嫁が義父にテレビのリモコン投げつけるわで更に修羅場でした。いまだに悪夢じゃないかと思う。 

結局義父と義母は離婚して、義父は叔母親子と住んでいる。 
夫達は当然義父と縁を切っている。 
夫とは何となく、この話をしないようにしている。