冷めた瞬間というより、向こうが冷めてしまった瞬間かも。 

付き合ってしばらくしてお互いの家の話になった。 
向こうは割と名家のおぼっちゃん育ちで、とても大事に育てられたらしい。 
私は簡単に言うと父親からのDVとネグレクトがそこそこあった家庭だった。 
それを言ったら相手から 
「そんな彼女いらない」 
と言われてしまった。 

結局それでお互い冷めて別れたけど、別れた理由を母親に聞かれて答えたら 
「あんなひどい家庭じゃ関わりたくないと思われても仕方ない」 
と泣かれてしまった。お母さんに正直に話すべきではなかった…。 

自分の育った環境について理解を求めようとは思ってなかったけど、これからは 
「育った環境がおかしいってわかっていれば大丈夫。二人で頑張ろう」 
とか言ってくれる人じゃないと厳しいなーとは思った。