なんていうか、重すぎた。 
全体重でのしかかってくるような気分になる付き合いだった。 

「○子の好きな物でいいよ。俺はなんでもいいよ」 
「俺は特に希望はないから○子の好きにしていいよ」 
「○子がしたいようにしてくれればいいよ」 
「俺は特に予定とかないから、○子のために空けてるし、予定は聞かなくていいよ」 
「○子が誘ってくれない休日はやることないし、家でぼーっとしてる」 

でも出掛けよう、と言えば「どこでもいいよ」で自分の意見は言わない。 
なんでもいいよ、決めていいよ、俺はその通りにするのが幸せだから 
気にしないでいいよ、みたいな。 


なんていうか、自分の希望とか、他にすることないの?っていうか 
俺の人生全部彼女に捧げます、でも決めるのは君ね。よろしく、みたいで 
ずっしり重くなってきた。 
あまりにもねっとりずっしり重すぎて、別れ話なんかしたら 
死ぬとか言い出さないだろうか…ってビクビクしながら付き合ってた。 

でもやっぱり耐え切れなくなって別れ話をした。 
「あ、そう…。じゃあいいよ」で終わったwwwww 
だったらもっと早く言ってればよかったよ!時間返せ! 
最後までうっとおしい奴だった。