衝撃修羅場体験まとめ


数年前、6年生だった時の修羅場。

その日は私の誕生日だった。

両親は飲食店経営してて、あんまり裕福ではなかったから、誕生日とクリスマスは高価な物を買ってもらえる日だった。

その日も朝からワクワクして、店の裏にある小部屋で、4歳下の妹と待機してた。

祖母もお祝いに来てくれて、三人で静かに本を読んだりゲームしたりしてたんだけど、突然。

妹がひきつけを起こした。 【私の誕生日に妹が】の続きを読む


数年前の話しをふと思い出したので、書いてみます。

私は、自宅の一室でお小遣い稼ぎ程度に仕事をしてる現役のお針子。

近所の仲良し4家族を招き、ホームパーティーをした時の話し。

皆が帰った後で、2階のベランダに干してあった娘の洋服が3着なくなっている事に気がつく。

一瞬訳がわからなかったけど、居空きにやられたんだと思った。

夫と貴重品等を確認するも、被害なし。
【ロリコン変態野郎】の続きを読む

3泊の予定が取引先の不幸で急きょ戻ることに。

家電かけるも妻が出ないんで(妻は屋年前のその頃携帯なかった)お土産持って帰宅。

妻が飯作ってる最中で、どうも慌ててたけど特に何も思わなかった。

で、いつものようにリビングで着替えてスーツを妻が片づけてる間に飯を見て違和感。

なんで2人分あるんだろ? 【帰宅すると知らない男がベッドに寝ていた】の続きを読む

お金お話ははしたないかも知れないけど、ちょっと愚痴らせて。

しかも長いです。すみません。

10数年前に義父が脳溢血で一命を取り留めたものの半身が麻痺してしまった。

義母はそれ以前に亡くなっており、一人暮らしの義父だった。

夫は次男で同じ市内に住んでいる。

長男は転勤族で、当時は飛行機の距離に住んでいた。

我が家は小梨、長男家は当時小学生が2人いた。

で、義兄夫婦と私たち夫婦の4人で今後の話し合いがあった。 【義兄嫁のイヤミ】の続きを読む

『異世界に行く方法』 があるという。
文章書くの下手だからご要所をw

さて、前提として俺の親父は俺が生まれた瞬間に借金だけ残して遁走したと母親から聞いている。

本編として
俺が小学2年の頃に母親が今の父親と再婚。

それまで父親がどんなものかも知らずギクシャクしたまま過ごして俺が中学にあがる頃までは特に何もなく過ごす。
【母が宗教にはまった】の続きを読む

祖父の葬式のときに起きた一連の修羅場。

祖父祖母が父方、母方と出てくるけど、特に注釈ない場合は母方と思ってほしい。

一応登場人物としては

俺(当時中学生)
兄(当時中学生)

母(長女)
父方の祖父母
母方の祖父母
叔母(次女)

俺が中学生のときに母方の祖父がなくなった。
【母はお婆ちゃんの子じゃない】の続きを読む

昔、冬コミの前日にわくわくしながら床に就いて、目が覚めたら知らない家にいて夏も終わりになってたことがある。

あれは心臓止まるくらい驚いた。

種明かしすると冬コミ終った次の日に車に撥ねられて、体はそれほど大したこと無かったんだけど、頭蓋骨割れるくらいの大怪我して、2ヶ月以上意識不明の重態になった。

その後一応意識戻ったんだけど、記憶も知能も低下してほとんど廃人状態だったらしい。
【目が覚めたら知らない家】の続きを読む

もうだいぶ前の話。
当時自分20代毒男、実家住まいで農家やってた。

ある日野菜泥棒捕まえた。
相手は近くに引っ越してきたおばはん。

量もたいしたことないし子持ちだし魔が指したってことで小一時間説教して通報はせずに解放。

一応こんなことがあったよと交番に相談だけはしておいた。
【野菜泥棒】の続きを読む

結婚二年目突入した頃、嫁から衝撃カミングアウトがあった。

大学の頃、俺の父親と二ヶ月ぐらい不倫してたそうだ。

脳みそが信じるのを拒否った俺の第一声

「えドッキリ?」

俺と嫁はもともと家が近い幼馴染みで子供の頃はよく遊んでたが思春期になると疎遠になり高校卒業すると俺は県外の大学へ。

その頃は互いのメールも携帯番号も知らず全くの他人状態。

昔から俺の親父に憧れてたらしい嫁はこの頃、親父に告白し不倫。

でも二ヶ月ほどで報われない関係が虚しくなって別れたそうだ。 【俺の親父と不倫していた嫁】の続きを読む

ファミレスでバイトしてた時の話。

その店舗は大学が近くで365日勉強部屋と化していた。

夏場に電気代節約の為にドリンクバーだけで24時間居座った人もいた。

空調温度は本社指示で決められた温度以下(夏なら冷房24度)にしてはいけないんだけど

「暑くて部屋出来ないからもっと下げて」

と言う人続出。 【ファミレスの迷惑客】の続きを読む

今住んでいるマンションに越してきて町内会と揉めた話。

3年ほど前になるんだけど、仕事の都合で今住んでいるマンションへ越してきた。

不燃物の回収について不動産屋からは

「すぐ近くのドラッグストアの前が回収場所なのでそこに出してください」

と説明を受けていた。

それからずっと不燃物はそこに出していたんだけど、去年の夏の終わりくらいになって急に不燃物を出す際に「町内会カード」と言うものを見せるように言われた。 【ゴミ仕分けおっさん】の続きを読む

まだ、携帯電話もポケベルも広まってなかった頃の話。

実家は間違われやすい電話番号のようで、いつも間違い電話がかかってきた。

酷いと

「お宅何番です?」

なんて聞く人も。

一番頭にくるのが、

「はい、もしもし、鈴木(仮)です」

と受け応えた瞬間、ガチャ切りする人。 【間違い電話で聞いた】の続きを読む

N子とは中学時代からの親友でした。

彼女の娘さんが発達障害らしく、彼女も半分ノイローゼみたいになっていました。

私はいつも彼女の愚痴を聞き、励ましていました。

彼女のご主人は我が子の障害を認められないみたいで療育も行かず、学校も普通級にごり押しで彼女によると、娘さんは二次障害も引き起こしている様子でした。

そんなある日、私が思いがけず高齢妊娠→男児出産となりました。
【友人娘と息子は婚約者】の続きを読む

姉が家族と血のつながりが無かった。

4歳上の姉は、未熟児で生まれて生後しばらくは保育器で過ごしていた。

でも今では元気で、結婚して子供も3人産んでママさんバレーを頑張っている。

姉は母親似で、母とに同じ眉の端に黒子がある。

私は完全に父親似で、こめかみに父と同じ位置につむじがある、おかげでどんなにスタイリングしても常に7:3になる。

のんびりした父と私と、せっかちでサバサバした母と姉で仲の良い家族だったと思う。 【姉は取り違えられた子】の続きを読む

近所の幼馴染が結婚することになって修羅場が起こった。

俺と幼馴染Aは幼稚園の頃からの付き合い。

Aの母がその当時忙しかったか何かで放課後Aはよくうちにいた。

幼馴染というか兄弟みたいなもん。

写真とかも二人でよく写ってる。

さすがに大人になってからはかかわりは少なくなったが、趣味も合うんでたまに遊んだりメールしたりしてた。

飲みにも行ってた。 【幼馴染の婚約者はローラ似】の続きを読む

大した修羅場じゃないかもだけど・・・長くてごめん。

24歳の時に、高校時代から付き合っていた彼氏と結婚話が出た。

私には2歳年上の姉がいるんだけど、この姉が当時まだ未婚だった。

田舎なので親や親戚から「順番は守りなさい」とか言われて結婚自体に反対はしないけど、もう少し待てって。

彼も就職してまだ2年ぐらいだったし、急ぐこともないかって言ってくれたけど当時姉は彼氏いない歴5年は経ってたと思う。

妹の私が言うのもなんだけど、姉は美人だしスタイルもいい。

出身大学も割といいところだし、勤務先もまぁまぁ。 【あんたが私の人生狂わした】の続きを読む

小学生の時に父の浮気相手に引き殺されそうになったことが最大の修羅場かな…

学校から帰宅途中、後ろから大きな音がして頭真っ白。
気がついたら病院のベットの上だった。

犯人は逃走したらしいけどすぐに捕まった。
20代後半の女性で父の取引先の事務員の人。

女性は当初、不注意でひいてしまった。怖くなって逃げてしまった。と言ってたが、ブレーキあとが無いのと私を狙って追突した目撃証言があったらしく、殺す目的でひいたことを認めた。
【引き殺されそうになった】の続きを読む

採血が原因で病院送りにされたことある。

数年前に転職して半年間大阪の本社で試用期間&教育訓練という形で暮らしてたことがあるんだけどその期間中の休みの日にとある25階にある献血ルームに行って献血したんだよ。

まぁタダで血液検査できるしって今までも地元とかで定期的に行ってたんだけどね。

献血前に採血があるんだけどさ、20代前半位の女性だったんだけどそれが下手糞だったんだよね。 【献血ルームで採血】の続きを読む

この前キチママと私の娘、相手の娘(キチ)とお買い物したときの話。

その時まではまだ普通で私もキチってことに全く気づかなかった。

だからこそ一緒におかいものしたんだけど。

うちの娘も相手の娘も園年長でちょっとませてきた頃合だったので近くのイ御ンに御出かけ。

途中までは普通だったんけど一緒に子供向けアクセサリー屋に入ったときに事はおきた。 【アクセサリーをたかるキチママ】の続きを読む

前の会社に勤めていた時の話です。

A先輩と私はあまり仲がよくありませんでした。

仲良くできない理由は、A先輩がやりたい仕事に後から入社した私が担当してA先輩に嫌われたというのがきっかけです。

趣味も違うしテンションも違うので、それが無くてもあまり親しくはならなかったタイプかもしれません。

しばらくして私は、A先輩と同期のBと婚約しました。 【先輩と先輩同僚の修羅場】の続きを読む

このページのトップヘ