衝撃修羅場体験まとめ


時間をかけた復讐とは違うけど。 
中2のころからDQNグループが色々ちょっかいを出してきた。成績表にいたずら書きとか、机の中にお色気本入れられる程度。分厚いダサいメガネ、友達が少ない、帰宅部、太り気味、とか色々要因はあったんだろう。それに従い、周りの奴からも無視され始めた。 
そんな中ただ一人、美術部のAだけ自分を普通に扱ってくれた。Aは成績は体育含めてほぼ5、部活で描いた絵は何かで入賞とかいうパーフェクトな奴だった。 
そいつだけがとにかく普通に接してくれた。親友って訳じゃないけど友達、みたいな距離でいてくれた。 
初めは漫画読みに図書室に行ってたけど、終いにはそいつとよく会う図書室隣の渡り廊下で週二回くらい一分もない会話をするためだけに通うようになった。
【もっと他にやり方あるだろっ!】の続きを読む

物心ついたときから従姉達とその母親に嫌みを言われてきた 
反論したり親や親戚に訴えようもんなら私が「冗談が通じない」「性格が悪い」「子供らしくない」と責められる 
からかわれた体型はダイエットで絞り、落ちると言われた大学よりいい大学に入り、友達も増やし…と自分なりに努力して嫌みは多少ましになった 
しかし傷ついたので復讐として従姉たちのホスト通いもジャニ狂いも腐女子趣味も無職(orフリーター)も大学中退も彼氏なしも非常識な振る舞いも全部肯定することにした 
【全部肯定することに】の続きを読む

俺が家建てた。ところが建てて半年もしない内に俺の母親(片親)が転がり込んできた。 
んで、嫁と姑のよくある小競り合い。始末の悪い事に子供まで出来た。 
嫁は事ある毎に俺に姑の文句を言ってくる。  【嫁姑問題勃発】の続きを読む

昔学校の企業実習で某ホテル厨房に実習に行った時にパートのクソババア2人に目を付けられ2週間さまざまな嫌がらせをされました。 
大体の事ならシカトして済ませますがとうとう最終日に「お前の親なんてどうせクソみたいな親なんだろ」と言われ復讐を決意 
他のシェフらも「どうせならガツンとやったれやwww」との事 【パートのクソババア2人】の続きを読む

2年くらい前の話 
姉のストーカーを俺と友4人でストーカーし返しました 
マッチョ5人にストーカーされるなんてめったにない経験にストーカーは泣いて喜んでました

姉がいわゆる「清純そうな小柄黒髪ロング」という外見なもんで変なのがよく来ます 
中身はバリバリの腐女子で格闘技いくつかの有段者なのですが、有段者だからこそ手出しができないわけで 
【姉のストーカーに】の続きを読む

今までウトメと一緒に出かけたことはなかったんだけど
子供ができてから、一緒に出かけたいと言い出したので
お盆に義実家地方のショッピングセンターに行くことにした。 

うちの車はチャイルドシートを装着したらあと1人しか乗れないので 
ウトメはトメ車で行って現地集合にしようとすると
「孫ちゃんと一緒がいい」とトメがごね出した。 
「私が抱いてるから大丈夫」と言うので断ると
「仕方ないから嫁子さんが抱いててもいい」と意味のわからん譲歩。
【チャイルドシートを外せ】の続きを読む

中学2年の時にサッカー部てレギュラーとったら先輩にボコられた。
まぁ態度もでかいし仕方ないとはおもったが、腕を折られたので俺も我慢の限界。

ふと、窓の無い石灰とかかましまってある外の用具室の存在を思い出す。
ドアノブの内側を壊して外し、金曜日の夕方に話があると先輩を呼び出し。
中に入った奴はそのまま出れず。

俺はそのまま部活に出て(見学だが)帰宅。
【先輩にボコられた】の続きを読む

学生の頃、大学内でも有名なDQNと同じ授業で、いつもうるさくされていた
この男、授業終了30分前に来て、持っているのはコーラのペットボトル1本
それを持って一番前の席に座り、後ろを向いてしゃかしゃか振り、噴き出させて喜んでいた
いい加減、無視するにも腹が立つし、先生が何も言わないので誰かが文句を言おうとした時、
おもむろに先生、一言

「僕は君が大好きだよ」

その言葉に全員「!?」となった 【可愛いなぁ】の続きを読む

子供の頃隣りに建っていた父親の実家を燃やした
毎日毎日家にやって来て母をいじめるばばあとおばさんが大嫌いだった
弟か妹ができたと聞いて楽しみにしていたのに
いつの間にかいなくなって母が毎日布団の中で泣き暮らすようになった
ばばあとおばさんはそれを毎日笑いに来た
その会話の中で赤ちゃんを殺したのはばばあとおばさんだったって分かった
【父親の実家を燃やした】の続きを読む

姑と旦那の姉はワンピースとかスカートジャケットなどの服を私に作らせる
作るのが好きだからそういう勉強をしたし、だから作る分には文句はない
だけど、生地代やボタン代、服を作るにはその他色々いるんだけど一回も払ったことがない
ありがとうもなくて作った服にどっかしらケチをつける
旦那に言っても作れる腕がある人が近くにいたらそりゃあ作ってもらいたいだろ
生地代くらいケチケチするなよと話にならない
礼がないことを言っても照れくさいんだよそういうのと適当なことばかり
せっかく作った服も適当にすぐ人にあげたりする
もういい加減うんざりしてた 
【作らせるくせに】の続きを読む

俺とE子は、お互い26歳。
付き合って5年、婚約して1年でそろそろ結婚という頃だった。
ある日、E子から唐突に別れたいと言われ、
理由の見当がつかなかった俺は訳を尋ねたが、俺の事が好きじゃなくなったとしか答えなかった。

もちろん、はいそうですか となるわけもなく、何度も話し合いをしたんだが、E子の気持ちは変わらず、向こうの両親にも状況を話し揉めに揉めたが、
最後まで両親の説得も効かず、結局E子が慰謝料を払う形で婚約解消する事になった。 【浮気相手自ら暴露】の続きを読む

図らずも復讐になってしまった話

15年前になるが職場の同僚にイジメられた
何となく虫が好かないのが理由だったらしいが、こちらの仕事を意図的に落として上司に報告してた
こちらから連絡しても「連絡がなかった」ととぼけられた
最終的に俺の発言を露骨に聞こえないふりまでした
小学生みたいなイジメだけど、上司の一人が俺のことを虫が好かない奴だと思っていて、
二人して俺を落としまくった
俺の直属の上司がかばってくれたけど、問題の糞上司の方が立ち場が上なので焼け石に水
3年間我慢したけど精神的に追い詰められて、休職して部署を左遷された
新しい部署は環境も良くて頑張って係長まで昇進したが、治療は今も続いていて薬を飲んでいても突発的に過去を思い出して体が動かなくなる 
【図らずも復讐】の続きを読む

お盆に義実家に行ったら
トメがトメ友と遊びに行くので、夕食を作ってくれと言われた。
帰宅して、いんげんの細切りと挽肉の炒め物を見たトメが

「お父さんはピーマンのほうが好きなのよね。今から作り直せとは言わないけど。
今日は食べるけど、次からは気をつけて」
と言ったらウトが
【ウトっていい人かも】の続きを読む

武勇伝っていうか未知との遭遇記録みたいだけどついさっきのこと
会社帰りに、線路に入って遊んでるガキ3人を発見
この時点でもう親と学校は何教えてんだって感じだが、
すぐに出るように怒鳴りつけても ガ ン 無 視
とにかくすぐに追い出そうと近づくと、線路の中を逃げ回る
手加減の必要なしと判断しリミッター解除
【電車なんか危なくない】の続きを読む

園から、私が子供に猫の餌を食べさせて虐待しているというタレコミがあったとかで呼び出された。

真相は、一人の時の昼ごはんどうしてる? という話を何人かでしてる時に私が、
一人の時は猫まんまで済ませてる と言ったのを近くで立ち聞きしてたママが、
勘違いして園に話したって事だったんだけど、
猫まんま→猫の餌と誤解されてるなんて思いつかなかったし、
こういったタレコミでは問題がある方の親が報告した人に逆恨みで報復する事もあるから、
通報者を明かさないで円を挟んでのやり取りだったし、、
こっちは猫の餌なんか食べさせてない、通報ママは間違いなく猫の餌食べさせてるって言ったって平行線で、もうすぐ夏休みで給食もなくなるから、本当なら早く改善させた方が…と焦る園側に連日呼び出されて参った。 【子供に猫の餌?】の続きを読む

不倫癖があった祖父は常に愛人がいた
だけど財布は祖母が握っていて愛人に貢げない
で、愛人が早く別れろ!としょっちゅう来てたみたい(結構稼いでたらしい) 

祖母は祖父に愛とかなかったけど、
小さい子供(私の母)がいたからATMがなくなるのは困る と、断固として別れなかった。
【不倫癖があった祖父】の続きを読む

私は母と仲がいいと思っている。母のことを名前で「○○(母の名前)ちゃん」と呼んだりしている。
勿論、家の中だけで外では母と呼ばせてもらっているが。
ある日、私が友人とSCに出かけてる時、偶然母に出くわした。

母が友人に「いつもお世話になってます、ありがとう。」と、言ってくれ、友人もこちらこそ、と返していた。
すると、後ろからよく分からない女の人が声をかけてきた。え?え?とか思っていると
「私もいつも○○(私の名前。会話の最中出てきていた。)ちゃんにお世話になってますー」と、ニコニコ。
【子供をアクセサリーに】の続きを読む

久しぶりに同窓会があり、窶れた元夫と会った。
愛情なんて1ミクロンも残っていなかったのでざまぁみろ。

元夫と私とは大学から恋人でそのまま私の父の会社に二人で就職。

父が私を溺愛していたので、元夫を婿養子にしたかったみたいだが、
義実家のものすごい反対により断念。
【ムチュコたんフィーバー】の続きを読む

私の実家は都心の一戸建てで古いけど結構大きい。
私が子供の頃に両親が頑張って新築した家で、
専業主婦の母がずっと頑管理していた。
母はなんというか程よい人で、本物の「専業主婦」。
だからその家も本当に住み易く、又立地の良さからも
兄家族や私家族、親戚ももちょいちょい遊びにきていた。
【母がいてこそ】の続きを読む

このページのトップヘ