衝撃修羅場体験まとめ


近所の幼馴染が結婚することになって修羅場が起こった。

俺と幼馴染Aは幼稚園の頃からの付き合い。

Aの母がその当時忙しかったか何かで放課後Aはよくうちにいた。

幼馴染というか兄弟みたいなもん。

写真とかも二人でよく写ってる。

さすがに大人になってからはかかわりは少なくなったが、趣味も合うんでたまに遊んだりメールしたりしてた。
【幼馴染の婚約者】の続きを読む

ABCと私の4人でランチに行く。

珍しくセコケチAが、ちょっとお高めのこじゃれたレストランに行こうと言い出した。

いつも安い所しか行こうとしないAの珍しい発言に一同驚き、

「珍しいじゃんwww」

とからかうと、

「私はケチなんじゃないよ!メリハリをつけたお金の使い方をしているだけ。出す時には、みんなが目を回すぐらいガツン!と出すよ^^v」

と鼻息が荒い。
【ランチ社割詐欺】の続きを読む

良コトメが結婚する事になったんだが、知らない間にお祝いの歌を弾き語りする事になってた。

何じゃそりゃあ!と慌ててコトメに事情を聞いたら、トメがニコニコしながら

「嫁はプロ並みに歌が上手い、もうお願いしておいたから」

と言ったと…

確かに私は合唱部出身で部活が全国大会に出たも事あるが、あいにくその時ステージには上がってないし

(オーディションに落ちたのでメンバーから外されている)
【結婚式で嫁イビリ】の続きを読む

GW前からのゴタゴタが一応片付いたので書かせてもらいます。

旦那の技能でやってクレクレからの傷害事件になってしまった話。

うちの旦那は包丁を研ぐのがプロ並みに上手い。

それを私のもやってクレクレされた。

きっかけは4月某日我が家でママ友数人を呼んでのお茶会。
【クレクレからの傷害】の続きを読む

母方の実家は江戸初期からある家で、大きな蔵がある。

全くもって金持ちではないんだが、古文書の類いは多い。

私はそういった古文書を取り扱う仕事をしている。

なので、ある日じっちゃんばっちゃんに呼ばれて養子縁組を持ちかけられた。

蔵の中の物丸っと相続して、好きなように調べて欲しいと。

その為には養子にはいるのが望ましいからと。
【鉄の心】の続きを読む

多分身バレはしないと思うんだけど、自分の若い頃の修羅場。

小学生でモアレ検査っていう、側湾症っていう勝手に背骨が曲がる病気にひっかかった。

再検査することになって、詳しく調べたら悪くって、医者に

「なるべく早く手術を」

ってすすめられたんだけど、そうしたら、親が

「背骨が曲がっても、自然のままで生きていけばいい」

って、手術しない方を選択した。 【手術してくれない両親】の続きを読む

30年以上前の働くお母さんはまだ少なかった時代。

母は同居祖母との折り合いが悪いこともあって働きに出ていた。

母親っ子だったので寂しかったし祖母は怖かったが母のためと我慢していた。

私が小学校五年くらいのとき、ダミ声の知らない女の人から電話がかかってきた。
【母が浮気してると電話】の続きを読む

元々は父・母・俺の三人家族だったんだが、俺が小5のとき母が浮気して両親離婚。

養育費のためだけに俺を引き取った母だったが、浮気相手(以下A)とその後結婚して弟妹二人が生まれる。

ちょうどその頃実父が事故死。

実父の親族は俺だけだったので、結構な保険とか土地家屋の相続があったらしい。 【母に殺されかけた】の続きを読む

子どもの頃は母親と二人で暮らしていて、いつしか知らないおじさんが時々家にやってくるようになり、知らない間に一緒に住むようになっていた。

毎日のように虐待されていたからそのうち自分は死んでしまうのだろうなと思っていた。

妹が出来てから特に自分だけ食事が出ないなど差別と虐待に拍車が掛かった。

母親から自分はそのおじさんの子どもでは無く誰の子か分からないと言われ、戸籍にも父親の名前が無かったから、それでずっと虐待されていたんだと妙に納得した。
【虐待されて育った】の続きを読む

先週おいしいと評判のつけ麺屋に行ったときに見た修羅場。

注文待ってるカップルが近くにいたんだが彼氏が一所懸命、彼女の機嫌を取ろうと色々話しかけている。

彼氏「オレ最近ワンピースはまっちゃって読んでるんだけどさ……(略)映画も見に行って(略)それで最後にさ(略)」

彼女「私ワンピースは読んでないって前に言ったよね?(冷たい声)」
【つけ麺屋で見たカップル】の続きを読む

上手にまとめられなくて無駄に長くてすいません。

義兄嫁から電話が来た。

「嫁子さんって、お着物持っていたかしら?」

どんなシチュの着物の話なのか分からなかったので、

「一応、喪服と訪問着は、独身のときに親に仕立ててもらいました」

と答えると、

「喪服だなんて!!」

と怒った。 【着物に疎い義兄嫁】の続きを読む

車で九州から東京に向かう途中日が暮れて寒くなったので、上着を着ようとSAで車をとめた。

後部座席においたつもりだったがトランクの荷物の方に入れていたので、トランクを開けて上着を探した。

どのバッグに入れたか分からなかったので、5分ほどゴソゴソしていたと思う。

無事上着を着込み、再び走り出した。

しばらく走っていると、泣き声が聞こえる気がした。
【車に知らない子】の続きを読む

買い物済ませて車に戻ったら、4才くらいの洟垂れ男児を連れた知らないオバサンがへばりつくように窓に顔をくっつけ、必死でドアをガチャガチャしてた。

一瞬目の前の光景にぽかんとして、

「どうしたんですか?」

と声を掛けた。

オバサンはドアをガチャガチャさせながら、

「いえね、鍵を中に入れたまま鍵閉めちゃったのよ~。くぅー、開かないわねぇ」

こちらを向かないまま取手が取れそうなくらいガチャガチャ言わせているオバサン。
【私の車なんですけど】の続きを読む

その友人は天然という訳でもないんだが、思ったことはすぐに口に出してしまうタイプ。 
例えば別の友人がかけてきたオシャレメガネ(というのか?あの妙にバカデカいやつを「○○ちゃんそのメガネ丸すぎ~!」と爆笑したりするんだが 
空気を凍らせたり、反感買ったりするということがたまにある。加えて声がデカい(というかよく通る)から、余計にだ。 
本人は全く悪意がないので、それが困るところもあるんだが、基本はいい子だ。 
【この人が怒ればいいのに】の続きを読む

トメを引き取り同居した。
同居については以前からある程度覚悟をしていたので、一応我慢はできたけど
我慢できないのは、トメの「息子の家なんだから私の家」「嫁は別の家から来た、余所者」という感覚。
「嫁子さんは嫁いできた身じゃけん、この家のことはわからんじゃろうけど…」と言われ
さすがにムカついて怒鳴り付けようとしたら、先に夫が切れたw 
【夫が切れた】の続きを読む

高校時代、付き合っていた年上の男が既婚者だったことを知ってしまった。
そこそこお金のある人で、セカンドハウス的にマンションを持っていて、
いつもそこでデートだったので知らなかったのだけれど、
甥っ子を連れておもちゃ屋に行ったとき、
奥&子連れで歩いているのに出くわしてしまった。当然、捨てられた。 
【元彼の子供♀】の続きを読む

小学生から中学生まで

運動ができて活発な女子グループにいじめられていた。理由は「運動が全くできない、根暗で大人しい」からだった。

運動会は、私がやりたいと言ったと勝手にリレーのアンカーにさせられた。当然だけど結果はビリで全員(先生も)から無視された。

大人しい性格から両親にもいじめを告白できず、帰り道でよく泣いた。いつか見返してやる…そう思いながらも何も出来ずに中学を卒業した。
【いじめグループのボス】の続きを読む

高校の頃ちょっと粋がっていた自分は大学に進学するにあたって、大人しく普通の人間を装っていた。
自分の友人は俺の中高時代を知っていた(エスカレーター式だった)ので、軽くいじってくるやつもいた。
それを見たA(チビでガリガリな典型的なスネオタイプ)、何を勘違いしたか俺をいじめだした。きっとちょっと身体がでかいだけの奴だと思っていたんだろう。
大学の授業中に大きな声で俺を罵倒したり、食堂で食事をしている時には食器をひっくり返したり。最初はニコニコして流していたが、母親の作った弁当をぐちゃぐちゃにした所で遂に我慢の限界がきた。
【ちょっとしたクローズ状態】の続きを読む

生まれつき片方の耳の聴力が低いんだけど、
それをトメに知られた日から欠陥品扱いされていた(車の免許は取れる程度の聴力)
結婚前は「でももう片方は聞こえるんでしょ、じゃあ大丈夫じゃない」と言ってたのに

最初こそ隠れてネチネチ言ってきたけど、日常で全く問題なく生活している私に
段々遠慮が無くなってきて旦那やウトの前でも
「障害者って事よねえ、嫌だわ。孫は『まともな子』を産んでよね」と言うようになっていた
当然旦那・ウトは激怒して〆たけど
本当の事言って何が悪いの?と開き直る始末 
【欠陥品扱い】の続きを読む

このページのトップヘ