衝撃修羅場体験まとめ


東京に住んでた頃、激務でほとんど家に帰れない日が3ヶ月ぐらい続いてた。

時々帰ってこれても、終電で帰ってきて始発で出るとかだし、休日も半休がほとんど。

死ぬかもと思っていたら、その半休すらとれなくなるほど忙しくなり、さらにマンションのドアがボコボコにされる嫌がらせまで受けだした。

日に日にドアの傷は増えて行くんだけれど、疲れすぎて不動産屋に電話とか考えられず、「自分は世界中から嫌われている」とか鬱になって終わらせてた。
【ドアがボコボコ】の続きを読む

うちの兄はトラブルメーカーだった。

小さい頃、近所の子たちで遊んでたんだけど、兄が加わると絶対に2派に分かれて喧嘩が始まる。

ずっとそれが兄のせいだとは思ってなかった。

家でも、母と私二人の時は喧嘩なんてしなかったんだけど、兄が一緒の部屋にいるときに限って母娘喧嘩になる。

父と母も普段は仲がいいのに家族団らんで揃うといつの間にか喧嘩になる。

ある時、兄が部活の合宿で数日間家をあけた。
【トラブルメーカー】の続きを読む

去年の話だけど、高校時代のグループの子から結婚式の出席の打診があり、私だけ大学以降地元に居なかったので、今は疎遠だけどその当時はグループの中で一番の仲良しだったし、ついでに実家に帰省しようかと承諾して招待状も貰い、期限内にちゃんと返信はがきも出席で出した。

その後高校時代のグループの子がみんな都合でこれないけど一人でも大丈夫かと電話があったので、実家に帰省するついでなので構わないよと返事もしたら、20代独身女性が少ないので手間で悪いけど、振袖で来てくれる?と頼まれてそれも了承した。
【友人の結婚式】の続きを読む

フードコートに入ってるお店で、オープンしたての店。

オープン前にアルバイト・パートを大量採用。

オープンしてバタバタながら、なんとかうまく行き一月経過。

店長がバタバタでできなかった棚卸しをやることに。

すると明らかに足りないものが出てきた。

ちなみに食材は食材庫にあり、足りなくなりそうになると誰かが取りに行くようになってた。

そこで個人面談をやるという形で、全員から情報を集めることに。 【オープンしたての店】の続きを読む

先月、車で走行中にスーパー駐車場から出て来た若い女性運転の軽にぶつけられた。

路肩に駐車して相手が降りるのを待とうとしたらそのまま行こうとしてる。

慌てて走って追いかけすぐに信号渋滞に引っかかったので捕まえたが

「先に用を済まして来ようと思った」と。

とりあえず警察と保険屋に連絡し、相手と連絡先の交換をしようとしたら、「書きたくない」と。
【軽にぶつけられた】の続きを読む

高校時代。

捨てる予定だった祖父の鉄アレイとかダンベルとかを、学校に寄付する事になって、それを鞄に入れた上でトランクへ突っ込み、引き取ってもらう為に最寄駅へ行ったら、電車が遅れてた間に催してしまい、トイレに行ってる間に置引されかけた。

下手人は40過ぎぐらいのババアで、中学前ぐらいの子供♂つき。
【置き引きされかけた】の続きを読む

今で言うストーカーの被害にあい、誰も知ってる人がいない土地へ行き、本名隠して生活したことがある。


ストーカーは、大学の学部・学課の同級生。

私含めて60人中2人しか女子がいない学課だったんだけど、別学部(文系)の彼氏つくったら、今までろくに話もしたことがないキモ男が、

「学課に対する裏切りだ。女は同じ学課のヤツとつきあうべき」

と絡んできて、最終的にはストーカー化した。 【ストーカーの被害にあった】の続きを読む

何となくメールや年賀状だけでの付き合いになってた友人Aが結婚する事に。

かなり遠方なので式には行けないなと思ってたら、式はせずに、友人たちと軽く飲み会して終わりにすると言ってた。

なのでじゃあ電報だけでも打つかな、と思っていたら、知らない番号から電話がきた。

出てみるとAの友人Bだという。

勝手に番号教えられたのにもむかついたが、Bの言う事を聞いてめまいがした。
【友人が結婚することに】の続きを読む

少し前の話になりますが、聞いてください。

義実家は祖父母の代まで農家で義父の代になってから、道路が通ったりして拓けてきたので不動産業に転身しました。


私は旦那と大学で知り合い嫁いできたので、義実家敷地内に建てられた一軒家に住んでますが、近くに友達も知り合いもいないので、旦那がコトメに地元の事を教えてやってくれと頼んでいたようです。

これは後から旦那に聞きました。
【コトメに恨まれた】の続きを読む

今日、というかついさっき多分セコに絡まれた…

当方女子大学生で、一人暮らし午後の授業が休講になったので、近所のスーパーで友人と買い物をしていました。

ポイント二倍とかそんな感じのお得な日なので、二人で行くと約束していたんですがレジに並んでいる途中で友人がお財布を家に忘れてきたことが発覚。

【セコに絡まれた】の続きを読む

ニートで酔うと暴れ出す兄がいる。

ガラス割ったり両親に暴行した事も度々あった。

私はそういう時怖くて部屋にこもって泣いてた。


その日も夜中に酔って帰宅し両親に金の無心。

断ると暴れ出し、兄と両親の怒鳴り声が駐車場から響く。

私の部屋は駐車場の真上で、怯えながら聞いていた。
【ニートで酔うと暴れ出す兄】の続きを読む

我が家ではフェレット(名前:うなぎ)を飼っている

1年位前の話。

盗まれた当日、私以外の家族が家を留守にしていた。

夕方になって、幼稚園に娘を迎えにいって、帰ってみたら、家の鍵が開いていた。

間違いなく鍵をかけたはずなのに・・・と思って、リビングに行ってみると、リビングにある庭に面した窓ガラスが割られていた。

やばいこれは空き巣だ!と思い、警察に連絡をして、到着までの間に盗まれたものを確認。
【フェレットが盗まれた】の続きを読む

学生の頃俺とAはBからイジメを受けていた。

理由は俺はキモイ顔でAはアトピーが酷かったから。

「妖怪コンビ」といわれ何の理由も無く蹴られたり殴られたりした。

高校は俺とAは進学校に行きBは底辺高校に行った。


でもって一年ほど前に中学の同窓会があった。

校舎を取り壊すので記念にということで、当時の学級長が連絡を取れる奴だけでも集まろうということとなった。
【学生の頃イジメを受けていた】の続きを読む

大した事ではない上、前置き長くてすいません・・・

大トメが亡くなったとの連絡が入った。

大トメは神レベルの方で、娘出産の報告に行った時も大喜びで迎え入れてくれて、涙を浮かべながら

「孫どころかひ孫の顔まで見れるなんてこんな贅沢はない。○○さん本当にありがとうね」

と実孫よりも年下な私に頭を下げてくれた。
【大トメが亡くなった】の続きを読む

もう時効だと思って投下する。

フェイク込々で。


ずーっと前に交際してた男。

顔がよくて気前がよくて口がうまくてととにかくもてる男だったが、何故か私を好きになったようで猛烈なアピールの結果、お付き合いすることになった。

だけどいざ付き合ってみると、浮気はするわ人の金を盗むわ、挙句の果てに私が一生懸命貯金して買った一眼レフを勝手に売り払ってくれたので別れようと言った。
【ずーっと前に交際してた男】の続きを読む

田舎で庭が広いからとちょっと気合の入った家庭菜園をやってたんだが、息子の同級生の母親が収穫物をかっぱらおうとした。

曰く私が収穫したんだから私のものでしょ、いえそこは家の敷地内なんで不法侵入+窃盗行為です。

助け合いだの家計が苦しいだの言い訳してるのを無視して警察呼んで引き取ってもらった。
【野菜泥に放火】の続きを読む

今年に入ってから、念願のカーナビをマイカーに装備した。

旦那と共用の車で、旦那はカーナビなんていらんだろjk。と言っていたが、実際に使ってみると、予想以上に便利だと分かったみたい。

会社の同僚とかにカーナビつけたんだ!と嬉しそうに話しているという話を旦那同僚の奥さんから聞いた。

そして今年の4月1日にカーナビが盗まれた。

何の冗談か、よりによってエイプリルフールに盗まれた。

ウチの車は普段はガレージに入れていて、ガレージを閉じた後は別のドアから外に出るようになっている。 【カーナビが盗まれた】の続きを読む

うちの方は田舎だったのに、十数年前からマンションが立ち並び、今ではニュータウンと呼ばれてる。

ここに入ってくるひとは多くが都会から来るのだけど、平気で畑に入ってきて野菜を持っていく。

しかも農作業してるその横で、黙って入ってきて持っていこうとするからぶったまげたよ。

なおかつ、「ちょっとあんた!」と止めると、

「何よ、あなたも取ってるじゃない」とか、

俺の畑だというと

「ちょっとくらいいいじゃない、けちねー」 【野菜泥】の続きを読む

ちょっとDQN要素ですが。

何年か前に当時付き合ってた彼氏に車でツーリングに誘われた。

当日、初めて会う彼氏の仲間やその彼女さん等。

緊張しながらもツーリングは順調。

だったのですが、途中寄ったコンビニで事件は起こりました。

彼氏の隣に止まってたクラウンから3人ほど、元気の良さそうなお兄さん達が

「ヲタクそうなやつ等がこんな車乗りやがって」

つっかかってきました。 【ツーリング】の続きを読む

私の母には、高校時代からの親友が数人いて今でも仲が良い。

私も小さい頃から母に連れられて、母の友達とその子供達(みんな歳が近い)と遊んだりしてた。

中でも母が一番仲よくしてたのが友美で、家が近いのもあって家族同士でよく会っていた。

私が中学生になる頃、友美は夫の実家で暮らすようになり、家が遠くなってしまったからか、友美家族とはあまり会わなくなった。

そして私は進学し、短大を出てから地元の小さな会社に就職した。

母は父が亡くなったのを機会に、営んでた居酒屋をたたみ、港町の旅館で仲居をしてた。
【母の友人の話】の続きを読む

このページのトップヘ