衝撃修羅場体験まとめ


以前に務めていた会社にした復讐です。
新卒で入社して夢と希望に満ちあふれていました、最初の方は特に何も無く普通の会社だと思っていました。
自分は元々根明だったのあり、営業に配属されました。
配属された初日から上司から「よし、飛び込みに行って来い」の一言。
普通は先輩の仕事の仕方とか、同行して覚えるものじゃないのかなぁ?と疑問を抱いていました。
【俺のバック知ってんのか?】の続きを読む

大学生の時から数年付き合ってた彼女。 
とにかく自分優先。 

期末試験の勉強で遊べないと言ったら「勉強と私のどっちが大切なの?」 
某国家試験を受けるために勉強していると「そんな物のために私との時間を削るの?」 
理系なので実験やらレポートやらで忙しくしていると「そんなに勉強が好きなら勉強と結婚すれば?!」 
俺が卒論やってたら「卒論なんて後でも良いでしょ?」  【勉強と結婚しなさいよ!】の続きを読む

昔付き合ってる彼のブログ見てひいた 

姪っ子のピアノの発表会を近くの市民会館に行ったブログ→「演奏会に行ってきました」とピアノのうんちくが長々と 
家族経営の町のケーキ屋をやっている知り合い→友人のパティシエが… 
親が入ってる地域の組合の関係で、2週間程ホームステイを受け入れた→友人が海外から遊びに来たので 
近所で美容師をやっている友達と飲んでいる→スタイリストと打ち合せです! 
【美容師をやっている友達】の続きを読む

二十歳になってすぐの頃、好きだった人の借りてるアパートに遊びに行き告白した。 
結構いきなりの告白だったので戸惑っていたみたいだけどOKしてくれて嬉しかった。 
彼にはちょっと気になってる人がいるという噂を聞いていたので 
その人とお付き合いされないうちに…と当時の私はいろいろと必死だった。 
でもOKを貰ったので、好きな人がいたというのは私の杞憂だったのかなと思っていました。
【彼氏が浮気してた】の続きを読む

つきあって半年ぐらいはさわやかで優しくて頼りになる好青年だったのに、だんだんささいなことで私を殴るようになった。

一番ひどかったのが、

彼「俺はダメだ、きちがいなんだ」
私「え、なんで?」

これだけでワキャー!!!となって

彼「俺が、自分でいうのはいい!でもお前が言うな!きちがいなんて人に言うのは人間的におかしいだろ」

私は言っていないのに殴られた。
【彼氏「俺はダメな人間だ」】の続きを読む

ついさっき冷めた。 

遠距離恋愛3年目。東京と九州。 
相手は年下だから会いに行くのはいつも自分だった。 

先月会いに行った一週間後、地元に気になる人がいるって言ったら嫉妬する?と言われた。 
遠距離だとなかなか会えなくて寂しい、地元の人なら寂しくないから、と言う。 
その時は、寂しくなったら言ってくれればすぐに会いに行くから、と言ったものの、 
近くにいる人には敵わないし、これで終わりかなと思った。 
今月来月でまた会いに行くから、都合の良い日を教えて欲しい、とも聞いたが、 
仕事のシフトがわからないから都合の良い日もわからないと言われた。  【遠距離恋愛の彼氏が急にやって来た】の続きを読む

けっこう前の話だけど、彼氏がクリスマスの日は早く帰れそうだという 
メールをくれたので、それじゃどこかで会わない?って送ってみたら、 
「は?この寒いのに何で外に出なきゃならないわけ?見たいテレビとか 
いろいろあるのにふざけんなよ。」 
【私「クリスマスデートしよ!」】の続きを読む

ネットアイドル?日記系?って感じのHPをやっていた遠距離年上の元カレ 
HPには毎日自分の写真載せまくり(ポエムも有)、それでも当時高校生だった自分は元カレに舞い上がっていて気にしてなかった 

ほぼ初めてな二人でデートの時、元カレが「ここで写真撮ろう」というから一緒に撮るもんだと思ったらそいつ一人の写真だった。  【自称アイドルの彼氏】の続きを読む

2年近く付き合って、はじめて彼のマンションの部屋にあげてもらった時、びっくりした 
結構広い部屋なのに、なんにもない。とにかく殺風景 
家具はベッドとPCの載った机くらい。他には小物もほとんどない。引っ越し直前の部屋みたいにがらんとしてる 
クローゼットの戸も開いてたけどそっちもガラガラ。結構おしゃれな人なのに、服もあんまりない 
あまりに生活感なくて、「本当にずっとここに住んでるの?」と聞いてしまった 
彼曰く、「ちょっとでもいらないと感じたものは即捨てるか売る事にしている」そう 
(服や靴は季節ごとに処分しているんだそう) 
【私のあげたプレゼント達は?】の続きを読む

冷めた瞬間というより、向こうが冷めてしまった瞬間かも。 

付き合ってしばらくしてお互いの家の話になった。 
向こうは割と名家のおぼっちゃん育ちで、とても大事に育てられたらしい。 
私は簡単に言うと父親からのDVとネグレクトがそこそこあった家庭だった。 
それを言ったら相手から 
「そんな彼女いらない」 
と言われてしまった。  【父親からネグレクト受けてた】の続きを読む

冷め話 
彼女は何にでもマヨネーズをかけて食べる 
いわゆるマヨラーだ 
一緒に外食しても俺が作った料理にも彼女自身が作った料理にも 
もうそれはかけるかける 
まあ個人の味の好みの問題だし 
気になりつつも何も言わなかった  【マヨラーの彼女】の続きを読む

大学生の時、4歳上の彼氏 

付き合い始めて何日か目に「寝坊した」と言って待ち合わせに遅れた。 
それだけならいい。だけど寝坊したというのは嘘だった。 
しばらくした頃、「バイク買ったんだよね」、続いて 
「あの日も教習所に行っていた、驚かせたくて嘘をついた」と打ち明けられた。 
【自称警官と付き合った】の続きを読む

ついさっきの冷めたて話。 
最近付き合い始めた彼。飲食店で働いていて、土日休みの私となかなか時間が合わない。 
クリスマスも平日でお店を休みやすいときに合わせてもらってご飯に行って楽しく過ごした。 
初めてのクリスマスだから何あげようかなと悩んで、色々お店回ったりして 
結局1万くらいのスマホ対応の手袋をあげた。 
ただ彼は通販(アマ●ン)で買ったらしく、プレゼントが間に合わなかったらしい。  【1000円台のマフラー】の続きを読む

バレンタインの時にやたら手作りを当時の彼氏(フリーター)から求められたんだけど、 
当時は就活や資格の勉強で準備の時間が無かった(お菓子作り得意でもなかったし)ので、 
「来年頑張るからね」という事で市販のチョコを渡す事で納得してもらった。 
一応デパートの催事場でそれなりに吟味して2000円近いチョコの詰め合わせを選んで可愛いリボンをかけ、メッセージカード付きで渡した。  【お返しが100円の和菓子】の続きを読む

バレンタインなあ 
お菓子作るのが好きだし毎年リクエストされた手作りのお菓子作ってた 
オレンジの皮のグラッセみたいなのにチョコをコーティングしたやつ(名前ワカランや)が食べたいと言われたので 
ちょうど祖母が趣味で育ててる無農薬のハッサクいっぱいあったしそれで作ることにした  【彼氏のリクエスト】の続きを読む

このページのトップヘ